姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

九州南部の大雨が心配ですね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
朝晩が涼しいのですっかり忘れがちですが、暦の上ではもう夏なんですよね。気温は上がり切っていないけど、野菜類はしっかり夏のものが出始めています。今日も母家に行ったら「頂きものやけど」って胡瓜をもらいました。めっちゃでっかいので食べ応えがあります。
新しい胡瓜をもらうようになると夏が来たなぁって感じます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20200704213918j:image

 

梅雨らしくない雨の降り方です。

 

ここ数年は梅雨入りしてもあまり雨が降らない事が多かったんですが、今年はしっかり降っています。でも昔のようなしとしと降る雨じゃなくて短時間の集中豪雨になってしまっているんですよね。
1ヶ月の降水量が1日で降ってしまったところもあるみたいで、台風の時期の大雨みたいな感じです。天気がはっきり分かれているので仕事はし易いんですが、異常気象が続いているのと同じなので喜んでもいられないです。

 

熊本県と鹿児島県で大雨による被害が出ています。

 

昨日から今日にかけて九州南部でかなりの量の雨が降っています。さっきテレビで雨のピークは過ぎたという話が出ていましたが、それでも明日の朝くらいまでは降り続く予報なんですよね。そのせいで川が氾濫したり街が浸水したりする被害が出ているみたいです。
近畿地方でも南部の和歌山県などでは雨の量が増えているみたいで、あちこちで警報や警戒情報が出ています。
一昨年は大阪の台風、昨年は千葉の台風で大きな被害が出ました。最近は毎年のように自然災害で大きな被害が出ているので、ちゃんと備えておかないとです。

 

大雨で雨漏りも多発しています。

 

兵庫県でも梅雨入りしてから毎週のように週末に大雨が降っているせいで雨漏りの調査の依頼が多くなっています。普通の雨では雨漏りしないけど、強風で横殴りの雨になったら雨漏りするとか、雨の量が増えると普段入らないところから雨漏りする事もあるんです。
そういえば今年の梅雨入り前から調査に行った屋根に蜂の巣がある家がかなり多かったです。蜂の巣が高い位置にある年は雨が多くて、低い位置にある年は強い風が吹くっていう話を聞いた事があります。
自然界の生き物は天気の変化に敏感なのでその年の天気が分かるのかもしれないですね。
人間にもそういう本能があったはずやけど、全く機能していないですね。その代わりに科学の力で予報していますが、まだまだ精度が甘いです。もっと早い段階から当たる予報が出来るようになる事を祈るのみですね。