読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

楽しい思い出はふとした拍子に溢れてきますね。

こんばんは。


姫路の瓦工事店の表(おもて)です。
今日は朝から高台にある家の雨漏りの点検に行ってきました。
高い所にある家の屋根に登るとめちゃくちゃ見晴らしが良くてち
ょっと怖いくらいです。
風が強いのが雨漏りの原因になっているようです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170318233310j:plain

楽しい思い出が蘇ってきました。

 

明日は今年初の観劇に行ってくるんです。演劇集団キャラメルボ
ックスの「鍵泥棒のメソッド」の再演です。初演は3年前でちょ
っと再演するには期間が短いかなぁ?って思うけど、初演もとて
も面白かったので今回も楽しみです。
そしてこの「鍵泥棒のメソッド」は特に思い入れがあります。前
回の初演の神戸公演の期間中に私たち夫婦が結婚式をしたんです。
観劇仲間として知り合ったので共通の友人達も当然観劇仲間で、
とても遠方からもお祝いに駆けつけてくれて、姫路から少し足を
延ばした神戸で大好きな劇団の公演があるのに結婚式に参列して
くれた友人達には本当に感謝です。
式の日程が決まった時にもしかしたら神戸公演と重なるかなぁ?
って思ってたら見事に重なってしまって、準備やら新婚旅行やら
もあるから観れへんなぁって夫婦でちょっとしょんぼりした事も
いい思い出です。
結局、準備しながら無理矢理時間作って東京まで遠征してダブル
キャスト両方とも観たんですけどね。

 

ふとした拍子に思い出す事ってありますよね。

 

音楽とか匂いとか味とか映像とかいろいろな事が記憶に直結して
ますね。もちろん、大変やった事とか辛い記憶なんかもあるけど
ふと思い出す事って楽しい事が多いように思います。
学生時代のバイト先でよく有線放送でかかってた曲やったり、通
学路で匂ってきたお好み焼きの匂いとか。そういうちょっとした
事が鍵になって思い出す事が最近特に多くなってるように思いま
す。観劇するようになってからは音楽で記憶が喚起される事がと
ても増えました。
キャラメルボックスのお芝居を観るようになって10年ちょっと
経つんですが芝居を観るのと同じくらい劇場で友人達と会うのが
楽しみです。毎公演劇場で会う人もいるし年1回しか会えない人
もいるけど、いつ会っても共通の話題ですぐに盛り上がれます。

 

式当日は見事に晴れてました。

 

そういえば式は6月の梅雨真っ只中やったけど、直前まで天気予
報は雨やったのに当日は雨も降りませんでした。姫路城の足場の
解体が始まってて、石垣まで解体されて真っ白になったお城が式
場を出たら見えるようになったのも思い出しました。
準備してる時はめちゃくちゃ長く感じたのに、式当日は時間が進
むのがとても早くてあっという間に式が終わってしまったって感
じたのもいい思い出です。
明日は初演の時の劇場とは違うところやけどきっと芝居が始まっ
てしまえばもっといろんな事思い出すんやろなぁ。