読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

「やらなあかん!!」って思えば思うほど腰が重くなるのはなんででしょ?

表宏明の活動

こんばんは。


姫路の瓦工事店の表(おもて)です。
今日は見事に天気予報が外れてました。朝イチに少し降った後は
姫路では日差しが強くて暑いくらいの天気になってました。
他の地域ではどうやったんかなぁ??

 

危機感って大事やけど焦りにも繋がります。

 

去年の2月に淡路島に全国の瓦屋さんが集まった「瓦サミット」
が開催されました。そこに参加してみてそれまで漠然と感じてい
た危機感がどういうものかはっきりと実感出来た事とその危機感
に対して一緒になって考える仲間がいるって知る事が出来たのが
とても心強かったのを覚えています。
そして発信する事の大事さを知ったのもその場です。とにかく何
かやらなきゃ!って思ったんでしょうね。「はてなブログ」を開
設したのはそれから3日経った3月2日、つまり1年前の今日や
ったんです。なのにブログを書き始めたのは4月29日。どれだ
け時間掛かってるのかと1年前の自分に問いたい。
「やらなきゃ」って思ってる事って焦りばっかりが先行してなか
なか実現出来なかったりする事が多いんですよね。

 

完成度を求めるから腰が重くなる。

 

何かをやらなきゃって焦る時ってその「何か」を実践している目
標になる人がいて、自分が何をやりたいのかって形がある程度の
形となって提示されてる事が多いんですよね。
そうすると自分がやる時にそれなりの完成度を求めてしまうのが
腰の重さに繋がってしまうんやと最近分かりました。
いろいろ試行錯誤を繰り返して形になってきたものを見て、自分
も同じような事をしたいって思うんですが、その試行錯誤の時間
というものが頭から抜け落ちてるんです。
最初は形になってなくてもいい。まずはやってみて自分に合った
形を少しずつ作っていくのが大事です。
そりゃ、いきなり高い完成度のものが出来たらそれが一番良いん
でしょうけど、そんなに簡単に出来る事なら誰も苦労はしません。
完成度は後回しでいいから「まずやってみる」そして「続ける」
事が大事やって気付くのに4ヶ月くらいかかりました。

 

毎日更新するようになって半年です。

 

このブログも毎日更新するようになって半年です。インカメも当
たり前に出来るようになってきました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170302215606j:plain


半年経ってやっと「毎日更新しないと気持ち悪い」って思えるよ
うになってきました。ブログに関してはやっと「やらなきゃ」が
「やりたい」になってきたけど、まだまだ他にも「やらなきゃ」
がたくさんあります。
いろいろやり始めてるけどまだ頑張らないと続けられない状態な
のでまずは続けるのが当たり前になるまでやってみようと思いま
す。そうやって行きつく先に自分の色が出てくるはず。