読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

第一作発売から30周年、ドラクエはもう子供だけのものじゃなくなりました。

こんばんは。


姫路の瓦屋さん表(おもて)です。
年末のこの時期に雨が降るのは珍しいですね。仕事も追い込みのこの時期
に一日雨で現場が動かないのは正直ちょっとキツイんですが、天気だけは
どうにもならないので割り切るしかないです。

 

ゲームはもう子供だけのものじゃない。

 

ゲームを全くしない人でも「ドラゴンクエスト」ってタイトルは聞いた事
があると思います。第一作が発売されてから30年経つそうです。
私がハマったのは三作目のドラゴンクエストⅢでした。
そんなドラクエが「ひらかたパーク」でミュージアムになっていて、開催
期間が1月9日までやったので、行くなら今しかない!って事で行って来
ました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20161226210100j:plain


ひらパーに入園するとまずキングスライムがお出迎えです。
ちゃんと背景が真っ黒でドラクエの戦闘画面みたいな写真が撮れるように
なってます。
園内にはあちこちにモンスターが配備されていてドラクエ目当てのお客さ
んのテンションを上げてくれています。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20161226210205j:plain


私が子供の頃はゲームって子供の遊ぶものやったけど、今は子供向けって
言うよりは昔子供やった大人向けのモノになっていますね。
ちなみにこの「ドラゴンクエストミュージアム」はひらパーの入園料とは
別で入場料がかかりました。

 

楽しかった思い出が蘇りました。

 

展示内容は歴代のソフトのパッケージのイラスト(鳥山明先生)やゲーム
中の名場面のジオラマなど、懐かしい!!って思うものから歴代のキャラ
クターを鳥山先生が新しく描き直したもの、ゲーム中のアイテムを実物大
で作ったものなど完全にターゲットを大人に設定しているものが多かった
のが印象的でした。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20161226210142j:plain


30年というと一般的な企業の寿命って言われるくらいの時間です。
ゲームの1タイトルシリーズがそれだけ長い事続くって事自体が物凄い事
ですよね。
一番新しいⅩはオンラインゲームでハードもWiiのみになってしまって
たのでプレイしてませんが、それ以外のタイトルは一通りやってるので、
どれも懐かしくて楽しかったです。
そして昔凄い!って言いながらやってたのに、もっと凄い技術が使われる
ようになっていたりと歴史を感じられる内容になっていました。

 

大阪と言えばUSJが全国区ですが・・・。

 

関西ではUSJが全国的に有名やけど、「ひらかたパーク」はUSJが出
来る前からテレビのCMをやっていたので行った事なくても関西限定で知
名度は高いと思います。
最近ではV6の岡田准一さんを「ひらパー兄さん」で「園長」というイメ
ージキャラクターに起用して年間100万人以上を集めています。
出演している映画のパロディのポスターを作って便乗しまくりっていうの
が大阪らしいですよね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20161226210233j:plain


映画に出演するのが分かったらどんなポスターになるのかってのが密かな
楽しみになっていたりします。
子供の頃は全く行った事なかったんですが、ここ数年、閉園後のひらパー
を貸し切りにした「リアル脱出ゲーム」に参戦していて、年に1回は行く
ようになりました。
USJに比べたら小さいテーマパークやけど、小さいなりに色々なイベン
トが考えられていて大好きな場所です。