姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

地震に対しての反応が過剰になっている気がします。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
梅雨らしいジメジメした空気になってきましたね。気温はそんなに高くないのに不快感が高くなっててついついエアコンに頼ってしまいそうになります。
新たに看板を設置するための下地として昨日は半日倉庫の壁に瓦を施工してたんですが、汗の出方が夏のものになってました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170625222342j:plain

 

朝から地震でびっくりしました。

 

今朝、姫路でも震度1の地震がありました。震度1程度では建物の1階にいるとほとんど揺れは感じないんですが私が生活してるのは2階なのではっきり分かる程度には揺れました。
長野県では震度5やって事で被害が大きくならない事を祈るばかりなんですが、去年から地震の報道を見る度にちょっとした違和感を覚えています。
地震が起こった地域に取材に行くのはいいんですが、なんか伝わってくる話が大げさになってる気がするんです。

 

住宅の耐震性はかなり優秀です。

 

昨年の熊本地震のように大きな地震が2回連続した場合などは仕方ない事かもしれませんが、そこまで大きくない地震で「家に入るのが怖い」って話があったって聞くと本当にそんな事を言ってる人がいるんかな?って思うんです。
阪神淡路大震災以降、住宅の耐震性能は上がり続けているしそもそも日本の住宅は地震に強い構造になっているはずなんです。
大きな地震があった時に建物に全く影響がないくらいの強度にしてしまうと、中で生活している人は壁に叩きつけられます。壁にひびが入るとか瓦がズレるとかは昔は当たり前の事で、それで自分の家の弱い部分を知る事が出来てメンテナンスして長持ちさせていたんです。

 

住宅のメンテナンスフリーは有り得ない。

 

このブログでも何度かネタにしていますが、建築物に関してはメンテナンスフリーは有り得ないと思っています。建ててから全くメンテナンスせずに済ませてしまえる建築物は有り得ません。
毎日使っていれば劣化するのも当たり前ですよね?自動車に乗る人は「車検」を受けるのが当たり前って認識やのに、何故家はメンテナンスしなくてもいいと思うのか。
自分でメンテナンスしていればある程度は家の状態を把握できるし、それが家を長持ちさせる第一歩やと思います。
ちょっとした点検から始めてみませんか??

自分の匂いって自分では気付かない事が多いけどマナーの1つですよね。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
なかなか梅雨らしい天気にならへんなぁって思ってたら来週の週間予報見てびっくりです。これぞ梅雨って予報になってました。これまでが降らなさ過ぎやったんやけど、ここまで雨予報が続くと仕事への影響が大きいです。

 

自分の酒臭さに気付くのは翌日です。

 

昨日は異業種交流会、一八会の入会同期の2人と毎年恒例になっているゆかた祭り同期会をしてました。どちらも年下やけど視野の広さや発想の柔軟さが凄く、頭の良さも抜群で尊敬できるライバルです。跡取りであることなど共通点も多くて毎回お互いにいろいろな話をしててあっという間に時間が過ぎて行きます。
そうなるとお酒も普段よりもよく進むので私にしては珍しく写真撮ってもこんな感じになるくらい酔っ払ってます。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170624205727j:plain


お開きになって嫁さんが迎えに来てくれたんですが、自分の酒臭さに気付かなくて、酒臭いって言われてしまいました。いつもは自分が酒臭いって分かってるんですが、今回は気付けなかったので普段よりも酔っ払ってたんやと思います。
そして自分がどれだけ酒臭かったのか気付くのが翌日に車に乗った瞬間です。車の中がめちゃくちゃ酒臭いんです。自覚してる時の翌日でも想像以上に酒臭くて、自分がそんなに酒臭くなるまで飲んだんやって事にびっくりしたりもします。

 

お酒だけでなく汗の臭いもすごいです。

 

基本的に自分の臭いって気付かないものやけど、特に自覚しにくいのが汗の臭いです。自分では汗かいてもそんなに臭ってないつもりが実際にはエラい事になってる事も多いんですよね。現場に出て仕事してたら夕方頃は本当に気を付けておかないとです。
仕事で乗っている軽トラやダンプなどはかなり汗の臭いが染みついてしまっているので、今の自分の臭いなのか車の臭いなのかが分からなくなる事もあります。
現場で仕事してるから仕方ない部分もあるんですが、お客さんの家にお邪魔して調査する事もある立場になってからは夏場には替えのシャツを持って行くようになりました。

 

臭いを気にするのもマナーです。

 

最近はコンビニとかでもデオドラント商品ってあれこれ見かけるようになってきたし、昔に比べたらケアしやすい環境にはなってきてると思います。現場で職人として仕事をしてる時は家に帰って「臭い」って言われても仕事してるんやから仕方ないやんって思ってたんですが、今は仕方ないと言ってられないので極力気を付けるようにしています。
とは言っても汗かかないようにすると熱中症になるし、汗かいたら臭いが気になるしなので着替えを用意するとか昼休みに余裕があったらシャワーを浴びるとかで対策をしています。
汗だけじゃなくお酒もたばこも香水も同じ、周囲への臭いを気にするのはマナーやと改めて肝に命じた1日でした。

言葉は受け取る側の印象が全てなので気を付けないとです。

こんばんは。

今日も今日とて現場から現場へと段取りに走り回っています。姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。なんかめちゃくちゃ暑いですね。車の中でエアコンかけてても汗が止まりません。
ゆかた祭りに出てみたら夜は比較的過ごしやすかったですね。
f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170623223230j:plain

発した側の意図に関係なく受け取られる事が多いのが言葉です。


最近ちょっと「言葉」に関するアレコレが身の回りでいろいろあって考えさせられました。発した側にはそんなつもりがなくても聞いた側の受け取り方でうまく伝わらなかったり、トラブルになったりです。普段何気なく使っているからこそ気を付けないとなぁって思ったんですが、言葉は聞く側には発する側の意図って関係ないんですよね。発する側は「こんな風に受け取ってもらいたい」って思っていても受け取る側は全く別の事を感じたりする。きちんと説明せずにトラブルになって後からそんなつもりじゃなかったのにっていうのは日常でもメディアの中でもよくある話です。出来るだけきちんと自分の思ってる事を丁寧に伝える努力を普段からしておかないといけませんね。


自分の口から出た言葉が自分のモノじゃなくなる。


特に日本語は言い回しによっては似たような表現で全く逆の意味にも受け取れるのが困りものです。自分の口から出た言葉やのに相手のものになって発した責任は自分に返ってくるってすごい理不尽ですよね。でもその事を理解して言動に注意していると意外と自分の意図はしっかりと伝わっています。何も考えないで口から飛び出た言葉ほど波紋が大きくて自分では制御出来なくなるのが怖いところです。そして最終的にはそれが言霊になって自分に返ってきます。


身内への言葉ほど気を付けないとですね。


身内同士で話する時は特に遠慮がなくなるので注意が必要ですね。私自身も親父と話する時は少しずつ言葉がキツくなってる自覚があります。そもそも親父の方は最初から遠慮も何もなしに言葉を投げつけてくるので、どんな話してても最終的には口論みたいになってしまいます。その時にしみじみと自分が思ってる事と違う風にしか受け取ってくれないなぁって感じたのが今日のブログのネタになりました。恐らく親父の方も同じように感じてるはずやけど、それこそ産まれた時からの付き合いで私に対してはそういう言葉遣いしか出来ないんでしょうね。それが分かっていても売り言葉には買い言葉になってしまいます。穏やかに楽しく話してる時間が一番楽しいんやけどなぁ。

会社の事についてゆっくり考える時間も大事ですね。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
姫路では毎年恒例のゆかた祭りが始まりました。毎年梅雨の時期の祭りなので開催期間中に1度は雨が降るんですが、今年は大丈夫そうな予報なのでちょっと行ってみようかと思っています。

 

現場が忙しいからこそ会社の経営の事を考えないとです。

 

今日は現場が重なっていて段取りに走り回っていたんですが、その合間に銀行さんからの紹介で「よろず経営相談」というものに行ってみました。国が運営する経営相談所で1回1時間無料で相談に乗ってもらえるところです。
会社として相談に乗ってもらっている中小企業診断士の先生はいらっしゃるんですが、全く別の方に自社の事を説明する事で自分の中にあるいろんなアレコレを整理する事が出来て、とても有意義な1時間になりました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170622213531j:plain

現場の仕事は基本の基本。

 

工事業でやっている以上、会社が収益を上げるには現場での仕事をやらないといけません。現場仕事は基本の基本です。そして現場での仕事はとても楽しいんですよね。自分のやった仕事がはっきりと形になっていて成果が目に見えるから。集中してると時間を忘れて没頭出来るので余計な事は考えなくて済むし。
でも経営者としてはそうなると失格です。会社を経営していくには現場での仕事の楽しさとは別の楽しさがあるって気付かないとなんですよね。もちろん、現場の仕事に支障をきたさない事が前提ですが。
忙しい時ほど時間を工面して会社の事をゆっくり考える時間を作る事が大事やなぁって感じました。

 

経営者は孤独??

 

親父が昔よく「経営者は孤独や。あんたも経営者になったら分かる」って言ってました。悩みを相談出来る相手も共有出来る人もいない。決断は全部自分でやらないといけないって意味で言ってたんですが、実際に自分が経営者になってみて思ったのは「たくさんの人に支えてもらってるなぁ」って事です。
親父の世代はまだ経営相談とかが一般的じゃなかったから余計に孤独やって感じたのかもしれませんが、最近は国が中小企業を支援する体制を整えてきている事もあって、経営者に優しくなってきてると思います。
一八会などの勉強会でも同じような立場の友人や先輩に恵まれてるし、これで孤独やって思ってたら罰があたります。

積読があるのが分かってても本は増えていく。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
梅雨入り以来約2週間ぶりの雨でしたね。予報ではかなり降るような事を言ってましたが姫路は警戒してた割にはそんなに降らなくてホッとしました。

 

気が付けば積読がたくさんです。

 

基本的に鞄の中には常に本が1冊は入ってます。この1冊分が意外と重いって最近気付いたんですが、ちょっとした空き時間に少しずつでも読みたいなぁって思って入れてるんですが、あまり消化出来てません。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170621221246j:plain

パッと出てくるだけでも写真に撮ったくらいの数が積読になってるんですが、実際には読めてない本はこれの倍以上あります。
読み終わるまで買わなければいいのにって言われるかもしれませんが、本屋さんに行くとどうしても増えてしまうんです。積読が増えすぎてる自覚はあるので、買うのは最小限に抑えてるのにも関わらずなんです。
最近は何でも買うのではなく図書館を利用する事も覚えました。でも図書館で借りると、当たり前やけど返却期限ってものがあるんですよねぇ。期限までまだ余裕あると思いながら後回しにしてたら結局ギリギリになってしまったりもします。そうしてまた積読が増えていく。

 

目標は1ヶ月に10冊やけど・・・。

 

年初に年間120冊つまり月間10冊本を読むって目標を立てました。今のところとてもじゃないけど目標は達成出来ていません。毎年の事ですがだいたい5月くらいに読書数が減るんです。何故か5月なんです。仕事がバタバタするのは秋口も同じやのに毎年5月になると減ってます。自分でも原因は分かってませんが今年も減ってしまいました。それどころか今年は3月くらいから激減といっていいくらいです。それだけ時間が取れてないって事なんですね。仕事が忙しいのはありがたい事やけど、もっと時間を上手に使わないといけないなぁ。

 

スロウハイツの神様」読了です。

 

そんな今日の1冊は辻村深月著「スロウハイツの神様」です。先月に上巻は読んでて、さっき下巻を読了しました。辻村さんの作品はいろんな伏線が作中に散りばめられていて、それが物語の最後で見事に全部回収されていて、読後感もスッキリなのでお気に入りの作家さんの1人です。
今回は上巻では「??」ばっかりやったのが下巻で「!」に変わっててウキウキしながら読んでしまいました。
嫁さんも読んでて二人して「犯人はオマエか!!」って言ってしまいました。演劇集団キャラメルボックスが7月に上演するんですが残念な事に東京のみで関西での公演がないんです。
原作を読んでとても面白かったので関西公演がない事が本当に残念でなりません。東京まで遠征出来ればいいんですが、今の所そんな余裕もないのが現状なので・・・。観たかったなぁ。

好きなものの事だけ言い続けても説得力に欠ける気がします。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日の夜中から雨が降るみたいですね。1ヵ月の降水量の半分が今日から明日にかけてで降る予報も出ていてちょっと心配になります。

 

瓦の事が好きやけど・・・。

 

当社はもともと瓦の製造をやっていました。私が高校生の頃までは窯があって製造をやっていたので小さい時から工場や窯が遊び場やった事もあって瓦の事は大好きです。瓦の素材そのものも好きやし、瓦の町並みについても同じですが、意外とその辺りの区別がついてない人も多いように思います。
瓦屋で瓦が好きやからブログやfacebook、Twitterでの発信でも瓦の事が多くなってしまうんですが、最近はそれだけじゃあかんなぁって思うようになりました。
瓦の事が好きやけど、それだけやと自分の好きな物だけをとにかく勧めるだけになってしまう気がするんです。

 

好きなものだけでは説得力に欠けます。

 

好きなものの話だけしていると「それ以外」の情報が入ってこなくなります。例えば「瓦」の話だけしかしないでいると「薄型スレートについて知りたいけど、あの人は瓦の事しか言わないから他の人に聞こう」って思われてしまうと思うんです。そうするとリフォームを考えてるけど、思い込みで薄型スレートしか無理と思ってる人の選択肢を増やす事が出来ません。
いろいろな可能性を自分の中に持っていて、その中から条件に一番合う提案を出来るようになってこそ、瓦を推す言葉に説得力が出てくると思うんです。

 

瓦屋という矜持と屋根屋としての気安さ。

 

下請けとして仕事をしていると、取引先の元請さんに現場を案内してもらう時に「瓦は重いから危ない」って文言が書いてある営業車の後ろをついていかないといけなかったりします。
いろいろとモノ申したくなるんですが、言えないところに下請けの辛さがあります。
自社の営業のためにインパクトのある事を書いただけで瓦業界に喧嘩を売るつもりがない事はその会社から瓦の仕事も頂いてるので分かってるんですが、現場調査の度に情けなくなります。
大きい屋根にいぶしの瓦が並ぶと壮観でカッコイイのになぁ。
瓦屋としての矜持と屋根屋としての気安さの両方を持って仕事をしていけって事でしょうかね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170620212856j:plain

新築の家って関わる事は多くても完成後に入る事が少ないんです。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
週間予報を見てるといよいよ梅雨空になりそうな雰囲気ですね。仕事的には今週いっぱいくらいは頑張って欲しいところですが・・・。

 

自分の家を建てるような年齢になったようです。

 

昨日、同級生が新築した家の完成見学会をやっていたので少しお邪魔してみました。高専の同級生で同窓会組織である明石高専建築会でも一緒に活動している大久保君の家なんですが、設計事務所勤務だけあって、自分で設計したそうです。
入ってみてまずびっくりしたのが2階の床が一部簀子になっている事。外から1階を通って2階へと風通しが計算されていて、窓を開けるととてもいい風が家の中へ入ってきます。
他にも今年は同級生が家を建てたって話を何件か聞いていてすごいなぁって思っています。
そんな年齢になったと言えばそれまでなんですが・・・。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170619211602j:plain

住宅の新築には比較的関わってる方やと思うんです。

 

大手ハウスメーカーの仕事はしていないけど、地元の工務店さんの仕事はいただいているので、施主さんと顔を合わすような新築の現場は比較的多い方なはずなんです。
でも仕事で関わった新築の現場って屋根工事が終わると通りかかってもなかなかじっくりとは見れないんですよね。工事が完了した後は特に。そして我々瓦屋が工事を完了して現場から離れる段階って、辛うじて外壁の下地が出来てるかどうかって進捗の事が多いので現場は外から見ても足場で囲われていて通りかかっただけでは全貌が見えないんですよね。
だから実は新築の住宅が完成した直後の状態ってあまり見る事がないんです。

 

新しい家は木のとてもいい匂いがしました。

 

最近の住宅は比較的新建材が多くて、無垢の木はごく一部にしか使われてない事が多いんですが、部屋の中にいるととてもいい木の匂いがしていました。
新しい家に入ると自分の家でもないのになんとなくウキウキしてしまうのは何ででしょうね??
私自身が自分の家を新築する事は流石にないと思うので新しい家の雰囲気を堪能した日でした。