読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

1年の活動の総決算。組合青年部の総会でした。

こんばんは。


姫路の瓦屋さん表(おもて)です。
今日は午前中から明日の技能検定の実技試験の準備の為に神戸の
学園都市までトラックで行って、帰ってきてから元町の組合事務
所で青年部の総会と丸っと1日青年部な日でした。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170129013523j:plain

1年の総決算です。

 

いろいろな団体に入っていてそれぞれに総会があるんですが、瓦
組合青年部の今年の総会は個人的に本当に1年の総決算って思え
る総会でした。
9月に開催した関西ブロック会議の為に4月くらいから準備を始
めたんですが、私自身は副部長という肩書を頂いていて団体の運
営だけでなく会議の運営までやっていたので1年がとても早く感
じました。
無事一年を終えて総会で振り返ってみると、頑張ったつもりやけ
どホンマに役に立てたんやろか?って思う部分も出てきます。

 

今年はいろいろやりたい事が満載です。

 

実は兵庫県瓦工事業協同組合って組織は去年、兵庫県内の2つの
組合が合併して出来ました。元々は兵庫県東部にある兵庫県瓦工
事業協同組合と西部にある兵庫県西部瓦組合がありそれぞれに別
の団体として存在していたものが去年合併したんです。
合併初年度でいろいろとややこしい時期にブロック会議の開催県
に当たってしまっていたので余計にバタバタでした。
今年はそういった大きな行事もないので青年部内のメンバーの交
流を深められるような事が何か出来たらいいなぁっていろいろ考
えています。

 

最初の事業が技能検定の準備・片付けです。

 

毎年の事ですが1年の最初の事業が技能検定の準備と片付けなん
です。今年は青年部のメンバーも受検するので頑張ってる姿を見
学に行きたいところなんですが、検定中は部外者立ち入り禁止な
ので検定終了後の片付けの時に頑張った成果を確認しようと思い
ます。
技能検定は年々受検する人が減っていたんですが、今年は久し振
りに受検者が多かったので、これが毎年続くようにPR活動も続
けていかないとなぁ。