姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

今やライフラインの1つとも言えるインターネットは20年前は使っている人の方が少なかったんです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
夕方もかなり日が長くなってきました。まだまだ油断すると冷え込むけど、着々と春に向かっているのが分かってちょっとうきうきします。仕事出来る時間も長くなってくるので頑張りどころです。

 

インターネットは重要なライフラインの1つになっています。

 

私がインターネットを始めたのは20歳の頃なので今から20年前になります。大学に入って1人暮らしを始めて、大学の入学祝いのお金を使って初めて買ったパソコンを活用しようと思って始めたんです。当時はまだダイヤルアップ回線でインターネットを繋いでいる間は電話が出来ないし、繋いでる間中通話料が掛かるので、最初はメールの送受信の時に一瞬繋ぐだけという使い方をしていました。その後すぐに「テレホーダイ」というサービスがある事を知って、それに申し込んで23時から8時までネットに繋いで色々な人と交流していました。
今でこそプロバイダの契約とかネット回線とか専門業者がいますが、当時はまだまだ普及し始めの頃で誰にも教えてもらう事が出来ずに自分で四苦八苦しながら環境を整えていった事を覚えています。
それが今ではインターネットはあって当たり前どころかなくてはならないライフラインの1つにまでなっているように感じます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180221192922j:image

 

携帯やスマートフォンでネットに繋げられるようになった弊害もあります。

 

昔はパソコンでないとネットに接続できませんでしたが、今は携帯やスマホから簡単に接続できます。そのせいで今の若い人はパソコンを使えなくなってるという話を聞きました。これだけネット環境が整っていてだれでも簡単に使えるようになってるのにそんな事あるわけないって思ってたんですが、よくよく考えてみると私と同世代でもパソコンが苦手で使えないって人はかなり高い割合で居るんですよね。仕事でパソコンを使うはずって思うんですがそういう仕事は全部人にやってもらってたりするみたいです。
大学に行くと論文書いたりレポート書いたりするのにパソコンを使うと思ってたんですが、最近はそれすらもスマホで済ませてしまうとの事でかなりびっくりしました。

 

使えなくても困らないけど使える方が出来る事が増えます。

 

パソコンを使えない人が口を揃えていうのが「パソコン使えなくても困らない」という言葉なんですが、実際には自分が出来ない事は他人にやってもらってるって事なんですよね。それ以前に使えないよりは使える方が自分が出来る事が増えるので使えるようになった方がいいよって友人には言ってます。使えない人はパソコンの使い方を覚える事をWordやExcelを使う事って思っていて勉強しないと覚えられないって思いこんでるんですよね。
ちなみに私はタイピングは友人とのチャットで覚えました。楽しみがあると難しい事もいつの間にか当たり前に出来るようになるっていういい見本やと自分で思っています。
必要に迫られて新しいパソコンを買う事になった知人からどんなパソコンがいいのかという問い合わせを受けてそういえば昔は必死でパソコンの事を覚えたなぁって思い出しました。

 

女性の職人さんもいない訳ではないけど、やっぱり建築系の職人さんは男性ばかりです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
毎月末になってくるといろいろな会議が重なってきます。今月も今週から来週にかけて夕方から夜にかけて出席しないといけない事が多くてなかなか家でゆっくりする時間が確保出来なくなります。仕事に影響が出ない時間なのでまだなんとかなってますが、来月は昼間にも出ないといけない日が続くので今からあれこれ段取りを考えておかないとです。

 

ものづくり大学の体験教室を指導してきました。

 

今日は恒例になっている兵庫県立ものづくり大学校でのものづくり体験教室でした。県内の中学生に向けて様々な職種の職人さん達が職業体験を指導しています。瓦葺き技能士会から指導に行くようになって今年で4年目で毎年平均して5回ほど参加しているのでかなり慣れてきました。今日の生徒は中学1年生で合計11職種の職人さんが集まりました。
この体験教室では希望の職種に行けるかどうかが学校の方針によってかなり変わるようで、調理系などの女子が好みそうな職種に男子が入っていて瓦葺きのような力が必要なところに女子が入ってる事もあれば、今回のように瓦葺きは男子だけ、調理系は女子だけという組み分けになる事もあります。
ある程度は生徒の希望を聞きながら人数が平均的になるように振り分けられているようなんですが、たまに自分がやりたかったのとは違うとこに来てやる気なさそうにしている子もいるのが面白いですね。今日はそんな生徒はいなかったのでやり易かったです。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180220184951j:image

 

職業選択に男女差があってはいけないのは分かります。

 

求人広告を出す時でも男性に限った求人は出せなくなっています。職業選択に男女差があってはいけないっていうのが理由なのはよく分かりますが、男性向きの仕事、女性向きの仕事は間違いなくあると思います。瓦の仕事にも女性の職人さんはいらっしゃいますが、作業内容を考えるとどうしても男性向きではあると思います。男性でも慣れない人は続けられないくらいの重労働でかなり腕力も必要とされるからです。もちろん、女性の細やかさが必要な部分もあるし、個人的にはもっと女性の職人さんが増えてもいいとは思ってるんですが、作業内容を考えると女性が進んで瓦葺き職人を選ぶ事は稀なんじゃないかというのが本音です。

現場は女性の監督が増えてきました。

 

建築現場では最近は女性の現場監督が増えてきました。私が現場監督をやっていた頃は女性の現場監督ってほとんど見かけたことないんですが、最近はどこの会社でも1人はいらっしゃるような気がします。もちろん、会社の規模によってはいない所もありますが。他に建築系で女性が増えたと感じるのは大型トラックの運転手ですね。こちらは私が現場監督をやってた時代から見かけるようになっていました。それだけ女性が働ける環境が整ってきたって事ですね。それでもまだ職人の世界では少数です。元々入職者が少ない世界なので仕方ない事なのかもしれませんが、職人仕事に対するイメージが先行してしまって女性から敬遠されているのも要因ですね。
ものづくり体験教室で男子生徒相手に指導しながらもっと女性にも仕事を知ってもらいたいって感じました。

飼っているラブラドールが癌と診断されてしまいました。

こんにちは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
先週の週間予報では今日は雨予報やったんですが、1週間が始まってみると雨予報は綺麗になくなっていました。仕事が捗るのは有り難い事ですね。
修理工事にも入っているのでもうしばらくはいい天気が続いてくれると嬉しいです。

 

「メイ」で3頭目やけど一番長生きしています。

 

家で飼っているラブラドール・レトリバーの「メイ」は今年の5月でうちに来て15年になります。うちに来た歴代の犬の中では一番の長寿です。私が生まれる前にも1頭飼っていたらしいんですが、私が物心ついた頃にいたのは「アイヌ犬」でした。「リュウ」と言ってとても賢い犬でしたが、フィラリアにかかっていてうちに居たのは12年くらいでした。私が幼い頃にうちに来たので正確な年齢は分からないんですが。
その次はゴールデン・レトリバーの「アル」です。この子も賢かったけど長毛種の宿命か夏場の暑さがかなりしんどかったみたいです。私が大学で1人暮らしをしている間に暑さのイライラからか家の前の道に飛び出してしまって車に轢かれてしまいました。10歳くらいの時でした。
その後に来たのがラブラドール・レトリバーの「メイ」です。
子犬の頃から元気いっぱいでうちに来た中では一番元気で、10歳を超えても散歩に行く時ははしゃぎ回っていたんですが、最近少しずつ寝てる時間が長くなっていました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180219182242j:plain

 

犬種の平均よりは長生きしています。

 

調べてみるとラブラドール・レトリバーの平均寿命は12.8歳と大型犬の中では長生きな犬種のようですが、その平均よりも元気です。人間の年齢でいうと15歳って120歳くらいの計算になるって聞いてびっくりしました。まだまだ散歩に行くと力強く引っ張ってるので元気やなぁって思ってたんですが、先日から右の前足の付け根辺りで怪我をしたのか出血するようになっていました。最初に怪我してるからと獣医さんに診てもらった時は見た目ほど酷くないから様子を見ましょうと言われて1週間様子を見たんですが、なかなか良くなりませんでした。
それで再度土曜日に診てもらって検査してもらったらどうやら足の付け根のあたりに癌が出来ているとの事でした。

 

寿命的にもそろそろ覚悟はしておいた方がいいかもしれません。

 

見える範囲の悪い部分は切除してもらったんですが、今後再発する可能性も低くないとの事で元気そうにしていても突然倒れる可能性もあると言われてしまいました。今は傷痕が痛々しいもののとりあえずは元気にしています。
今回の件がなくても15歳という年齢を考えるとそろそろ覚悟しておいた方がいいのかもしれないなぁって思いながらも元気な姿を見てまだ大丈夫って思っていたんですが、本当に覚悟しておかないといけなくなりました。
病気に気付かずに突然いなくなる事を思えば心の準備が出来るとは言ってもやっぱりその時の事を考えると少し気分が落ち込みます。

たまには温泉に入って何も考えずにボ〜っとするのもいいですね。

こんにちは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。

昨日は組合の総会でした。青年部の総会は1月に済ませているんですが、その上部団体の総会なので私も出席してきました。

場所は三ノ宮の繁華街にある「生田神社」にある会館です。某芸能人が結婚式を挙げた事で一時期有名になった神社ですね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180218153009j:image

内容は毎年ほぼ同じなんですが、今年は役員の改選があって理事長が変わりました。新理事長になってどう変わるのかこれからが楽しみです。

 

 

温泉施設に来るとあっという間に時間が過ぎます。

 

以前、神戸の町歩き系の謎解きイベントに参加した時にアンケートを出したら神戸駅近くの温泉施設「万葉の湯」のベア入浴券が当たりました。それが今月いっぱいまでの有効期限がやったので、今日は夫婦でのんびりしに来ています。

朝から来たんですが、岩盤浴してお風呂入ってってしてる間にいつの間にか15時過ぎていました。外出して遊ぶのも家でのんびりするのも好きなんですが、外に出てからのんびりするのも悪くないです。

「万葉の湯」はJRの神戸駅から徒歩10分くらいのところにあるビルにあります。宿泊フロアが併設されているので、ホテルといえばホテルなんですが、メインの施設は日帰り温泉で温泉フロアに岩盤浴フロア、食事処がある休憩フロアやゲームコーナーや、漫画が読めるアミューズメントフロア、マッサージなどのリラクゼーションフロアなどなど1日居ても飽きない施設です。

 

 

何も考えないって難しいですね。

 

来る前は大きなお風呂に入ってのんびりボ〜っと何も考えずに過ごそうって思っていたんですが、いざ入ってみると何も考えないって難しいんですよね。目に入るものについていろいろ考察してみたり聴こえてくる会話について考えてしまったりします。

大浴場の中に小さい庇があって瓦が葺いてあると工程や予算を考えたりメンテナンスについて考えたり。

考える事も技術やけど考えない事も技術なんやと思い知りました。

 

認識出来る情報量をコントロールする事も大事です。

 

ここ10年くらいで普段から目に入る情報量がめちゃくちゃ増えています。それを処理し続けるのが当たり前になってるので目に入るものについてとりあえず処理する癖がついてるんですよね。

だから何も考えないって難しいんやと思うんですが、24時間ずっとは無理でも寝てる時以外に何も情報処理しない時間を作ってみるのもいいのかもしれないって思います。

せめてお風呂に入ってる時間くらいは何も考えずにボ〜っとする事を楽しんできます。

月イチくらいはそういう時間を作れるようにならないとなぁ。

準備は出来るだけ早くにしておく事が大事です。

こんにちは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。

 羽生さん、金メダル獲りましたね。しかも冬のオリンピックで通算1000個目の金メダルだとか。まず金メダルが目出度い上に節目のメダルを獲得出来た事が尚嬉しいです。

 

3月のダイレクトメールの準備をしています。

 

毎月出しているダイレクトメールなんですが、出す月にどんな図案にするかを考えていると季節感がズレてしまうので、毎月中頃くらいには翌月の図案を考えるようにしています。

と言っても最近は私はノータッチで嫁さんと事務員さんが中心になって考えてくれています。

今月の図案は「梅」にしました。季節の花は図案化しやすいので便利やけど、自然のものなので咲くのを待っていると出すタイミングがズレてしまうのが悩みどころです。

もっとも季節の行事の写真もその年の写真を使おうとするとちょっと出遅れてしまうので、最近のダイレクトメールの図案はだいたい、過去の写真から選んでいます。

ちなみに3月は「ひな祭り」にしました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180217170246j:image

 

会議の準備も先行してやっておかないとスムーズに進みません。

 

いろいろな会の役員をさせてもらってる関係上、会議資料を作る事が多くなってきました。こういう会議の資料も前倒しでやっておかないと、当日の会議がグダグダになるんですよね。

いくら自分の頭の中でどんな風に進めるかって考えていても実際にやってみると上手くいかないんですよね。それが資料を作っているとなんとかなってしまうのが不思議です。

会議資料を作っているといろいろと気付く事も多くて会議の進行をするのにとても役立ってるのも確かなのでとてもいい経験をさせてもらっています。

 

仕事も段取りが8割です。

 

でもよく考えたら現実の仕事でも同じ事が言えますね。ちゃんと前日から材料を準備して工程を打合せした現場では足りない部材があっても仕事が止まる事なく上手く回るのに、ちゃんと説明出来ていないと、準備した瓦を大量に余らせてしまったり大幅に足りずに手待ちになってしまったりという事態になってしまいます。

昔の人は「段取り8割」と言って段取りが済めばその仕事は8割が終わったようなものだと言ってましたが、現代でもそれは変わりません。情報網や運輸網の整備で資材の準備はかなり楽になってますが、だからこそ事前の準備をしっかりしていかないとです。

私は1つの事に集中してしまうといろいろい抜け落ちてしまって準備不足になってしまうのでもっとしっかりしないとです。

冬のオリンピックに夏のオリンピックほどの興味を持てません。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
暦の上ではもう春に入ってるんですが、まだまだ寒い日が続いていますね。ちょっと暖かい日があったりするので本格的に寒いのはもう少しの間やと思うんですが。
そんな今の時期ですが、梅や水仙などは今が見ごろなんですよね。兵庫県には綾部山梅林たつの市)という梅の名所や灘黒岩水仙郷(南あわじ市)、立川水仙郷(洲本市)などなど梅や水仙の名所がたくさんあります。バイクのツーリングスポットになっているので若い頃はよくバイクで行ってたけど今はもう寒さに勝てなくなりました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180216192341j:plain

平昌冬季五輪が開催されています。

 

今月の8日に開幕した平昌オリンピックも日程の半分を消化しました。今日の昼に恐らく一番注目されているであろうフィギュアスケートの男子ショートプログラムの競技が行われて、羽生選手が1位、宇野選手が3位につけました。
これまでにもいくつかメダルは獲得しているものの、なかなか金メダルが取れていないので一番期待がかかっているかもしれませんね。明日のフリープログラムが楽しみですが、羽生選手は怪我からの復帰直後なので成績に期待がかかるかもやけど怪我なく無事に滑りきって欲しいです。
アスリートは怪我との闘いやっていうのはよく言われる事やけど、怪我で実力出せないのが本人にとっても一番悔しいと思うので。

 

政治色が強く出過ぎていてあまり見ていませんでした。

 

実は今回の冬季オリンピックは開会式からこれまであまり注目してませんでした。開催前から何やら政治色が強く出過ぎていて楽しい雰囲気よりもきな臭い雰囲気の方が強かったからです。日本人選手のメダル獲得もネットのニュースでちょっと見る程度になってしまってます。
そうでなくても、なんとなく冬のオリンピックって夏よりも熱中して見ようって気にならないんですよね。流石に長野オリンピックの時は日本開催って事もあって、今よりも一生懸命見てましたが。

 

自分がウィンタースポーツが苦手なのが原因??

 

私は体を動かすのは好きな方で水泳は小さい頃からやってたし、球技にしても人並程度には出来るんですが、ウィンタースポーツだけは苦手なんです。小学生の頃にスキーに行って捻挫してからほとんどスキーに行ってないのでそれが原因なのかもって自己分析してるんですが、アイススケートだけは普通に滑ります。ブレーキは若干怪しいけど。
そういう事があって冬のオリンピックに感情移入出来ないのかもしれません。
他にもフィギュアスケートなどは毎年テレビでグランプリシリーズとかファイナルとかやってるので見慣れていて、オリンピックでやってても「今年もやってるなぁ」って感覚になってる事も要因の1つかもしれません。
夏ほどチェックしてないとは言ってもやっぱり日本人選手が活躍すると嬉しいので頑張って欲しいですね。

 

 

人が多い場所ではマスクをするのがエチケットかもしれません。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今月は神社関係の仕事をさせて頂いています。普段使っている瓦とは違う種類の瓦を用意しないといけないので大変ですが、段々仕上がってくるのを見ると嬉しくて頑張ろうって思います。

 f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180215212525j:image

 

インフルエンザが大流行しています。

 

今年はインフルエンザが大流行していますね。ドリカムの吉田美和さんがインフルエンザで公演中止になったってニュースまで飛び込んできました。毎年ライブに行ってるので広島公演に行く予定やった人の無念は察するに余りあるけどこればっかりはどうしようもないので早く良くなる事を祈るばかりです。
A型とB型、両方が流行ってるみたいで片方の予防接種をしていてももう片方に罹ってしまうという話を聞きました。今月、来月と人が多い所に出る予定がかなり多いので「もらってこないように気を付けて」と嫁さんからも言われています。
実は3年前のちょうど今頃に大阪に会議で出掛けて帰ってきてからインフルエンザに罹って、嫁さんに感染してしまった事があるんです。当時、嫁さんは資格試験の勉強をしていて試験間近やったのでかなり迷惑をかけました。幸い(?)感染したのが試験の2週間前ですぐに病院に行ったので試験当日に出られないという事態は避けられましたが未だに笑い話としてネタにされています。

 

熱が出ないB型は自覚出来ないので危険です。

 

今年のインフルエンザは熱があまり高くならないタイプもあるみたいでちょっと体調が悪くても気合でなんとかしようって頑張ってしまう人が罹ると周囲に菌をまき散らしてしまう事態も起こっているようです。私もちょっと体調悪いくらいでは仕事休めないって思ってしまうので、気を付けないとなんですが熱が出ないと自分がインフルエンザに罹ってるなんて思いもよらないですよね。
3年前にインフルエンザになった時は熱が出てた事もあって、早目に診察を受けて自分が罹ったって分かってすぐに嫁さんにも受診してもらったので二人して寝込む事なく1週間の出勤停止を過ごせたんですが、知らずに菌をまき散らさなくて良かったです。

 

人が多い所ではマスクをしましょう。

 

風邪やインフルエンザの時期になるとマスク姿の人が多くなりますが、マスクによって自分の身を守る以上に人に感染さないようにするという役割の方が大きいんですよね。先日も電車の中で前に座った人がやたらと咳をしていてちょっとゲンナリしたんですがその人はマスクをしていたので席を立たずに済みました。
特に人が多い場所では意図せずにバイオハザードを起こしてしまう可能性もあるのでどれだけ気を付けていても気を付け過ぎという事はないですね。