読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

肩の力を抜いていこう。

こんばんは。

 


今日は久々に本の紹介をば。

先代である父と社長を交代した時に友人から社長就任祝いにと頂いた一冊です。

自分から交代を申し出た割にいっぱいいっぱいになってたんですが、

この一冊に随分救われました。

 

渡辺和子著

置かれた場所で咲きなさい

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20160607225648j:plain


あらすじ

Bloom where God has planted you.

置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。

咲けない時は、根を下へ下へと降ろしましょう。

「時間の使い方は、そのまま、いのちの使い方なのですよ。置かれたところで咲

いていてください」

結婚しても、就職しても、子育てをしても、「こんなはずじゃなかった」と思う

ことが、次から次に出てきます。そんな時にも、その状況の中で「咲く」努力を

してほしいのです。

どうしても咲けない時もあります。雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、そ

んな時には無理に咲かなくてもいい。その代わりに、根を下へ下へと降ろして、

根を張るのです。次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。

現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。

いい出会いにするためには、自分が苦労をして出会いを育てなければならない。

心にポッカリ開いた穴からこれまで見えなかったものが見えてくる。

希望には叶わないものもあるが、大切なのは希望を持ち続けること。

信頼は98%。あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく。

「ていねいに生きる」とは、自分に与えられた試練を感謝すること。

amazon内容紹介より)

 

 

社長交代する前後は今思うとなんでそんなに悲壮な覚悟をしてたんやろうって

思うくらい精神的に自分を追い詰めていました。

力づくで自分の置かれた状況をひっくり返そうとしてたんですね。

今はその力をもっと柔軟に使っていこうって思えます。