姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

宅配便にも女性ドライバーが増えてきました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
「お~いお茶」の伊藤園さんが毎年「お~いお茶 新俳句大賞」という賞を作って俳句を募集しています。2月末に締め切りがあって入賞者の発表は7月なんです。その締め切りが明日に迫っています。私は今年で4回目の挑戦です。まだ1度も入選すらしていないんですが、身近に入賞してペットボトルを1ケースもらっている人がいるので、励みになります。ちなみに1人6句まで応募可能です。毎年締め切り日ギリギリにならないと出来ないんですが、今年はもう6句出来ています。今年こそはせめて入選しますように。


運送業の需要が高まり過ぎています。

 

コロナが流行る以前から少しずつ宅配便による荷物の配達が増えていて、それに伴う人手不足や再配達、の問題などもクローズアップされていましたが、昨年から今年にかけてのコロナの騒動でそれが一気に顕在化しました。
バイパスや高速などを運転していても走っている車の7割くらいは箱付きの中型~大型のトラックばかり。前方の見通しが悪くなるので極力後ろには付きたくないんですが、箱付きのトラックが多すぎてそんなわけにもいかないんですよね。
そして3日に1回は運送業の人が荷物を届けてくれています。

宅配便のドライバーさんに女性が増えてきました。

 

最近ではトラックのドライバーさんに女性もかなり増えてきました。軽トラで配達してくれている女性ドライバーさんばかりかと思っていたら、4tクラスの箱付きのトラックの運転席から出てくる女性もよく見かけます。
もともと建築関係の大型車には女性のドライバーさんが比較的多かったのですぐに慣れましたが、最初はやっぱり新鮮でした。我々の業界でももっと女性が活躍できるようにしないとなぁって常々考えています。

 

重い荷物の場合、困る事があります。

 

今日もそんな女性ドライバーさんが荷物を配達してくれました。何度かうちに配達してくれた事があるので、名前は分からないけど少しだけ馴染みがある方です。
でもうちに届く荷物は比較的重量があるものが多くて、玄関先まで必死になって荷物を運んでいるのを見かねて数が多い時には手伝う事もあります。それでもこれまではなんとか持ち上げる事が出来るレベルのモノやったんで良かったんですが、今日の荷物はどうにもならなかったみたいです。届いたのは「銅条」です。同業者の方はこれだけでお分かり頂けるかと思いますが、長い銅板をぐるぐるに巻いたものなんです。銅板自体は薄いものやけど、それが40m以上も巻いてあると相当な重量になります。
今日届いたのは約50kgのものでした。私は肩まで担ぎ上げて運べるレベルですが、これを女性が持つのは無理です。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20210227181253j:image

たまたま私が会社に居る時に届いたから良かったようなものの、居なかったらどうしたんでしょうね?受け取り人は居るのにトラックから降ろせなくて再配達とか??
人手不足も分かるし、女性が活躍するのもいいけど、配達先で降ろす荷物の事も考えないとダメですよねぇ。

雨が降っている中での体験大変です。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
関西の大阪、京都、兵庫と中部の愛知、岐阜、そして九州の福岡の2府4県の緊急事態宣言の2月末での解除が決定したようです。今回の緊急事態宣言では飲食店の時短営業がメインで、私たちの日常生活に直接の影響はないように感じていましたが、やっぱり景気が悪くなっているように感じます。今回の解除で良い方に向かってくれればいいんですが。

 

今年初のものづくり大学の体験教室でした。

 

今は緊急事態宣言下ではあるものの、学校行事は特に中止される事もなく、無事開催されています。今日も兵庫県立ものづくり大学校にて中学生を対象にかわらぶきの体験教室でした。
昨年は中止になる事も多くて、例年の半分くらいしかできていなかったんですが、今年初めての教室が開催出来てホッとしました。これまで何回も参加してきましたが、何回やっても生徒たちとの初対面は緊張します。

 

雨が降ると寒いし濡れるしで困ります。

 

年に6~7回くらいの体験教室なんですが、そのうち1回くらいは雨の日に当たってしまいます。基本的にかわらぶきの体験は半分は外でやっているので、雨が降ると濡れない場所を探してやらないといけなくなります。
ちょっと前までは屋内でも出来たんですが、会場の都合でどうにもならない事が多いんですよね。そして冬場の雨はめっちゃ冷えるので余計に困ります。かと言ってのし割りなどの作業を教室内でやると音も埃もすごいのでかわらぶき体験だけはいつも他の職種からは離れているんです。

 

お弁当を知人に頼んでみました。

 

今年に入って知り合った人に「仕出し屋さん」がいらっしゃいます。法事などの仕出し料理をされているんですが、最近は仕出しが減ってしまったのでお弁当もするようになったそうです。2度ほどそのお弁当を頂く機会があって、美味しかったので今回のものづくり大学にも配達してもらいました。
このお弁当が材料もいいし物凄く丁寧に調理されていて、本当に美味しいんです。今回初めてお願いしたんですが、一緒に講師をしていた方からもとても好評でした。
ついつい写真を撮る前に一口食べてしまったので写真は食べかけのものになってます。(苦笑)
次からもの大の昼食はずっとお願いしようかな。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20210226213231j:image

1年ぶりに献血に行ってきました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
暖かくなってきたと思って油断していたら朝が寒くて、花粉によるくしゃみと寒暖差アレルギーのくしゃみとで朝食を済ませるくらいまではなかなか落ち着きません。そして一度くしゃみが出始めるとくしゃみがくしゃみを呼ぶ感じです。トイレに入っていてもくしゃみ連発なんですよね。家から出る頃には落ち着くけど、これで電車に乗らないといけない状況やったらかなり肩身が狭くなります。

 

初めての献血は18歳の時でした。

 

私が初めて献血をしたのは高専に通っていた時です。高専祭(高専の学祭)の時に校門のところに献血カーが来ていたんです。それまでやった事がなかったんですが、高専祭に展示する模型の作業を当日の朝までやっていて、なんとか展示が出来て、その後の予定がなかったのでやってみようと思ったのが始まりです。
その頃は200cc、400cc、成分献血の3種類があって、初めてやったので200ccのつもりで入ってみたんですが、体格を見て「400ccお願いします。」と言われてしまいました。

 

学生時代は数年に1回でした。

 

初めて献血してから社会人になるまでは2年とか3年に1回くらいのペースでした。あんまり熱心ではなかったので、本当に気が向いた時に献血に行くって感じやったんですが、社会人になってからは最低でも年に1回は行くようになりました。多い時は年に3回くらい行く事もあります。
父が入会していた会が年に1回は献血する会場を設営していて、父が退会した後も案内が来るので、毎年そのタイミングでは行っています。

 

今日も献血に行ってきました。


途中で献血カードを失くしてしまったので、正確な回数は分からなくなっているんですが、今のカードになってからは今日で17回となりました。そして献血カードもアプリになるみたいですねぇ。また登録しておかねば。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20210225191232j:image
今は200ccの献血はやってなくて400ccと成分献血のみなんですよね。今は家族の中では献血出来るのは私だけになってしまったので、もう少し回数を増やしてもいいかなぁ。
献血の会場によってはいろいろとお茶やお菓子が出たり、ハンバーガーのクーポンがもらえたりするところもあるので、いろんな場所を試してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

防災マップを事務所に掲示しています。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
一昨日あたりから物凄く花粉が飛んでいるようです。鼻水と目の痒みがエラい事になっています。花粉症の市販薬も飲んではいるんですが、ちょっと対策が遅かったのかもしれません。目薬もこれまでは疲れ目用のものを使っていたんですが、ここ数日はアレルギー用の目薬が手放せません。

 

地震があちこちで発生しています。

 

先日の東北での震度6強の地震以降、全国のいろいろなところで地震が頻発しています。震度そのものは3程度で済んでいるんですが、それでもこれまでと比べると発生回数が物凄く多くなっているんですよね。幸いな事に姫路では有感地震は発生していないんですが、東日本大震災が発生した3月11日が近い事もあって、いつ発生してもおかしくないと言われている南海・東南海の地震が心配になってきます。

 

近畿圏では地震よりも台風の方が警戒されています。

 

阪神・淡路大震災が発生するまでは近畿圏では大地震は起きないという都市伝説がさも真実であるかのように広がっていました。実際、私の記憶にある限りでもあの地震が起きるまでにはっきりと地震が起きたと分かるレベルの地震はほとんど起きていませんでしたし、阪神・淡路大震災以降でも余震以外で大きいと感じる地震はあまり起きていません。
その代わりに大きな台風はかなり経験があります。台風が来ない年の方が珍しいくらいで、大きな台風が直撃しそうな進路で備えるためにいろいろ準備したことも何回もあります。
そのせいか災害の備えとしても地震よりも台風への備えの方が重視されているみたいです。

 

防災マップを事務所に掲示しています。

 

以前、台風に伴う大雨で川が氾濫しそうになった年があったので、その後に防災マップを入手して事務所に掲示するようになりました。
そのマップによると会社や家がある場所はかなり安全が確保されているみたいなんですが、今掲示しているマップが作成されたのは5年ほど前みたいなので、そろそろ新しいものに更新しないといけないかもしれません。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20210224212622j:image
年々、地震や台風などの災害の規模が大きくなってきているのでちゃんと備えておかないといけないとは思っているんですが、こういう備えって何もない時にはなかなか行動出来ないんですよね。
転ばぬ先の杖は転ぶ前に用意しておかないとです。

自分の身体能力の衰えを自覚しました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
土曜日や祝日になると近所の小学生がうちの犬2頭と遊びたいと言って訪ねてきます。イオリ(オス2歳)はまだ若いから小学生が来ると喜んではしゃぎまわるんですが、モモ(メス16歳)はそろそろ相手するのがしんどそうなんですよね。でも子供たちははしゃぎまわる若いのが怖いらしく大人しくみえるモモの方の相手をしたがります。
「お婆ちゃんやから休ませてあげて」って言っても関係なしなんですよねぇ。相手してくれるのは有難いけど、ちょっとモモが可哀そうです。

 

久し振りに縄跳びをしてみました。

 

先日、嫁さんが縄跳びの縄を荷物の中から見つけたみたいです。前にテレビで縄跳びの事を特集していた事もあって、運動不足の解消にいいかもと思って久し振りに縄跳びをしてみました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20210223184753j:image
まともに縄跳びを跳ぶのって小学生以来やから30年ぶりかな?嫁さんのやつやったからちょっと短かったんですが、少しやってみたらなんとか跳べそうなので続けてみたらびっくりしました。

 

跳べる感覚はあるのに体がついてきません。

 

どうやって跳ぶのかは体が覚えていたので、いきなり引っかかったりする事はありませんでした。でもちょっと続けただけてあっという間に息が上がってくるんです。
まともに跳べていたのは小学生の頃やったので、その感覚でいたら全く体がついてきません。同年齢の中では体力はある方やと思っていたんですが、よくよく考えてみたら小学生当時からやと体重は1.5倍くらいになってるし運動不足でもあるので、まともに跳び続けられるわけがないんですよね。

 

これから続ける事にします。

 

結局合計で200回も跳ぶ頃にはへとへとになって息も完全に上がってしまいました。学生の時に1500mの持久走をやったのと同じくらいの感覚です。
まだまだ動けるつもりでいたんですが、ダメですね。同年代の人が運動会とかで張り切って故障するというのがよく分かります。
現場に出たら体を使う事も多いので、まだまだやれると思っていたけど、本気で運動をして体力を維持していくようにしないともっと衰えるだけやと痛感しました。
ちょっと自分専用の縄を買ってきて出来るだけ続けるようにしようと誓った祝日の午後でした。

築40年の倉庫の明かり取りを交換しました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
気が付けばもう2月も今週いっぱいで終わりです。本当に年始の3カ月は過ぎるのが早いですね。そんな今日は朝から車の事故現場を3件ほど通りました。神戸への現調へ向かうバイパスで2件、その後姫路市内の現場に向かう途中で1件です。ちょっと事故多過ぎです。新月なのかと思って調べてみたけどそういうわけでもないんですよね。日曜と祝日の間の平日で交通量が増えていたのが原因かなぁ。毎日運転しているので私も気を付けないとです。

 

会社の倉庫は築40年です。

 

現在、会社の倉庫にしている建物は築40年になります。もともとは瓦を製造していた時に窯を設置していた建物で、現在は半分は瓦と車両を置いていて、半分は父が農機具を置いている場所になっています。会社の倉庫は他に平成元年に建てた築32年の建物と昭和初期に建てられた木造の建物の3つに分かれています。
40年の倉庫と昭和初期の倉庫は地元の小学校の講堂や体育館の小屋組みをもらってきて建てたものなので、材料自体はもっと古いみたいです。

 

手入れしても傷んでしまいます。

 

どの倉庫もかなり古くなってきているので、ある程度手入れはしているものの、かなりガタが来ています。特に昭和初期の倉庫は車をぶつけて柱を抜いてしまった事もあるし大雨が降ると年に1回くらいは浸水してしまうので、足元もかなり弱くなってきています。そもそも倉庫が建っている敷地そのものが周辺よりも1mくらい低くなっているので水が集中しやすいんですよね。
そこに大雨が来るとすぐ横を流れている排水溝がオーバーフローして倉庫が浸水してしまいます。昔は周辺が全部田んぼやったから水が一気に流れる事はなかったんですが、全部宅地になってしまって流れる水の量が跳ね上がったみたいです。
うちでもこんな調子なんやから全国で水害が起きるのも当然といえば当然かもしれません。

 

明かり取りの波板を交換しました。

 

倉庫の壁は波板の鉄板を貼っているんですが、部分的に透明なエスロン性の波板で明かり取りにしています。そうでないと蛍光灯があっても倉庫の中が暗いんです。そのエスロン性の波板が経年劣化でかなりボロボロになっていて、先日の風で一部がはがれてしまいました。
で、いい機会なので新しいものに交換したんです。父曰く「40年ぶりに新しい波板になった」との事です。流石に40年も放置していると半透明で白かったはずの波板は黄色く変色していました。全く光が入らないわけではないけど、明かり取りの効果も半減していたんですが、新しいものにしたらめっちゃ明るくなりました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20210222184135j:image
いずれは建て替えしないといけないのは分かっているけど、それでも手入れはしておかないとなんですよね。

第31回技能グランプリin愛知が開催されました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
最近は週末がずっといい天気ですね。でも先週も今週もほぼ家にいました。出掛ける予定もなかったので、のんびりしていました。昼過ぎにちょっと買い物ついでで近所を散歩してきたんですが、本当にいい陽気でちょっと歩くだけで汗ばむくらいでした。
散歩コースにあった梅の盆栽とか植わっている梅の木の花が綺麗に咲いていて陽気と相まって春を満喫した散歩になりました。

 

技能グランプリ2日目が開催されていました。

 

今日は第31回技能グランプリin愛知の2日目が開催され、昨日に引き続いて日本屋根経済新聞社さんがfacebookにてライブ配信をしていました。
技能グランプリは中央職業能力開発協会が日ごろ培った技能を披露する事によって技能士の地位の向上と技能の振興を図る事を目的に2年に1回開催されています。全業種のグランプリは2年に1回なんですが、この他に全日本瓦工事業連盟が実施するグランプリが隔年であります。

今年の出場者は7名でした。

 

今年の出場者は新潟、長野、岐阜、静岡、愛知、京都、奈良の各府県から7名でした。昨年の全瓦連のグランプリは中止になってしまったので出場者はなしですが、一昨年は兵庫県で開催されていて13名の出場者がいたので、それを考えると半減です。
今のこのご時勢を考えると仕方ない事かもしれませんね。残念ながら兵庫県からも出場者はいませんでした。
競技は2日間で10時間45分の長丁場になり、電動工具はほとんど使えない状態で瓦を切ったり削ったりしながら架台に施工していきます。課題は11月くらいに発表になって、そこから出場者は何度も練習して本番に臨んでいます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20210221210147j:image

 

表彰式は明日です。

 

大会は19日に受付と会場の下見があって、昨日と今日の午前中が競技時間、その後架台の展示があります。当日の表彰式かと思いきや、表彰式は明日の月曜日となっています。どんな結果になったのか気になるところではあるんですが、明日まで我慢ですね。
現地で見学出来ていたら、どの架台の完成度が高かったとかって話で盛り上がれるんですが、配信では自由に見て回れません。まぁ、現地に行かなくても見学できるだけ有難いんですが。
明日の結果発表も楽しみです。