姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

実物のカミツレの花は小さいんですね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日、父の友人から掘り立ての新じゃがを頂きました。間引きした小さいモノやったんですが、小さいからこそ火が通りやすくて早速夕食に電子レンジであっためてジャガバタにして頂きました。採れ立てって美味しいですよねぇ。熟成させたものもいいけどやっぱり旬のものは採れ立てを食べたいですね。

 

ハーブとしてカモミールは知っていても実物は認識していませんでした。

 

普通の紅茶も好きなんですが、いろいろな香りが楽しめるハーブティーも好きです。家でもたまに飲んでいるんですが、ハーブティーではよく聞く名前の植物は生の状態ではほとんど見た事がありません。
カモミールも同じで花が咲いている状態をカモミールとして認識して見た事がなかったので初めて咲いているのを見た時はちょっとだけ感動しました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190522214120j:image

 

図書館戦争」では「カミツレ」と呼ばれていました。

 

元々カモミールティーは知っていたし、好きな方やったけどハーブティーを飲む時に好んで選ぶようになったのは「図書館戦争シリーズ」を読んでからですね。
物語のキーになる植物で花言葉は「苦難の中の力」です。地面を這うように生えて踏まれれば踏まれるほど丈夫に育つ事が由来となっているそうです。想像していたよりも花が小さかったけど、名前の由来通り強い花です。
初めて図書館戦争を読んだのが2007年なのでもう12年前になります。有川浩さんという作家さんを知ったのもこの作品で、4巻目の図書館革命が出た時に平積みされているのが目に入ってとりあえず1巻からって思って図書館戦争を買ったその日に1冊読み切って、翌日には残りの既刊を全部買ってしまったくらいドハマりしたんです。
今でもたまに読み返すんですが、いつ読んでも楽しくて時間を忘れてしまいます。

 

カミツレ」に反応するのは図書館戦争ファン?

 

世間一般ではカミツレという名前よりもカモミールって名前の方が一般的でよく知られているんじゃないでしょうか?私も図書館戦争シリーズを読むまではカモミールカミツレが同じ植物やとは知りませんでした。
そして図書館戦争が映画やアニメなどでメディアミックス化して人気が出てから、カミツレという名前に反応した人はほぼ図書館戦争のファンやったんです。
自分が好きな作品を他の人も好きなんやって分かると妙に嬉しくてテンションが上がってしまいますね。今でもオススメの本を聞かれたら一番に「図書館戦争」を挙げていてついつい解説に熱が入ってしまいます。

7年前の今日は金環食でした。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
会社で使っている軽トラやダンプなどは毎日現場への往復に使っているので知らず知らずのうちに走行距離が伸びていきます。仕事は毎日あるのでなかなかオイル交換のタイミングとかメンテナンスのタイミングを計るのが難しくて、気が付いたらオイル交換の時期を過ぎていたり、故障寸前になってしまったりするんです。天気がいい日が続くと余計にメンテナンスし損ねてしまいますね。

 

いろんなSNSがあるけどメインはfacebookです。

 

SNSというと今はinstagramやtiktokが主流のようですが、私は未だにFacebookがメインです。Twitterもやってるんですが、このブログをリンクする以外のツィートは極偶にするだけなんですよね。
本当はTwitterもinstagramももっと活用しないといけないなぁって思うんですが、なかなか毎日呟いたり写真を撮ってアップしたりするのはハードルが高いんですよねぇ。ずっとスマホとにらめっこしてるような気分になってしまいます。
その点、Facebookはそこまで即時性を求められていないので楽なんです。そして「過去のこの日」って機能が便利なんです。

 

Facebookの過去の思い出機能は便利です。

 

ブログを書くようになって毎日少なくとも1回はFacebookで記事をシェアしているんですが、それまでは何かあった時とかちょっと変わった事があった時のみでした。
毎日ブログを書くようになって2年と9ヶ月になりますが、ブログがなかったらそれ以外のアップは相変わらずですね。
そんな日々の出来事ですが、アップしているとFacebookが「過去のこの日」としてお知らせしてくれます。友達登録している人の誕生日も教えてくれるんですが、過去に自分がどこに行ったとか何をしたっていう事を教えてくれるのは、備忘録としてとても便利です。

 

金環食からもう7年も経つんですね。

 

そんなFacebookが教えてくれたのは7年前の今日が「金環食」やったって事です。あれからもう7年も経つんですねぇ。
7年前は金環食が見れるかもってすごい話題になっていたのに関西は天気が悪くてあまり綺麗に見れなかったって話しをあちこちで聞きました。私は当日、和歌山に出張に行っていて、もしかしたら宿で見れるかもって事で一眼レフカメラと三脚、太陽光フィルターまで持っていってたんです。三脚が安物やったので風がきつくてちょっとブレてしまったけど、なんとか写真を撮影する事が出来ました。我ながら上手く撮れたなぁって思ってたんですが、拡大したらブレブレやったんですよねぇ。
それでもこの写真がきっかけで嫁さんと仲良くなれた思い出の写真なんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190521214841j:plain

 

古い薄型スレートはアスベストが使われています。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は雨が降るという予報が出ていたので覚悟していたんですが、昼過ぎまで全く降る気配はありませんでした。現場が遠い事もあって休みにしたんですが、もしかしたら休まなくても良かったかもしれません。勿体ないことをしたかもしれませんが、天気ばっかりはどうにもなりませんね。

 

薄型スレートの寿命は短いです。

 

屋根にかかる重量が軽く済んで、すっきり見えるのが薄型スレートの良い所です。施工も早いし初期投資が安く済むのも利点ですね。
逆に欠点は寿命が短い事です。きちんと点検してメンテナンスしておけば傷む前に補修や塗装が出来るので寿命を延ばす事が出来るんですが、往々にして屋根は雨漏りするまでは放置される事が多いので雨漏りするからと点検を依頼された時にはもう手遅れになっていたりします。主な原因は塗装が防水性を失くしてしまった事なんですが、たまに雨漏りではなく結露で野地板がダメになっている事もあります。

 

アスベスト製品の方が強度があります。

 

アスベスト石綿)というと発がん性がある事もあって、今や完全に悪者になっていますが、昔はその軽さと強度から広く建築物で使われていました。耐火性も高いので鉄骨に吹き付けて耐火材にするという用途が一番多かったかもしれません。
他に内装用のボードに練り込んで耐火性を増したりという用途もありますし、屋根材としても薄型スレートの材料としても使われていました。
だいたい55年くらい前から使われ始めて、禁止された18年前まで使われていたんです。
つまり築20年以上の建物で屋根が薄型スレートの場合はアスベスト含有の可能性が高く築15年以下であれば100%アスベストは含有されていないという事です。

 

アスベストとは言っても毒性は低いです。

 

建築材料としてのアスベストはその飛散度によってレベル1~3に分けられます。一番飛散度が高い「石綿含有吹き付け材」がレベル1、次が「石綿含有保温材」のレベル2、最もレベルが低いのが「その他石綿含有建材(成形板等)」のレベル3です。
カラーベストはレベル3に分類されていて、電動工具などを使って切断しない限りは飛散しないのでアスベストとは言っても毒性はとても低いんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190520221235j:image
ただ単にアスベストという単語だけを聞くとなんでも危ないモノのように聞こえるけど実際にはそんな事はないんですよね。だから我々もリフォーム工事で安心して撤去する事が出来るんです。

古い飾り瓦は手作りの一品モノがほとんどです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は神戸まつりやったみたいですね。天気悪い予報も出ていたけど、なんとか回復したみたいで良かったです。実はずっと兵庫県に住んでいても神戸まつりには行った事がないんですよね。機会がなかった事に加えて人が多いところに積極的に行く気にならなかったのが理由です。いつも新聞などでカーニバルなどの記事を見て「そういえば・・・」って思い出す程度です。

 

古い飾り瓦は貴重なんです。

 

よく現場調査や工事に行った先で塀や屋根の上に載せられいる飾り瓦を目にします。多いのは鷹や鷲などの鳥かな。翼を広げているものもあるけど翼を閉じた状態のものもあります。
取付工事をする側としては翼を閉じているものの方が引っかかったりして壊れる心配がないので取り扱いしやすいです。
古い瓦は飾り瓦に限らず手捻りで作られているので貴重なんですが、塀の上などにある飾り瓦は特に引っ掛けられたり塀の倒壊に巻き込まれたりして破損している事が多いので数が少なかったり対になっているものの片方がなくなったりしているので更に貴重です。

 

破損個所を復元したり、対のものを復元する事もあります。

 

古い建物の工事をする時は鬼瓦や飾り瓦を新しいものにするか古いものを再利用するかでいつも悩みます。予算的には既製品を使うならどちらも似た程度かかってしまうので、強度の事を考えると新しいものにするのがいいんですが、特注品となるととても高額になる事が多いので古い瓦の焼き直しが出来るかを窯元に確認してもらわないといけません。
また予算に余裕がある場合には同じ形で鬼師さんに一から作ってもらう事もあります。

 

飾りが多いモノは作るのも取り付けるのも手間がかかります。

 

飾り瓦は作る鬼師さんによって形とかがかなり違ってきます。装飾が多いものもあれば物凄くシンプルな形のものもあるんです。特に鳥系の場合、広げた翼の羽根を1枚1枚付けてあるものと表面に羽根が描いてあるものがあります。
羽根を1枚1枚取り付けてあるものは作る時の手間もかかるけど、取り付ける時の手間もスゴイんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190519195935j:image
まず現場に運搬する時に羽根などの先端が欠けないように気を付けないといけないし、取り付ける時に変な力のかけ方をして壊さないようにしないといけないんです。
最近は飾り瓦を取り付けるような工事はかなり少なくなってしまってますが、数年に1回くらい依頼があるので緊張してしまいます。

家族が人前で話しているのを聞くのはちょっと恥ずかしいです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
うちから現場へ行く途中、国道を走らないといけないんですが、その国道がしばらく前から工事で片側交互通行になっています。工事自体は仕方ないんですが、通勤時間帯には工事が始まっている事もあって、国道へ出る信号を通過するのに物凄く時間がかかってしまいます。ある程度進んで信号で先頭に行けたと思ってもその先がずっと混んでいて進まず、信号に進入する事が出来ない事もあります。焦ったら事故の元なので無理な運転はしないようにと自分に言い聞かせて現場に向かいました。

 

瓦組合青年部の定例会でした。

 

先日、瓦組合の青年部の役員会があったばかりなんですが、今日は同じく瓦組合の青年部の定例会でした。今回の定例会の内容などを詰めるための役員会やったんです。
今日の定例会では防水材メーカーさんが下葺き材と結露に関する勉強会と、私の父による「瓦の話」の2本立てです。
定例会は基本的には出席している青年部員で県の瓦組合や全国の瓦組合の行事などの情報を共有して、今後行う予定の行事についての案内をしたりしています。

 

父の講演を聞くのはなんとなく恥ずかしいですね。

 

これまでも何度か父が人前に出て話をするのを聞いた事がありますが、何度聞いても身内が話しているのを聞くのはちょっと恥ずかしいですね。
私も何度か人前で話す機会があったのできっと、両親や嫁さんも同じように感じているのかもしれませんね。
それでも話す内容については経験に基づいたしっかりしたものなのでそれなりに面白いものになっています。家族としては自分の事も含まれるので恥ずかしいんですが。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190518222511j:image

 

仲間が父の話を面白いと言ってくれるのは嬉しいです。

 

父の話は私自身は聞きなれた話やし、普段から話す内容でもあるので新鮮というわけではないんですが、人前で話すために余所行きになっている父の姿はあまり見る事が出来ないので面白いです。
定例会が終わった後の懇親会にも父が参加してくれて、出席した仲間たちが父の話の事を面白かったって言ってくれるのが嬉しかったですね。
身内贔屓な部分もあるし、身内故の辛口な部分もあるので私の評価はあまりアテにならないと思っていたので、仲間たちから聞く評価は聞いてみたいけど怖くもあったんです。
父自身も自分の話が青年部のメンバーにどれだけ興味を持ってもらえるかと心配していたので、面白いと言ってもらえてホッとしたようでした。
親子共々いい経験をさせていただきました。

お米は口に入るまでにかかる手間が八十八あると言われています。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
ラーメン屋さんの前を通ると冷麺の幟が出ているのを見かけました。暑くなってきたので冷たい麺が美味しいんですよね。コンビニでも冷麺がよく売れてますね。現場作業のお昼ご飯でコンビニに寄って買おうと思ったら選択肢がないくらい減ってしまってました。今の段階でも結構暑くて、もう熱中症患者が出始めているらしいので今年の夏も去年みたいに暑くならないかと心配になります。

 

秋にお米を収穫する為の準備が着々と進んでいます。

 

兵庫県でも北部の方ではGW明けた頃から田植えが始まります。私が住んでいる姫路市の南の方でも今月末くらいから田植えになります。父があちこちの人に頼まれて、小さい田んぼをたくさん引き受けているので1つの種類だけでは田植えの時期も収穫の時期も集中してしまうので、いろいろな品種のお米を植えます。
早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)と分類するんですが、今月末に早生の田植えが始まって、10月半ばくらいに晩生の品種を収穫するまでは毎日のように水の管理や草刈りなどの世話をしなければなりません。

 

昔の人は八十八の手間をかけるといいました。

 

昔の人はお米を作るのに八十八の手間をかけるといわれていました。今は機械化が進んだのである程度手間は減っているはずですが、それでもかかる手間の多さはかなりのものです。
昔は農協から苗を買って田植えしていたんですが、数が増えてくると自分のところで苗から作る方が管理しやすい事もあって、今は種もみから苗を作っているんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190517213354j:image
田んぼの数が少ない頃は私も手伝っていましたが父の友人が手伝ってくれるようになってきたので、会社の仕事に集中させてもらっています。

 

昨年収穫したお米も残り僅かです。

 

自分の家の分だけを作っていた頃は新米が獲れても前の年やその前の年のお米が残っていてなかなか食べられなかったんですが、たくさん作っていろいろな人に分けるようになってからは新米が収穫できる頃には古米はほぼ残らなくなりました。
有難い事にうちのお米を気に入ってリピートしてくださる人が多くて、毎年予約までして頂けるようになったんです。
田んぼが増えるにしたがって機械が大型化していったのでかなり効率的に農作業が出来るようになったけど、それでも夏の暑い時期にやらなければならない作業も多いので、そんな中で米を作っている両親には本当に頭が下がります。
今年もまた田んぼが増えたようなので秋の新米の予約をお待ちしております。

いろんな形のモノを配送するにはそれに適した方法がありますね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
やっと散髪に行く事が出来ました。本当はGW前に行きたかったんですが、なかなか予定が立てられなくて伸び放題のままになってたんです。散髪に行ってめっちゃ頭が軽くなったんですが、実際に切った髪ってそんなに重量ないですよね。元々短髪の私などはどれだけ伸び放題になっていてもせいぜい10gもあれば多い方じゃないかなぁ。それでも軽く感じるのが不思議です。

ラニュ糖を運搬しているタンクローリーを見かけました。

 

仕事でバイパスを走行中にふと隣の車線を走ってる1台のタンクローリーに目が行きました。普通の液体を運ぶタンクローリーとは少し形が違う感じがしたんですが、何が違うのかはよく分かりません。
なんとなく気になってチラチラと見てたら運搬してる物品名が見えたんです。「グラニュ糖」って書いてありました。
ラニュ糖ってタンクローリーで運ぶものなんやって初めて知りました。そもそもそんなに大量のグラニュ糖をどこに運ぶのかとかタンクローリーから降ろしたあとのタンクの中の掃除はどうするとかいろんな疑問が沸いてきたんですが、1人で乗ってる車には解説してくれる人は誰もいないんですよね。

 

いろんなモノ専門の配送業がありますね。

 

配送業というとなんとなく何でも運ぶイメージがあるんですが、世の中には1つのものに特化した配送業もあるようです。よく見かけるのはピアノ専門の配送業ですね。他には生きた魚を運ぶ鮮魚専門の配送業もよく走っているのを見かけます。
自分の目で見た一番凄かったのは学生時代の深夜の高速道路で自衛隊の戦闘車両が走ってるのを見かけたのかなぁ。テレビで見た中では新幹線の車両の運搬が大変そうでした。水族館に魚類を生きたまま運ぶってのも専門技術がスゴイですよね。
大阪万博の時には象を運ぶ手段がなくて神戸から大阪まで象を歩かせて移動したという話も聞いた事があります。

 

瓦の配送も特殊と言えば特殊かも。

 

我々瓦業界の配送も仕事をしている側は毎日のように見ているから当たり前になってるけど、一般の方からしたらかなり特殊かもしれません。今でこそ木のパレットに決まった数の瓦が積んであって、そのパレットごと配送する事が多いですが、トラックに平積みで積めるだけ積む事もあります。その場合は積み込みも現場での荷下ろしも全部手作業になるんですよね。
昔は現場もそこそこ広かったので大量の瓦を置く場所もそれなりにあったんですが、今はそれほど瓦を置く場所が広くないので瓦を持ってきてもらうタイミングが重要になります。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190516224010j:plain