読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

星座、いくつ分かりますか?楽しく生活したいです。

こんばんは。


姫路の瓦工事店の表(おもて)です。
そういえば先日「伊藤園新俳句大賞」に応募しました。2月末日
が締め切りやったので実は東京への往復の車内でもあれこれ頭を
ひねっていました。どうにか5首ひねり出す事が出来ました。
佳作特別賞に入る事が出来たらそのうちペットボトルのパッケー
ジに私の名前が載ることになります。結果が出たらまたお知らせ
致します。

 

今日の夜空はとても綺麗でした。

 

毎日って訳ではないけど、夜に外に出る時には結構な確率で空を
見上げてしまいます。今日は月の大きさもほどほどで寒さは緩ん
できているけど、まだ空気が澄んでいるので綺麗に星が見えてい
ます。月って普段意識しないけどめちゃくちゃ明るいんですよね。
新月の時には明るいって思っていた星が満月の時には探すのが難
しくなるくらいです。
何時になっても街が明るい都会に飲み会等で出ていると月が出て
いるのかどうかすら分からないんですが、帰宅して家に入る直前
に空を見上げるといくつかの星座はすぐに見つけられます。

 

自分の星座くらいは見分けられるようになりたいです。

 

星座占いなどで使われる黄道十二星座は太陽が通る道筋にある星
座の事を指しています。でも誕生月の夜に見上げても自分の星座
を見つける事は出来ないってご存知でしたか?
太陽の道筋にあるということでちょうど太陽がその星座のあたり
を通っている時期を誕生星座としているんです。私はふたご座な
んですが、6月のふたご座の季節にはふたご座は昼間、太陽が出
ている時期に空に上がるので日食でもない限りは見る事が出来な
いんです。ふたご座が夜空に確認できるのは半年後の12月で、
その時期に見えるのが「ふたご座流星群」なんです。
中学校の理科で勉強する事なんですが、意外と知られてないんで
すよねぇ。
あ、ちなみに写真は最近発売になった切手シリーズ「星物語」の
最新版です。「星」関係にはついつい惹かれてしまいます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170306224255j:plain

 

豊かさって経済性よりも夜空を見上げる余裕があるかないかでは?

 

お金がある方が生活が楽なのは確かなんですが、お金があっても
余裕がない生活の方が生き難いような気がします。
私の持論は「少し不便なくらいの生活が一番楽しい」です。便利
で手軽なのは確かに生活は「楽」やけどだからって「楽しい」と
は限らないって思うんです。同じ字やのに中身が全然違いますね。
お金に縛られずに「楽しい」生活が出来るようになりたいなぁ。