読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

読むばっかりで書く事が苦手やったけど1年続きました。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
姫路は昼間にものすごい雷雨がありました。2時間程度でやみましたが、現場作業はその時点で終わりです。
お天道さまのご機嫌を伺いながらの仕事なので仕方ないですが、降るのもうちょっと待ってほしかったなぁ。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170429184616j:plain

今日でブログを書き始めて1年です。

 

このブログを開設したのは3月なんですが、初めて投稿したのは去年の今日でした。読書や観劇など入力側ばかり得意で何かを表現したりする出力がとことん苦手なので、これまでもブログにチャレンジしてみては挫折してたんですが、なんとか1年です。途中で全く書けなくなった時期もあるので記事数自体はまだ295件なんですが。
9月に毎日書くと決めてからは日付けをまたぐ事はあってもなんとか続けていられますが、段々と「ブログ読んでますよ」って言ってもらえる事が増えてきて、継続する事の大事さを実感しています。
苦手やって言ってやってなかっただけでやってみたら意外となんとかなるもんですね。他にもいっぱい「出来ない」って言い訳してやってない事がありそうです。
ブログを続けてみて思ったのは毎日の過ごし方ですね。仕事や毎日の生活を漫然と過ごすのではなく、常にアンテナを張っておかないと何を書こう?ってなってしまいます。
自分ではアンテナを張ってたつもりやけど、漠然としていて全然具体性がなかったので思いついた事もすぐに忘れてしまってました。
「とりあえずやってみる」のと「とにかく続ける」ってのが大事やって思い知りました。

 

SNSも使い方が変わりました。

 

これまでやと仕事以外の事を書いてると仕事してない?って言われるし、仕事の事だけ書いてると同じような投稿ばっかりになってしまうしでどうしても投稿が続きませんでした。仕事とプライベートを分けてしまってたんですよね。
それが「仕事をしてるのもプライベートで遊んでるのもどっちも同じあなたですよ」って言葉に目から鱗が落ちました。確かにその通りで仕事とプライベートとの境目が難しいようなイベントとかもあって分けてたので段々と投稿数が減ってたんです。
業界内に居る自分が情報発信をしていないのに業界全体の発信不足を指摘しても説得力がありません。
まだまだ発信の方法も数も足りてないけど発信するようになってより自分が言いたい事についてのアンテナは広がったと思うし、それで繋がりもどんどん広がっています。

 

結局はバランスが大事って事です。

 

何も入力しなければ発信する内容を思いつかないけど入力するばっかりで出力していないと自分が入力した情報は宝の持ち腐れになります。その情報を発信する事によっていろいろな人に知ってもらって自分では出来ない活かし方をしてもらって、他の人の発信を見て自分なりの活かし方を考えたら情報の活用度は何倍にも跳ね上がります。
自分一人じゃ大した事は出来ないけど、同じように考えて発信している仲間がいるからこそ自分も頑張れます。
今日でちょうど1年。とりあえず1つの目標には到達したのでまた次の目標「毎日投稿を1年間続ける」に向かって発信を続けます。