姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

買い物する時はサイズの確認をしっかりしないと失敗しますね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
葺き替え工事の現場に行くと高確率で瓦以外に大量の土が載っています。それも瓦と共に撤去するんですが、降ろす時に物凄い埃が出ます。瓦降ろしをする時には近隣の方に挨拶に行って、埃が立つのであらかじめ洗濯物をしまってもらうようにお願いしないと後で物凄い苦情が来たりします。
夏場は埃が汗で体にも作業服にも張り付いてエラい事になるんですが、冬場は乾燥してるので、肌がカサカサになってしまいます。これからの時期はハンドクリームが手放せなくなります。

 

ドローンを収納するのをどうするか考えました。

 

ドローンを使うようになって軽トラの助手席にはドローンが鎮座するようになりました。精密機械なのでいくらシートを掛けているとは言っても荷台に置くわけにもいかず助手席に置いているんですが、現場の駐車場の関係で車を乗り合わせする時に困るんです。そこで荷台に防水と防犯を兼ねて鍵がかかるツールボックスを設置しようと考えてAMAZONなどを調べてみました。理想は荷台に設置しても脚立などのある程度長いものも一緒に詰めるサイズのものです。
いろいろ調べてドローンの箱のサイズも測って、ジャストサイズのものを見つけた!と思って注文したんです。

 

ネットで買い物する時はサイズの確認が必須です。

 

ちゃんと箱のサイズを確認して、ツールボックスのサイズも確認したはずなんですが、実物が届いてみると思わぬ落とし穴がありました。
ツールボックスの蓋を開けたら入口が1センチくらい折り曲げてあるんです。箱はツールボックスとぴったりのサイズで縦にしても横にしても蓋は閉まりません。寝かせて入れないと収まらないのにぴったりすぎて折り曲げ部分が邪魔になってしまって入りません。
仕方ないので泣く泣く返品の手続きをしました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20181115195501j:image

 

自作する方が手っ取り早いですね。

 

ツールボックスの事を調べた時に自作する方がちょうどいいものが作れるかな?って一瞬考えたんです。でも現状では忙しくてなかなかそんな時間も作れないし、自作するよりも市販品の方が見た目は綺麗やと思って選んだんです。
他のサイズのものを調べてみましたが、大き過ぎるかめちゃくちゃ高いかなんです。もうちょっとしっかり下調べしておけば余計な手間がかからなかったのにって反省しています。
サイズなんて一番最初に確認する事やのにそこで失敗するとは情けないですね。
また自分で作ったものが完成したらここで紹介します。

屋根工事には瓦だけでなく副資材もかなり使います。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
柴犬のモモがうちに来てから半年を過ぎました。最初は慣れないところで警戒心もかなり強かったんですが、最近はぼちぼち寛いでる姿を見せてくれます。散歩中の犬を見かけるとやたらと吠え掛かるのに知らない人がすぐ傍を通っても知らん顔で寝てるのはいかがなものかと思いますが。(苦笑)

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20181114184136j:image

 

屋根工事は瓦だけあっても成り立ちません。

 

仕事として毎日のように屋根工事をしていますが、瓦を触らない日もあるんです。瓦を施工するための準備段階ですね。新築の場合にはルーフィングと言われる下葺き材を施工して、そこに縦方向の瓦の割り付けをして横残を打って初めて屋根に瓦が載ります。
葺き替えの場合には古い瓦を降ろした後、古い桟木やルーフィングを撤去して掃除をした上で新しいルーフィングを施工します。
ルーフィングや桟木の他に壁際にはL型の水切りを入れたり、平板瓦の場合には屋根の端部に軒先水切りやケラバ水切りを入れたりしないといけないので瓦を屋根に揚げるまでに結構な時間がかかる事もあるんです。

 

着工前に材料を用意しておかないと作業が進みません。

 

現場が動き出した時、瓦や副資材を施工する段階になってから注文してたら間に合いません。特に最近は問屋さんが土日休みになったり運送会社の営業日の関係で週末の注文やと材料が届くのが翌週の半ばになってしまったりしてしまうので、常に先を読んで材料を用意しないといけません。
もちろん、よく使う材料は在庫としてある程度の量を確保してはいるんですが、よく使うだけに気が付いたら残りが僅かになってしまってるという事も起こります。在庫があるつもりで注文してなかったのに倉庫のどこを探しても在庫がないって事もよくあるので時間が出来たら倉庫の片付けがてら在庫確認しておかないとです。

 

倉庫が散らかっていると在庫の数も分からなくなります。

 

現場が重なって忙しくなってくると私自身も現場に出てしまうのでどうしても倉庫が片付かなくて散らかってしまいます。そうなると瓦も副資材も何がどこにあるのか分からない状態になってしまって在庫で持っているものを発注する事にもなりかねません。
本当は忙しい時ほど綺麗にしておかないといけないんですが、人手が足りないと片付けもままなりませんね。
今日は久々に少し時間が取れたので少し片付けと確認が出来たのでまた頑張って現場作業を進めていかないとですね。

冬場の屋根の上はあったかいのでいろんな動物が集まります。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
現場で仕事してたら遠くから灯油の移動販売の音楽が流れてきました。まだ秋のつもりやのにあれを聞くと一気に冬感が増しますね。コンビニやスーパーではクリスマスやお正月のチラシを見かけるようになったし、年末まであっという間かなぁ。

 

屋根の上は意外と動物王国なんです。

 

瓦の葺き替え工事をしていると瓦の下からいろいろな動物の痕跡が出てきます。一番多いのは軒先の瓦の下にある鳥の巣ですね。藁とか草を集めて巣をしていて、たまに卵の殻も見かけます。季節がいい時には瓦の下からピヨピヨとひよこの鳴き声がしてたりするんです。
そして次に多いのが蝙蝠の糞ですね。山に近い家や高速道路などの高架の近くの家は休憩所になっているみたいです。多い時には土嚢袋が2袋満杯でパンパンになるくらいの量があったりします。掃除する時にマスクしてなかったら病気になるんじゃないかと思うくらいです。
瓦をめくったら蛇が出てきた事もあります。樋を伝って屋根まで上がるみたいですね。鳥やネズミなどを狙って上がってくるみたいです。

 

冬場の瓦の上はかなりあったかいんです。

 

夏の屋根の上は灼熱地獄ですが、冬場の屋根の上は太陽が当たっている場所は天国のようにあったかいんですよねぇ。だからよく鳩が日向ぼっこしてます。ただ、1羽や2羽ではなく、数十羽って単位なので初めてみた時はめちゃくちゃびっくりしました。
そこだけ色が違ってて何でやろ?ってじっくり見たら大量の鳩やったんですよねぇ。屋根の上で仕事をするようになってからは冬場の鳩の気持ちがよく分かります。
吹きっ曝しなので風が吹くとめちゃくちゃ寒いんですが、野生生物にとってはそれが標準やから瓦の表面があったかいだけでも十分なのかもしれません。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20181113194624j:image

鳥にとってもいい休憩場所のようです。

 

田舎ではビルやマンションが少ないから住宅の屋根のに上がると遮るモノが何もなくて見晴らしがとてもいいんですよね。という事は鳥にとってもいい休憩場所になるって事なんです。そこそこ高い場所にあるから天敵に狙われる事も少ないし飛ぶ時も地面から上がるよりも楽に飛び上がれる。
鬼瓦の頭の上に角のように飛び出す飾り瓦の事を「鳥休め」とか「鳥伏間」っていうんですが、実際にそこによく鳥がとまっているのを見かけます。瓦の名前を知ってると名は体を表すって言葉がしっくりきて面白いんです。

地震と台風がコラボすると屋根よりも低い塀でも被害が大きくなります。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
事務所の周囲に植えている広葉樹が少しずつ色付いてきました。先週が暖かかったので今週の冷え込みで一気に紅葉が進んだ感じですね。今仕事をさせて頂いているお寺も紅葉が進んで落ち葉が凄いので掃除が大変そうです。当社の事務所も紅葉を楽しんだ後の落ち葉の掃除が大変そうです。毎年綺麗にしてもらってるので感謝です。

 

大阪の地震から早5カ月です。

 

今年は6月に大阪府北部地震、7月に猛暑、8月と9月に台風と災害が続いた事もあって、大阪の地震の印象が少し薄くなってしまっている感じがします。でも大阪の北部は未だにブルーシートがかかったままの建物がたくさんあって、なかなか復旧が進んでいない状況なんですよね。
地震の直後は7月があんなに暑くなるなんて思いもよらなかったので、夏の間も暑いといいながら復旧作業はどんどん進むと思っていました。蓋を開けてみると猛暑で効率が落ちるし雨が多くて稼働日数が少ないしで全く仕事が進んでいません。
本来なら暑さが少し落ち着く10月くらいから本格的に復旧が進むはずが、台風の被害調査や応急処置に手を取られてしまったのが痛いです。

 

地震で緩んだりズレたりした瓦に台風の風や雨は大敵です。

 

大阪北部や兵庫県の東部は地震で瓦がズレたり緩んだりして、復旧工事が始まる前に台風の直撃を受けました。地震の被害がなかったらそこまで被害が大きくならなかったかもしれない現場が地震の被害と重なる事によって大事になってしまっています。
住宅などの建物の屋根のように高い場所にある棟は揺れも風も強いので被害が大きくなりやすいんですが、背の低い塀の瓦でも地震と台風で被害が大きくなってしまっています。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20181112223018j:image
昔ながらの工法で銅線などによる緊結が一切されていないのも原因の1つですね。

 

現在の標準工法にするだけで被害は一気に小さくなります。

 

全瓦連が推奨するのが「ガイドライン工法」です。地震で被害の出やすい棟部分を全数緊結する事によって瓦を屋根から落とさないようにする工法です。私自身はこの工法を全面的に支持するのはちょっと抵抗があるんですが、地震に対してかなり効果的である事は事実です。新築の住宅ではこの工法が標準工法として採用されていて、熊本地震鳥取地震大阪府北部地震でも新築の家の屋根の被害はかなり少なかったというデータもあります。
瓦が屋根から落ちないまま棟部が緩んでしまうと家がダメージを受けた事に住んでる人が気付きにくいというのが欠点で雨漏りの原因にもなり得るんですよね。
ガイドライン工法は阪神・淡路大震災の後に考えられてから少しずつ改良されてきました。これからはもっと進化させていかないとです。

高速を使ったドライブ旅には渋滞がつきものです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
先日、義父が誕生日を迎えました。そのお祝いに土曜日の仕事終わってから長浜までドライブしてきました。昨日の夜に到着して今日のお昼にお祝いランチです。長浜の黒壁のすぐ近くの「橙」という近江牛のお店で赤身と霜降りのすき焼き食べ比べです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20181111212100j:image
普段はなかなかすぐにお会い出来る距離ではないのでこういう機会は貴重ですね。

 

高速道路を走っていると渋滞にひっかかる事が多いです。

 

仕事でもプライベートでもよく高速道路を利用します。特に仕事では朝夕の車の多い時間帯に運転する事が多いのでしょっちゅう渋滞にひっかかっています。
一人で運転している時に渋滞して動かなくなるとラジオを聴くとか歌でも歌うかして気分を紛らわせないとやってられません。特に渋滞の原因が何か分からないままで長い渋滞が続いているととてもイライラして運転も荒くなってしまうので気分転換が重要になってきます。これが軽トラでなく乗用車の場合なら自分の好きな音楽をかける事も出来るんですが。

 

助手席に1人居てくれるだけでもかなり違います。

 

これが助手席に1人居てくれるだけで気分転換の方法にも幅が出ます。嫁さんと一緒に移動する時はいろいろ会話する他に自分が思いついた曲を鼻歌で歌って曲名を当てる「鼻歌イントロ」クイズをしてみたり、運転を交代してちょっと休んだりもしています。
サービスエリアに寄っても1人やとトイレ済ませたらせいぜい自販機で飲み物を買っただけで出発してしまいますが、2人やとお店を冷かしたり買い物したりしようって思うんですよねぇ。
軽トラやダンプの場合でも誰かと会話しながら運転していると現場までの距離が短く感じます。

 

仕事帰りの渋滞が一番しんどいです。

 

旅行でも行きよりも帰りの方が運転はしんどいものですが、現場で仕事をした帰り道の運転は特にしんどいですね。そこで渋滞してると疲れも倍増してしまいます。会社に帰ってからする予定の仕事が出来なくなるし、家に帰るのも遅くなってしまうんですよねぇ。お腹も減るし。
お腹減ったからって眠気覚ましで運転中にお菓子とか食べると晩御飯が食べられなくなるわ、体重がエラい事になるわでいい事ないです。
最近は無糖の強炭酸水などが売ってるのでそれを飲んで眠気覚ましにしているんですが、これも飲み過ぎるとトイレが近くなるので長距離の運転の時にはサービスエリアの場所をチェックしておかないとなんですよね。

お寺や神社の仕事を頂くとご縁を感じます。

こんばんは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
昨日の雨で一気に季節が進むと天気予報で言ってました。今日の夜辺りから冷え込みそうな感じですね。
作業してても今日はそれほど汗をかく事もなく程々な感じです。エルニーニョが観測されたようで今年の冬は暖冬になるってニュースもありました。
大雪になるよりはいいけど寒い時期にはちゃんと寒くなってもらわないと後々に影響が出そうで怖いですね。

 

今年はよくお寺や神社の仕事をさせて頂いてます。

 

お寺や神社の屋根工事というとどうしても規模が大きくなってしまいがちで、当社では5年に1回くらい工事させて頂けたらいい方なんですが、今年に入ってから神社2件、お寺2件の工事をさせて頂いてます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20181111002011j:image
本堂や本殿の工事ほど大規模なものではないんですが、それでも庫裏やお堂、能舞台など小規模でも手間を掛けないといけない工事はとてもいい経験になります。なかなか自社職人のみでの工事とはいかないんですが、応援で工事に入ってもらえる仲間がいるというのも有難いですね。


一般の住宅と違う種類の「仕事」が必要になります。

 

お寺の庫裏はともかくお堂や神社のお宮さんなどは住んでいる人はいないので一般住宅で工事をする時のような気の遣い方はしなくていいんですが、その代わりに着工する日時や着工時の儀式など普段は深く考えなくてもいい事を考えないといけなくなります。
本来であれば一般住宅でも考えないといけない事なんですが、最近はそこまで気にされる施主さんも減ってきてせいぜい天気が続く時期に工事をして欲しいとか近隣の方と兼ね合いで土曜日や祝日の工事が出来なかったりとかその程度なんですよね。

 

神社やお寺は公共の場なので近所の人が見学に来たりします。

 

 

公共の場というと今では道路や公園、公民館などをイメージしてしまいますが、昔はお寺や神社が公共の場の代表格でした。誰でも入ってお参りする事が出来るところが多いので工事をしていてもよくお参りに来てる人がじっくり見学してたり、段取りしていたらいろいろ質問されたりもします。
一般住宅で完全に敷地の中に入ってしまって外から見る事は出来ても話しかけたりじっくり見学することが出来ない環境で仕事をしているの見られながら仕事をするのとでは職人さんたちの意識も違ってきます。見られてるという意識を持てるようになると普段の仕事でも細かいところにまで注意が向くようになるので、これからもそういう仕事をしっかり確保していかないとです。

テレビから自分が使っている言葉が聞こえてくると嬉しくなりますね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は久し振りに雨が降りました。と言っても姫路では朝のうちに少し降っただけなんですが、神戸や大阪では結構しっかり降ったみたいですね。雨が続くと仕事が進まなくてやきもきするけど、晴れが続いたら続いたで仕事に追われて余裕がなくなるって思ってしまうのは自分勝手かなぁ。

 

播州弁がテレビから流れてきました。

 

先日、録り溜めているNHKの朝の連続ドラマ「まんぷく」を観てたらテレビから聞き馴染みのある言葉が流れてきました。まんぷくさん夫婦が大阪から上郡(兵庫県の西部)に疎開してきて、地元の人と話してるシーンでした。私は特に何の疑問もなく聞き流していたんですが嫁さんに「どういう意味?」って聞かれて「あ、播州弁やったな」って思い至ったんです。
「べっちょない」って言葉なんですが、播州を離れると通じなくなるんですよねぇ。もともとは「別状ない」が語源で、意味を説明すると納得はしてもらえるんですが聞いた事ないと分からないんですねぇ。

 

地元を離れた期間があると方言は薄まります。

 

私は学生の頃に地元を離れて愛知県で一人暮らしをしていました。大学に行く前も姫路の高校ではなく明石の高専を選んだので他の地域の同級生達と5年間一緒にいたのでずっと姫路に居る小中学校の同級生に比べたらかなり播州弁は薄まっています。
それでも41年のうち37年弱は姫路で生活しているので当然普段使う言葉は播州弁です。嫁さんは滋賀県出身で同じ関西圏ではあるんですが播州弁は関西弁の中でも特殊な言葉が多いみたいでたまに言葉の意味が分からないと解説を求められます。

 

播州弁の番付表があります。

 

実は播州弁には番付表があります。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20181109214841j:image

播州弁を使っている側も自分たちの言葉がちょっと特殊やって意識があるって事ですね。代表的な言葉としては前述した「べっちょない」の他に「せんどぶり」とか「けったいな」などですかね。「久し振り」と「妙な」って意味ですが、これも兵庫県内でも通じない場所があります。
バラエティ番組で方言をネタにしている場合ならともかくドラマを観ているときに普段自分が使っている言葉が使われているとなんか嬉しくなってきますね。
地元に居ても使わなくなってる言葉も多いけど自分が育った地域の言葉は大事にしたいなぁ。