姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

釉薬瓦はいつでもすぐに用意出来ると思いこんでいました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
事務所のエアコンが新しくなりました。昨年の冬あたりからちょっとずつ効きが悪くなってきてたんですが、今年の猛暑の時に効いたり効かなかったりしてたのでそろそろ限界かと思ってたら先日、全く効かなくなりました。事務所を建てた時に設置したものなので10年以上頑張ってくれてた事になります。天井にビルトインしているタイプのものなので同じ規格のものがすぐにあるか心配でしたが無事見つかりました。
事務所の中は禁煙にしているんですが、古いエアコンと新しいエアコンが並ぶとびっくりするくらい変色している事が分かります。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180920191403j:image

 

これまで釉薬瓦は大量に出る事はなくてもコンスタントに使っていました。

 

銀色(灰色?)、青、赤、緑などなど釉薬瓦は本当にたくさんの色があります。40年くらい前に大流行した事があって、今ちょうどメンテナンスの時期を迎えている住宅によく施工されています。
私が瓦の仕事に就いた頃にはまだ葺き替えや新築でもシルバーと呼ばれる銀色?灰色?の瓦などは選ばれていたんですが、最近はそういう大量に使う工事ではほとんど使われなくなっていました。
とは言っても修理工事ではコンスタントに使っていて、メーカーや問屋に注文すればすぐに用意してもらえるものやという認識でした。

 

淡路産の瓦が欠品の嵐です。

 

ところが大阪北部地震から続く災害で修理工事の需要が急激に高まって淡路島で製造している瓦が次々に欠品するようになったんです。
事情を聞いてみるとそもそも釉薬瓦はある程度在庫が溜まるとそれ以上増えないように窯を止めて製造を休止していたとの事です。確かに作っても売れなければ不良在庫になってしまいます。災害で多少需要が増えたとしてもこれまでの在庫で十分に対応出来ていたんですね。それが今年の災害で一気に需要が増えてしまって在庫がなくなってしまったとの事でした。
特に関西圏では淡路島の瓦をよく使っていたので今回の台風で関西全域から注文が殺到したようです。

 

問屋さんも大混乱です。

 

産地のメーカーから我々の所に瓦を配送してくれている問屋さんも混乱の極みにあるとの事でした。常に産地へトラックを走らせて瓦を輸送しているけど、それでも追い付かないようです。産地から引き取ってくるだけではなく県内にある瓦工事店に配送もしているので、人手が全く足りなくて当然ですね。
当社は比較的問屋さんに近いので引き取りに行くんですが、ここ2ヶ月くらいは問屋さんを訪ねても事務員さんしかいないという状況が続いています。
業界が一丸となって復旧に努めていますが、まだまだお待たせしてしまっている状況は改善出来ていません。順番に1軒ずつ進めているのでご不便をおかけしますが今しばらくお待ちください。

災害が起きた時に「想定外」はダメですよね。「想定以上」なら分かるけど。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
台風21号から2週間ほど経ちましたが未だに修理工事の見積もりのための現場調査の依頼の電話が止まりません。とは言っても姫路はそれほど大きな被害が出ていなくて依頼もほとんどが神戸以東です。それだけ広範囲に被害が広がっていてどこの瓦屋さんも手一杯になってるって事なんですが。今日も「どこかすぐに動ける瓦屋さんを紹介して欲しい」って電話がありました。「そんな瓦屋さんがあったら紹介せずに自分とこの仕事をしてもらってるなぁ」なんて思いながら「厳しいですねぇ」って返事するしかなかったんですが。

 

東日本大震災以降、よく「想定外」という言葉を耳にします。

 

かなり前になりますが、ホリエモンこと堀江貴文さんが「想定内」という言葉で「新語・流行語大賞」を受賞されていましたが、その後「想定外」という言葉がよく使われるようになった気がします。特に東日本大震災の後の福島第一原子力発電所の事故の時から災害の度に「想定外」という言葉が出てきているような気がします。
想定外って「そのような状況になると想定していなかった」って事なんですよね。近年は自然災害の規模が大きくなっているので、分からなくもないんですが、「想定していなかった」って事自体に大きな問題があると思います。

 

「想定以上」なら分かるんです。

 

災害対策って基本的には安全側で対策を取るはずなので、例えば大雨などでも過去のデータから最大雨量を抜き出して、その雨量でも大丈夫だと思われるレベルの対策が取られているはずなんです。
でも最近の報道では「想定外の雨」というような表現になっているような気がします。想定外って事はそんなに大きな雨が降るとは思っていなくて油断していたって事でしょうか??「想定以上の雨」って表現になっている時もあるんですが、何かというと「想定外」という言葉が飛び交っているイメージが強いんですよね。

 

瓦が進化してもそれ以上の雨が降るようになりました。

 

一般に「和瓦」と言われている「桟瓦(J型瓦)」が今の形になったのは江戸時代初期ごろと言われています。今と全く同じ形ではなかったにしても似た形になっていたという話なんですが、その頃には今の瓦のような「水返し」はありませんでした。雨が瓦の表面を流れていく時に瓦と瓦の隙間から毛細管現象でいくらかの水が瓦の内側に入っていくんですが、昔は瓦の下に土を置いて施工していたのでその土で中に入った水を吸収していました。それが土を置かない空葺きが主流になるにつれて毛細管現象で入った水をせき止める形に進化していったんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180919195307j:image
でも今回の台風ではその「水返し」を超えて雨漏りした事例がかなりあったように思います。普段の雨では雨漏りしてなくて、台風の時だけ雨漏りするという場合ですね。
昔からあるけど時代の流れと共にしっかりと進化しているのにそれが追いつかないというのも悔しいです。

粘土を触ると大人も子供も本気で時間を忘れます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
会議と懇親会に出ていたら久し振りに日をまたいでしまいました。翌日がしんどいけど物凄く刺激になる会議なので夜遅くなっても楽しいです。

 

淡路島で瓦コースター製作体験をしてきました。

 

昨日は明石高専建築会のイベントで淡路島の大栄窯業さんのGALLERY土坐にて瓦コースター作成体験に行ってきました。高専建築会の執行役員のメンバーとその家族が参加してそこに瓦組合の青年部からも3名来てもらって交流という形にしたんです。
高専建築会と瓦組合の青年部、どちらも私が役員として関わっているのでコラボ出来ないかなぁって考えてた事がやっと実行できました。
GALLERY土坐には何度もお邪魔しているし、コースターを購入したりは何度かしているんですが、実は瓦コースターの製作体験は初めてやったので、ちょっとドキドキしてたんです。特に今回は小さい子供さんも参加で退屈しないかという事も気になってたんですが、いざやってみるとみんな作っている間は熱中して時間を忘れてしまいました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180919011356j:image

 

粘土を触るのは時間との闘いでもあります。

 

瓦コースターに使われている粘土は毎年小学校で教えている鯱作りの粘土よりも水分量が少なくてかなりしっかりと固めてあります。だから手に取っても粘土が指にくっつかないんですが、その分時間をかけ過ぎると乾いてしまって細かなひび割れが出来たりしてしまうので、集中するのはいいけど時間との闘いでもあるんです。
使う道具は私が子供の時、まだ当社が製造していた頃に職人さんが使っていた道具で手に取るとめっちゃ懐かしい感じがしたんですが、そんな事を思うのは私だけやったみたいでみんな真剣な顔をしてコースターに向かっていました。

 

売っているものを自分で作り上げるのも楽しいです。

 

実は瓦コースターが欲しいだけなら買おうと思えばいくらでも買えるんです。GALLERY土坐さんにもたくさん置いてあるし、ネット通販でも買えます。でも淡路島まで行って、大栄窯業さんを訪問してあの場所で粘土に向かうという体験が特別なんです。
前からやりたいと思いながらなかなか機会に恵まれなかったので、今回の企画を実現出来て本当に良かったです。
体験後の食事はもちろん「かわらや」さんで、ゴールデンポークの瓦焼き。屋根の上に葺いてある瓦そのものが鉄板や網の代わりに七輪の上に置いてあって、そこで肉や野菜を焼くんですが、初めての人にはとてもインパクトがあるみたいです。
組合から参加したメンバーの中にもコースターも瓦焼きも初めてのメンバーがいたみたいで喜んでもらえたのがよかったです。

1つの事に集中し過ぎると覚えておきたかった事まで忘れてしまいます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
昨日から少し気温も湿度も高いですね。涼しくなったと油断してたので汗ばむ陽気で体調管理が難しくなっています。今日も暑くて外に車停めてたら車の中が真夏みたいに暑くなってました。
夜はもう秋の虫の声が聞こえてるのに残暑が戻ってくるのは反則ですよね。まぁ、今年の夏の暑さは異常やったから残暑っていってもかなりマシなんですが。

 

脱出成功率5%は難しすぎです。

 

先日参加してきた名探偵コナン×リアル脱出ゲーム「公安最終試験(プロジェクト0)からの脱出は今まで参加した脱出ゲームの中でも指折りの難易度でした。なんせ脱出成功率が5%です。私が参加した回でも20チーム中成功が1チームだけ。去年から今年にかけて結構脱出に成功していたので今回もと意気込んでいたので見事に撃沈しました。
何が悔しいって最後に出題された謎の解答を見せてもらえるんですが、全部納得出来てしまって、「ちゃんと気付いていれば出来てたやん!」って思わされてしまうのが悔しいんです。そして次こそは!と別の公演に行ってしまうんですよね。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180917192153j:image

いろいろな状況や前提条件を忘れてしまうんです。

 

リアル脱出ゲームは基本的に60分以内に全ての謎を解き明かして、事前に設定された「脱出成功」の条件を満たすというゲームです。なぞなぞや数字パズル、クロスワードパズルの他にもいろんな謎が用意されていて、それを仲間と協力して解いていくんですが、60分という時間制限と次々出題される謎の多さで最初に与えられた前提条件や状況を忘れてしまうんですよね。
始まって状況説明があった直後はしっかりとメモしてるんですが、いざ謎を解き始めると見事に頭から抜けてしまうんです。

 

成功率が低いからこそたくさんのファンがつくんです。

 

こういう謎解き型のゲームって普通は比較的成功率高めに設定してあります。成功しないと楽しくないのでリピーターがつかないという考えだからです。でもリアル脱出ゲームに関してはこの成功率の低さがファンを引き付けています。
謎が理不尽なくらいに難しいわけでもないし、特殊な知識を必要としているわけでもない。与えられた状況の中に答えや答えを導き出すヒントが散りばめられていてそれに気付くかどうかが成功の鍵になっているから、解答を聞いた時にみんな納得して脱出に失敗してもまた次の公演に行こうって思うんです。
成功体験を積み重ねるのも大事やけど、失敗した時に何故失敗したのかが納得出来る形で示されるというのは成功した時と同じくらいの感動を与えてくれます。
仕事にも同じ事が言えるかもしれませんね。

畳、障子、襖、瓦。和のものが見直されてきています。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
久し振りに雨の心配をしなくてもいい1日やったような気がします。現場も雨で休みが続いていた現場は職人さんが出てくれて工事完了に向けてやっと再始動出来たかなぁ。
着工当初の工期には間に合わないけど、それでも1日も早く仕上げたいですね。

 

国内ではなく海外で「和」が評価されています。

 

ここ数年で海外から観光に来ている旅行者が爆発的に増えました。最初は都会や整備された観光地が人気やったみたいですが、最近ではそういうところよりもむしろ昔からの日本の文化を感じられるところに人気が集まっているようで、観光客慣れしていない地域では困っている部分もあると聞きました。
そんな中で日本国内での評価よりも海外で高い評価を得ているのが「和」の文化に関するものです。和食や着物などはもうかなり前から海外で評価を受けて、その評価が日本に逆輸入という形で入ってきて見直されつつあります。日本人が「オシャレ」と感じるものは海外では奇抜に見えて、逆に「野暮ったい」とか「地味」と思われているものの評価が高いんですよね。

 

建築に関しては2歩も3歩も遅れています。

 

「衣・食・住」の中で「衣」も「食」も見直されているのに「住」に関してだけはいつまで経っても評価が安定しません。若い年代では少しずつ和風建築の方が良いって言う人が増えてきていますが、相変わらず新築の家では畳や障子、襖を使った家は少数やし和瓦を使った家も激減したままです。
生活の欧米化が進んでいる事が要因としてよく挙げられていますが、それだけじゃなくて生活様式が大きく変わってしまったのが主な原因ですね。法事や慶事で家族以外の人が公に家を訪問する事がなくなって応接間や仏間を不要やと判断してしまったんですよねぇ。そしてそういう「ハレ」の場が家の中になくなると家はよりプライベート空間になってしまいます。昔は家ってプライベートとパブリックと両方を持ち合わせていたんです。

 

海外での評価が高くなると国内でも見直されます。

 

海外で日本の「和」の文化が評価されているのはその「精神性」です。日本では宗教というと良い印象を持たれない事が多いんですが、海外では教育とか人間形成と宗教が深く関わっていて分ける事が出来ないんです。日本は宗教に頼らず生活様式の中にそういった教育や倫理観などを組み込んできました。それが評価されているんですが現代日本生活様式が変わってしまってその精神性を見失いかけています。
それが海外で評価を受ける事によって国内でも少しずつ見直されてきているんですよね。まだまだ動きとしては小さいし、経済的な影響も大きくはないんですがこれから確実に大きな動きにはなります。
先日、一八会の仲間と例会の打ち合わせをしながら商売の話をしていて確信しました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180916225039j:image

問題を先延ばしすればするほど後で大事になってしまいます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
昨日、放送があった「全国高等学校クイズ選手権 高校生クイズ2018」に母校である明石高専兵庫県代表として出場していたようです。出場するとは聞いていたんですが、放送日などをしっかりチェックしていなくて、気が付いてテレビを付けた時にはもう敗退した後で後輩たちの活躍を見れなかったんですが、兵庫県には「灘高校」という強豪がいたのに代表を勝ち取った事は本当にスゴイ事です。

 

順番に伺っています。

 

未だに台風20号、21号の被害調査が終わりません。3件現場調査に行ったら新たに3件増えるといった感じでいつまで経っても「まだ来てもらえませんか?」っていう電話がかかってきます。雨の予報が出ると一度調査に行った現場から、「応急処置だけでもどうにかなりませんか?」という電話もかかってきてパニックになります。
なんとかお客さんが安心できるように各現場を回っているんですが、本格的な修理を全て終えるのは年を越してしまいそうな勢いです。依頼があった順番と遠方であればその地域でまとめて回れる段取りとを組み合わせながら頑張っています。

 

雨漏りを放置するとどうなる??

 

そんな中、このまま放置しておくと被害が拡大してしまうという現場の応急処置にも行ってきたんですが、これが曲者でした。お客さん曰く「前から雨漏りはしてたんやけどこの度の台風で壁が落ちてしまう程の雨漏りになった」との事。
上がってみたら瓦はボロボロ。割れた瓦を撤去してみると土葺きの土が濡れて水を含んだままの状態なうえに野地板が腐ってしまって屋根に穴が空いているんです。今回の台風の被害だけでは絶対にこんな事にはならないと言い切れます。お客さんに確認してみると「前からの雨~」というのが「阪神淡路の震災の直後くらいから」というんです。もうかれこれ20年以上前から雨漏りしているのを放置してたって事ですね。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180915174940j:image

 

「誰に修理を頼んだらいいのか分からない」は我々業界の人間の怠慢です。

 

応急処置のつもりやったのでそれほど多くの資材を持っていってなかったんですが、なんとか出来る範囲でこれ以上の雨漏りはしないように処置しました。しかし瓦を並べてしまうと野地板の穴が隠れてしまうので、本格的な修理に行った時に知らずに瓦に乗ると瓦ごと家の中に落ちてしまいかねません。瓦に「ノルナ」と注意書きをして現場を離れたんですが、お客さんと話をしていると近所に瓦屋さんがいないとの事。
実際にはそんな事はないんですが、修理をしたり定期的に点検したりしてくれるような瓦屋さんがいなくなってしまって、誰に頼んだらいいのか分からないと仰ってました。
これは我々瓦業界の怠慢です。ほとんどの瓦工事業者は大工さんや工務店さんの下請けとしてお客さんの所に行ってるので自分でお客さんとの繋がりを作ろうとしてこなかったんです。瓦の仕事が減ったって嘆く前に自分が取りこぼした仕事をしっかりと見つめ直さないといけないと感じました。

他人にもモノにも無関心で自分の事だけって楽しいのかな??

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今年の春くらいから着工予定していた加古川登録文化財「大歳家住宅」の瓦工事、やっと着工して瓦揚げまで進める事が出来ました。瓦降ろしが梅雨前で梅雨の長雨や台風、猛暑で大工さんの野地面の工事が進まなかった事や長雨や台風の影響でなかなかこちらが職人の確保出来なかった事などが影響して着工出来たのが8月末。そこから台風20号、21号とその後の悪天候で着工してからも工事が進まなかったのが原因です。
瓦が揚がってしまえばこっちのものって思ったらまた天気悪くて困ります。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180914181520j:image

 

「お客さん」で括ってしまうと顔が見えなくなります。

 

毎日、現場調査でお客さんや取引先の人と会っていろんな話をします。取引先はともかくお客さんははじめましての方がほとんどなので、現場調査に伺う時は少し緊張するんですが、それでもいろんな人と話をするのが楽しくて刺激になります。「自分の所を何が何でも一番に工事して欲しい」って人も居れば「こんな小さな工事で申し訳ない」って仰るお客さんも居るので「このお客さんにはどういう風に話したら納得してもらえるかな?」って考えるんですが、これを面倒だと思うと商売は出来ません。

 

人間関係が難しいのは今に始まった事ではありません。

 

よく人間関係に悩む人が増えたって話を聞きますが、人間関係の難しさって今も昔もそんなに大きく変わっていないと思うんです。ただ、交通網の発達やインターネットなどの情報網の発達によって関わる人が増えた分だけ規模が拡大してしまっただけです。
元々10人くらいの人としか話した事がない人がいきなり100人の人と交流を持ったら混乱しますよね?
学生時代って自由な時間はかなりあるけど、関わる人ってそんなに多くないと思うんです。それが社会人になったらいきなり爆発的に増えてしまって混乱して難しく感じるしそこで引きこもってしまうと慣れる事も出来ないからいつまで経っても苦手なままなんですよね。
私自身も社会人になった頃から一気に広がって混乱しました。

 

無関心は楽しいって気持ちも奪っていきます。

 

人付き合いが苦手になってしまって自分の殻に閉じこもって、外への関心をなくしてしまうと楽しいって気持ちもなくなって感動出来なくなります。それが余計に周囲への無関心に繋がっているんですよね。
そういう意味ではSNSって「楽しい」を共有する場としてもってこいです。ただ、いきなり広がり過ぎると自覚がないまま混乱して疲れてしまうんですよね。
仕事って日々の生活の糧を得る生業でもあるけどそれだけになってしまうと楽しくなくなって続かないです。他の人との関係性を楽しめるようにならないとなぁって、某芸能人の轢き逃げ事件のニュースで通行人が無関心やったという記事を見ながら感じました。