姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

人前で話すのは場数をこなして慣れていくしかないんですね。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
夜から雨が降り出してきました。ふと気が付くと蛙の鳴き声が聞こえてきます。もうそんな時期なんですねぇ。梅雨がもうすぐそこな感じですね。

 

大勢の人の前で話をするのがとても苦手です。

 

今日は兵庫県立ものづくり大学校のものづくり体験館にて県内の中学校の生徒達にいろいろな職種の職人さんが職業体験指導をする日でした。私も兵庫県瓦葺き技能士会から「ひょうごの匠」として参加してきたんですが、その体験教室の終わりの生徒達の報告会の時に諸先輩方を差し置いて挨拶してくださいと依頼されました。
まぁ、ぶっちゃけると参加している職種の持ち回りで今日が瓦葺き職種の担当の日やっただけやと思うんですが、事前に「最後に職人代表として挨拶をお願いします」って連絡があると緊張してしまいます。
もともと大勢の人の前で話をするのってめっちゃ苦手なんです。最近はいろんな所で挨拶する事も増えてきたので多少は慣れてきたところはあるんですが、それでも出来ればやりたくないって思うくらいには苦手です。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170512231320j:plain

自分で何を話しているのか分からなくなってました。

 

昔は原稿を用意していても自分が何を話しているのか分からなくなる事がよくありました。とことん苦手で嫌だ嫌だって思えば思うほど私にスピーチが回ってきたりして支離滅裂になって後で落ち込んで苦手意識が上書きされてトラウマレベルにまでなった事もあります。
苦手やから早く終わらせようって考えて早口になって、それで自分が何を話しているのか余計に分からなくなってたんですね。
今思うと自分で自分の首を絞めてたんですよねぇ。

 

年齢と共に少しずつ慣れてきました。

 

嫌だ嫌だって思っててもやらなきゃいけない事が多くて回数をこなしているうちに少しずつ慣れてきたような気がします。人前と言っても10人程度の場合と100人くらいの場合とでは緊張の度合いが違うし、相手がどれくらいの年齢層なのかでも変わってきます。そういうのを経験してくると苦手って思いながらも意外となんとかなるなぁって気分になってくるようになりました。
特に挨拶とかやと面白い事を言わないといけないとかって考えなくていいんやって事が分かった時に物凄く気分が楽になった事を覚えています。
ここ数年で一番緊張したのは従業員の結婚式の主賓の挨拶です。流石にそこで失敗したら記憶にも記録にも残ってしまいそうやったんで。
苦手な事でも場数をこなして慣れたら苦手なりに無難に終えられるんやなぁって、180人の生徒を前に話ながら感じました。

電化製品って壊れる時は続けて壊れますね。

こんにちは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
屋根工事の現場はそろそろ熱中症対策が必要な季節になってきました。まだ梅雨入り前で湿度はそこまで高くないのでマシですが気温も30度を超える日がそろそろ出てきそうなので皆さんも注意してくださいね。

 

デジカメが壊れました。

 

工事写真撮影用に以前購入したデジカメが壊れました。工事写真専用のデジカメなんてのもあるんですが、とても高いのでカメラのキタムラで格安になってたのを買って使ってたんですが、流石に5年も使ってると限界が来たようです。
現場で使うので埃や湿気など本来カメラの天敵と言っていいものにまみれてしまうので5年使えたのはよくもった方です。
後継機もカメラのキタムラで購入しました。壊れたのと同じオリンパス製で充電器が共用出来たらいいなぁって思ってたんですが残念ながらオリンパスコンデジが一台もなかったのでNikonのクールピクスにしました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170511173921j:plain


出始めの頃の事を考えたらデジカメもめちゃくちゃ安くなりましたよねぇ。高性能なハイエンドモデルや一眼レジは高いけどコンデジに関してはそこそこの性能でもかなり安く購入出来たので満足です。

 

イヤホンマイクも壊れました。

 

昨日、デジカメが壊れて今日はハンズフリーのイヤホンマイクが壊れました。車を運転している時の必需品でこれも3年ちょっと前に購入したものですが、充電ケーブルの接続部の接触不良で充電できなくなってしまいました。
仕事柄運転する時間が結構長いのでないと困るのでこれも今日買いに行ってきました。一番最初に使い始めたやつは高いのにノイズがひどくて積極的に使おうって思えなかったんですが、壊れたやつはノイズキャンセラーが優秀でこちらの音声もはっきり相手に届いてたので新しいものの性能にも期待です。
買ってきたばかりでまだ充電中なので使い勝手の確認は明日以降になりそうですが。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170511174008j:plain

なんで電化製品って壊れる時は同じ時期なんでしょうね?

 

家電製品が同じ時期に壊れるのは分かるんです。大体購入時期が一緒で寿命も似たり寄ったりやから。でもそれ以外の購入時期も使用頻度もバラバラな電化製品が何故か1つ壊れると次々に壊れて買い替えないといけなくなる事ってありません?
電池とかの問題でたまたま重なっただけなんやとは思うんですがなんか前にも同じような経験をして出費が嵩んだことがあるんです。
今年が前厄なので何かの前触れ?ってちょっと身構えてしまいます。

言われて嬉しいのは「すみません」よりも「ありがとう」です。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
昨日は謎の偏頭痛で気分が悪くなり一八会の例会後の懇親会が楽しめませんでした。今日もまだ少し偏頭痛が残ってます。気圧の変化が原因かなぁ?

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170510220116j:plain

「すみません」は万能やからついつい使ってしまいますね。

 

19歳の期待の新人君が入社して1ヵ月になろうとしています。彼は自己評価が低いためか何かあるとすぐに「すみません」って言うんですよね。昼ご飯をご馳走しても「すみません」、朝少し出勤が遅れても「すみません」、現場まで送っていっても「すみません」って調子です。
日本語って同じ意味で複数の言葉があるし、逆に1つの言葉に色んな意味を持たせる事が出来るので便利といえば便利です。特に「すみません」にはいろんな意味を持たせる事が出来るので便利で私もついつい多用してしまいがちなんですが、言われる立場になってみると「すみません」ばっかり言われてると微妙な気分になります。

 

感謝を伝える時には「ありがとう」謝る時には「ごめんなさい」

 

新人君があんまり「すみません」を連発するので「そこは「すみません」って言うとこじゃなく「ありがとう」って言うとこやで」ってついつい小言を言ってしまいました。
「すみません」には「ありがとう」って意味もあるし「ごめんなさい」って意味や「ごめんください」って意味もあるし「ちょっといいですか?」って意味もあります。1つの単語にこれだけの意味を持たせる事が出来る言語は世界広しといえども日本語だけやと思います。
でもたまに使う分にはそれでいいかもやけど、やっぱり感謝を伝える時には「ありがとう」って言われた方が嬉しいし謝る時には「ごめんなさい」って言われる方がいいですね。

 

語彙が少ないのは本を読まないから?

 

読書離れが進んでるって話はよく聞きますが、それと語彙が少ない人が増えてるのとは無関係ではないと思います。自分が思った事、感じた事を表現する時に「ヤバい!」しか出てこないのはその感情を表現する言葉を知らないからなんですよね。
なんでも「ヤバい」で表現出来るのは簡単で便利やけど、本当に自分が伝えたい事象や感情がきちんと伝わらないのは物凄いストレスになると思います。
言われて嬉しい言葉、心地よい言葉を使えるように気を付けないとなぁって新人君と話をしながら思った1日でした。

専門職はもういらないって言われた気分でした。

こんにちは。

 

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
連休も終わってさぁこれから仕事を進めるぞって思ったら雨です。思うようにいかないですね。

 

「足場の組み立て等特別教育」の講習に行ってきました。

 

住宅業界ではつい最近まで新築か大規模なリフォームの時に仮設足場をかけるくらいで屋根の葺き替え工事の時には足場をしない事が多々ありました。しかしリフォーム工事が増えてきた事で労災事故への懸念も高まってきた事と安全への配慮が浸透してきた事でやっと個人の住宅の家の工事でも仮設足場をする事が当たり前と言えるようになってきました。
そこで今更なんですが「足場の組み立て等特別教育」という講習を受講しました。
これを持っていないと現場で作業する時に足場を利用する事すら出来ないように法改正がされた事も理由の1つです。
そして本来足場屋さんが受けておけばいいはずのこの講習を工事に関係する業者が全員受けなければならないのは「労働生産性を上げる」事が目的との事です。
所謂「多能工」を育成すれば生産性が上がるので職人が不足しても対応が出来るという考えらしいです。
これって「専門職はいらない」って言ってるのと同義に感じました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170509170830j:plain

現場単位の意識改革も必要ですが発注側の意識改革も必要です。

 

講習を受けてみて感じたのは、この法律の前提が公共工事で仕事をしている大きな企業向けやなって事です。
内容としては自分の身を守るために安全な工事をする。その為にはきちんとした足場が必要っていうごくごく当たり前の内容です。しかし大きな工事ならともかく一枚瓦を交換するために足場をかけるなんて出来ませんし現実的ではありません。そういった部分への配慮が一切なくただただ正論だけを聞かされたのでちょっと反発したくなりました。
我々の仕事ではしばしば足場を見積もりに入れていても「足場なしで出来ひん?」って言われる事があります。工事には当然予算もありますし、1日で終わってしまうような修理工事の場合もあるけど法律的にはそれでも足場が必要なんですよね。我々現場で仕事をしている業者に足場での作業の教育をする事は大事ですが、発注する側にもその意識を持ってもらうための教育が必要やなぁって感じました。

 

相変わらず「質」より「量」を求めるんですね。

 

公共工事や大手企業の仕事をする場合に求められるのが「特別教育」関係の資格なんですが、かなりの数があります。
この講習は職人を「多能工」にするための資格みたいなものです。工事の質はともかく誰にでも出来る仕事を増やそうという感覚なんでしょうね。
熟練の職人の技では仕上がりが均質にならないという理由もあるとは思うんですが、そろそろ「量」よりも「質」を求めてもいい時代やと思うんですよねぇ。
手っ取り早く建物を仕上げる事にばかり意識が向いていて人材の育成や技術の承継にはまだまだ意識が向いてないなぁって感じた講習でした。

日本人が大好きな温泉は世界の人が大好きになってます。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
連休明けの月曜日はいろいろな問い合わせが集中しますね。現場の段取りをしながら対応していくんですが、ちょっと混乱してしまいそうです。

 

温泉地の風情がとても心地よかったです。

 

先日、有馬温泉に行った時も感じたんですが温泉地は何故か古い町並みが残っている所が多くてのんびりまち歩きするのがとても楽しいです。基本的に昔から増減はあっても全く人が来なくなる事がないから思い切った建て替えとかを無理にする事がなかったからなのかな??

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170508204411j:plain


有馬温泉でもRC造のホテルも建っていましたが、一番古い町並みの部分はそのまま残っていましたし、浴衣に着替えてまち歩きをしたいなぁって思いながら日帰りで断念した事を思い出しました。城崎温泉でも外湯巡りをしましたが、どうしても県内の温泉という意識から泊まりではなく日帰りで計画してしまって嫁さんと「次は泊まりにしよう」って話になりました。
日本の温泉って昔は外国の方からは敬遠されがちやったって話も聞くんですが、最近はどこの温泉地に行っても3割~5割くらいが海外からの旅行者の方で脱衣所の注意書きも3カ国くらいで書いてあることにびっくりします。

 

注意書きが有名無実化?

 

城崎温泉に行った時にびっくりしたのが、建物で入湯料を払ってなかに入る際、「入れ墨を入れた方、泥酔された方の入場をお断りします」って注意書きが書いてあるのにいざ中に入ってみると背中一面に入れ墨が入ってる人を見た事ですね。ちょっと呆然としてしまいましたが、見る限り日本人のそれも結構若い人でした。ちょっと前に公務員の入れ墨チェックが話題になったりしてましたが、あれはファッションで済ませていいものなのかな?って思います。
最近は特に「反社会勢力」の関係者じゃなくても入れ墨してる人も多くなってきてるのかもしれませんがちょっと威圧感が強いんですよね。
入口で注意書きがしてあっても機能してなかったら意味がないなぁって思います。提供側としても見つけたからって断り辛いのは分からんでもないけど。

 

人が集まると質があがる?

 

質が良いから人が集まるのか、人が集まるから質が上がるのが。恐らく両方の相乗効果やとは思うんですが、人気のスポットってその人気が続く限りは質が上がり続けると思います。
海外の人に人気やから日本人にも人気が出るってのがちょっと寂しくて、せめて日本人が発信して海外の人の目に留まるようになって欲しいなぁって思うんですが、和食にしても着物にしても海外の人が「いい」って認めて日本人が見直した部分ってかなり大きいと思います。住宅などの建築物は日本人からの発信で価値の再発見に繋がるようにしていきたいなぁ。

使わなければ持ってないのと同じ。道具は使ってこそ道具です。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は天気良かったのにもやってましたね。視界が開けた所で遠くを見てみると白いというか黄色いというか・・・黄砂がひどかったです。花粉も落ち着いてホッとしてたのにこんなに黄砂がひどいとまた鼻と目がしんどいなぁ。

 

久し振りにカメラを出してきました。

 

最近はスマホのカメラが物凄く高性能になってきてるので、あまりデジタル一眼レフを持ち出す事がなくなってたんですが、今日は久し振りに引っ張り出してみました。
使ってみると大きくて嵩張るのは確かやけど、性能的にはやっぱりまだまあスマホには負けてないなぁって思いました。スマホにはいろんなアプリがあって加工とかも簡単やけど、純粋に写真として考えると断然一眼レフの方が上です。シャッターを切る時のスピードとか遠いところのものを捉えた時のレンズの光学ズームなどはスマホのデジタルズームでは今の段階ではどうやっても勝てないです。
↓コレがスマホの写真。これでも結構綺麗に撮れてるなぁって思うんですが。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170507220733j:plain

↓こっちが一眼レフ。同じところから撮ってるのに違うなぁ。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170507220806j:plain


もちろん、スマホのサイズで気軽に写真を撮れるって事はこの上ないアドバンテージなのでシーンによって使い分けをするのが一番いいんですが、一眼レフカメラは持ち歩くにはちょっと大きいので出掛ける時に持って出る癖をつけない限りはなかなか趣味と言えるレベルまで使いこなすのは難しいんですよね。
それでも持ってるだけでは意味がないのでなんとか使いこなせるようにならないとです。

個人的に今日一番の写真がコレ。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170507221032j:plain

 

星の写真が撮りたくて買いました。

 

そもそも一眼レフを欲しいと思ったのは10年ほど前に星の写真を撮りたいって思った事が最初でした。Yahooのオークションで中古品の状態のいいのを探してる時にNikonのD40という入門機が格安で出ていたので飛びついたんです。
その後、友人からそこそこの性能のレンズを譲り受けて念願の星の写真や金環食ブルーインパルスなどの写真を撮る時の相棒として使ってきました。
動いてる被写体を捉える時のシャッターの速さは欲しい瞬間を切り取れるのでたまに自分でもびっくりするような写真が撮れたりします。もちろん、ちゃんと趣味にしてる人にはとても敵わないレベルやけど。

 

日常的には使わないものもいろいろあります。

 

カメラはまだたまに使ってるんですが、他にも買う時にはどうしても欲しいって思って、手に入れてからはしばらく使い続けてたのにいつの間にか使わなくなってるようなモノが結構あります。
なかなか時間が取れなかったり、片付けてしまって出すのが面倒くさくなってしまったりしてそのままになってるんですよね。
でも道具は使ってこそ道具やって今日改めて感じました。
自分が持ってるモノを一度見直してどんどん使っていこうと思います。

経営者は休んではいられない??そんな事ないです。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
当社は連休が終わりました。と言っても明日はまた日曜で休みなんですが・・・。今日は仕事してました。
現場は半日で雨に祟られてしまいましたが。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170506215159j:plain

経営者は休んでる暇なんてない?

 

経営者と従業員の違いとしてよく言われる事の1つに仕事の休みがあります。従業員は休日が法律で定められているけど経営者にはその定めがないんです。特に中小企業の経営者ともなると休みなしで働くのが当たり前で、休日を取る権利があるのはちゃんと儲けている会社だけやって言われる事もあるんです。確かに中小企業では経営者は仕事とプライベートの境界が特に曖昧になりがちで、しかもお客さんによっては休日でも対応しないといけなくなるけど、従業員はちゃんと休ませないといけないので経営者が対応するってところがほとんどです。休日に対応出来るように人員を配置する事が出来るほど余裕があるところってほんの一握りなんですよね。そういう部分で経営者が頑張って利益を出すのが当然と思われているんですが、本当にそれが当たり前なんかな?ってずっと考えてきました。
結論としては当たり前の時代があったかもしれへんけど、それをいつまでも当たり前にしていてはいけないという普通に考えたら当然の事に行きついたわけですが。

 

経営者も人間です。

 

確かに人が休んでる時に頑張って仕事して利益をあげるのは短期的に考えたらとても有効やとは思います。でも経営者も人間やから頑張り続けてたらいつかガス欠になります。途中で辞める事が出来るならそれでもいいのかもしれませんが、自分やその家族だけじゃなく従業員とその家族の生活まで背負う経営者はそんなわけにはいかないんですよね。
誰かの変わりは出来ても誰にも変わりが出来ないのが経営者なのでペース配分というか力を入れるところと抜くところをしっかり見極めて休む事も仕事のうちですね。

 

自分で休みを取るって決めないと休めません。

 

休日で休んでるつもりでも仕事の電話がかかってきて結局仕事をしてしまう事もよくあります。まるっと一日休みが取れなくても仕事の都合を見ながら休めそうな時には休むって決めてしまうのが大事かもしれません。
経営者には現場や会社以外の場所での就業時間以外の時間の仕事っていうのもあるので精神的、肉体的な健康の維持のためにもしっかりと仕事してしっかりと休むようにしないとです。