姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

大正~昭和初期にタイムスリップした気分でした。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
暑い中にも秋の空気が少しずつ感じられるようになってきましたね。セミの声もクマゼミの集団の暑い鳴き声からツクツクボウシの声にシフトしてきてちょっとホッとしてきました。

 

最新の設備の揃ったホテルもいいけど・・・。

 

先日の伊勢への旅行では伊勢市に到着したのが22時を過ぎる事が分かっていたので、宿は寝るだけのつもりやったんです。それでも嫁さんがあれこれ調べてくれて料金的にも雰囲気的にも良さそうな宿を選んでくれました。
それが大当たりです。設備的な面で言えば最新のRC造のホテルと比べたらいろいろ足りないところはあるんですが、木造の建物の雰囲気が最高に良かったんです。
宿のH.P.にも通気性は良好ですが機密性は良くありませんと書いてあるように完全木造で自分たち以外の宿泊客の気配がはっきりと分かるんですが、和室でのんびり寛ぐ雰囲気としてはそういう建物の方が気が休まるような気がします。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170821215853j:plain

中庭の水琴窟がいい音を出してました。

 

建物が中庭をぐるっと囲む回廊のように配置されているんですがその中庭には水琴窟があります。水琴窟って博物館みたいな所で見る事はあっても実際に庭にあってその音を聞く機会ってなかなかなくて新鮮でした。暑い夏が少しだけ涼しくなるような音色で時間を忘れそうになります。
f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170821215922j:plain

お風呂も家族風呂でゆっくり入れるし、談話室には蓄音機もあって建物の雰囲気と相まってタイムスリップした気分に浸れます。
ちなみに建物は一番古い部分が大正年間のものらしく新しい部分も昭和初期で旅館としての創業は昭和元年との事なのでこの雰囲気が壊れないまま残っている事が嬉しいです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170821220027j:plain

次はもっとゆっくりの日程で泊まりたくなります。

 

今回は夜遅くに到着で朝早くに出発やったのであまり宿の雰囲気を堪能してる時間がなくて目立つ所しか見て回れなかったので、次はもっと早くにチェックインして館内を探索していけたらなぁって思います。ここに泊まると他の宿泊客の人とも仲良くなれそうな気がします。
立地もJR伊勢市駅から徒歩3分やし、外宮まで1kmほどと近くて車じゃなく電車でのお伊勢参りにもちょうどいい所でした。
これまで泊まりでお伊勢参りに行った事がなかったのでこんないい宿が近くにあるなんて知らなかったのでかなり嬉しい大発見になりました。

美(うま)し国三重は美味し国でした。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
何やら東京では8月入ってから毎日のように雨が降っているなんてニュースになってますね。8月の気温で梅雨みたいに雨が降ったら蒸し暑くてたまらんなぁって思いながらニュース見てました。

 

伊勢神宮は相変わらずの人の多さでした。

 

昨日、仕事を終えてから出発して三重県伊勢市まで行ってきました。毎年の家内行事にしているものなんですが、両親から「今年からあんたらだけで行って来て」って言われたんです。
毎年夏に行ってるんですが、さすがにここ数年、猛暑のなかお伊勢参りに行くのがしんどいって事らしいです。
まぁ、早朝に出発して日帰りでお参りしてたのでしんどいのは当然なんですが。せっかく行くのに日帰りするのはしんどいので1泊しようと思ったんですが、仕事の事もあるので仕事が終わった後に出発する事にしたんです。
いくら早朝に出発しても着く頃にはいい時間になってて人も増えてしまうのでお参りにかかる時間も増えてしまうんですよね。1泊したらかなり早い時間からお参りに行けるのでかなり楽に行けます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170820223944j:plain

美味しいものがそこら中にあって油断できません。

 

宿を素泊まりのプランにしてたので朝食から外食したんですが、今日の一番の大当たりがこの朝食でした。
伊勢神宮外宮のすぐ前にある「せきや あそらの茶屋」の朝かゆです。私は鮑の朝かゆ、嫁さんは鯛の朝かゆを頂きました。粥やからそんなにお腹に溜まらへんやろうって思ってたんですが、想像以上にしっかりとした朝食で、ちょっと値段は高めやけどそれだけの価値があるって思いました。
何よりもお粥が美味しい!伊勢神宮の田んぼで作ったお米「伊勢ひかり」の粥だそうですがセットでついてくるタレが美味しくてお粥とタレがお替り出来るとの事で2杯食べてしまいました。もちろん鮑も鯛も美味いし、他のおかず類も絶品でした。
なかなか朝食の時間に外宮のあたりに居れる事がないので存在は知っていたけど縁がないものやと思ってたので食べれて良かったです。

www.facebook.com

伊勢神宮といえば赤福ですが、夏の赤福が最高です。

 

伊勢神宮と言えば定番のお土産は赤福餅ですが、夏と冬には現地でしか食べられないスィーツがあります。冬は「赤福ぜんざい」夏は「赤福氷」です。
どちらも赤福餅を使ってるんですが、赤福氷は抹茶シロップのかかったかき氷の中に赤福餅が入ってるんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170820224055j:plain


外宮と内宮の両方を歩いてお参りしてその後におかげ横丁をうろうろして歩き疲れて汗だくになった時に食べると至福ですね。
もちろん普通の赤福餅はお土産として買って帰るんですが、昔はその場で食べられるのは普通の赤福とお茶だけやったので、持ち帰りの所の行列が凄かったんですが、最近はイートインの方の行列がエラい事になってます。
内宮前のおはらい町とおかげ横丁はちょっと歩くだけでも色んな誘惑があってついつい食べたくなってしまうようなモノばかりで美し国は美味し国やなぁって実感しました。

知れば知るほど楽しくなるのか歴史です。


こんばんは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。

今日、8月19日はバイクの日だそうです。819の語呂合わせでバイクの日らしいんですが、それを二輪業界が全くPR出来てません。

もったいないなぁ。

 

学校で習った歴史って薄っぺらい?

 

学校に行ってる頃は歴史が苦手でした。似たような名前の人物と年表を必死で覚えてテストが終わったらすっかり忘れてまた次の時代へ。そんなやり方が間違ってるって今ははっきり分かるけど、当時はそれが一番手っ取り早いと思ってました。

日本史の幕末の頃の話は好きやったけど、やっぱり年表が出て来て、新撰組の話とかは授業でも一瞬出て来た程度です。

学校のカリキュラムがそういう授業にしないと消化しきれないって裏事情は大人になってから知ったけど、学生の間にもっと歴史についてもっと勉強したら良かったって後悔ばかりしています。

 

臭いモノに蓋をしてもなかった事にはならない。

 

私が中学生くらいの頃はまだまだ身近に戦争経験者が元気に暮らしてて、当たり前のように戦争の話も聞かせてもらえました。

それが学校の授業では戦争の話ってほぼしません。別の特別な授業なんかで戦争の話は聞かされるのになんで戦争になったかとかどういう経緯で敗戦を受け入れたとかそういう話を知ったのは恥ずかしながらつい最近です。

当たり前の事やけど戦争は絶対にやっちゃいけないと思います。でも過去にやらかした事はなかった事には出来ません。何が悪かったのかって考える機会がないままとにかくダメっていうのは教育としては問題ありじゃないかと思います。

 

歴史は繋がってる。だから面白い。

 

幕末が好きやっていうのはさっきも書いた通りやけど、この幕末の人間模様を掘り下げていくと、戦国時代に行き当たります。その戦国時代の話もそれより前の時代から繋がってるんです。そうやって突き詰めると行き着く先は神話の世界になってしまいます。

 


f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170819235811j:image

イザナギイザナミの話ですね。大和朝廷が自分たちの正統性を宣伝する為に使われたと言われてますが、そこに登場する神様がとても人間臭い事にとても共感を覚えます。

歴史って年表て見るから分断されてしまって訳がわからなくなるけど一連の続きもののドラマとして見たらめちゃくちゃ面白いんですよね。

デッカイって事はそれだけでスゴイ事ですね。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
夏の天気といえば晴天やのに急に降って来る夕立やと思ってたんですが、最近は夕立ってあまり降らなくてゲリラ豪雨になってしまってますね。今朝も明け方に急にゴロゴロ言いだしたと思ったら警報出るくらいの雨でびっくりしました。

 

宅建築もいいけどたまには大規模構造物も面白いです。

 

仕事で携わるのは基本的に個人の住宅なので建築のなかではかなり規模の小さいものです。でっかい家やなぁって思うような現場でも建築物としての規模で言えば小さい方なんですよね。
なんでそんな風に思ったかっていうと、先日お盆で滋賀県内をうろうろしてた時にたまたま立ち寄ったダムでその大きさに圧倒されたからです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170818222521j:plain


ダムに行った事がないわけじゃないんですよ?それでも普段自分が関わってるものとはスケールがまるで違う構造物に触れるのって面白いなぁって思ったんです。
こんなに大きいモノを作り上げてしまう人間の力をすごいなぁって思うのと同時にこれだけのものを作らないと対抗できない自然の力の大きさも感じました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170818222550j:plain

 

規模は違っても許される誤差は同じくらいです。

 

構造物の規模のサイズに関わらず許される誤差ってそんなに大差ありません。どれだけ大きくなっても数mmの誤差に収めないと機能や強度、見た目に影響が出てしまうんですね。
瓦の製品の誤差はだいたい1分(3mm)程度ですね。たった3mmやけどそれだけで雨漏りの原因になったりならなかったりするんです。
屋根の上って地上から見上げると目線が遠くて3mm程度の誤差はほとんど分かりません。屋根の上に上がってじっくりと観察してやっと分かるレベルです。
ちなみにビルの柱を立てる時でも柱の根本と頭の部分の垂直の傾きはパッと見て分かるレベルではありません。それでもビルが高くなると無視できなくなるんです。

 

大きいって事はそれだけでスゴイ事です。

 

兵庫県の南部に住んでると大規模構造物って言われて一番に思い浮かぶのが「明石海峡大橋」ではないでしょうか?一時期はギネス記録で「世界一長吊り橋」に認定されていた事もある橋ですが正直渡っている時はあまり大きさを感じません。道路って認識があるからかなって思います。橋の下を歩いてみるとその大きさに圧倒されてしまいますが。ダムも同じで自分の足で歩いてみるとその大きさを実感出来てちょっと眩暈を起こしそうになります。
大きいって事はそれだけで技術的、経済的に優れているって証拠なんやと思います。
もっともそれで自然を克服できたと思ってると手痛いしっぺ返しをもらってしまうので、油断しないようにしないとです。

年相応な言葉遣いが出来るようにならないとです。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
家で作る餃子ってついつい食べ過ぎますね。作りながら食べるから余計に食べてしまうんですが、珍しく晩酌もしてしまったので程ほどで済ませようと思ってたのに結局満腹になってしまいました。八分目くらいで抑えないとなぁ。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170817225121j:plain

年相応にする事も大事です。

 

私は今年40歳になったんですが、はっきり言って中身は20歳の頃とそれほど変わったとは思ってません。自分が20歳の頃に思い描いてた40歳ってもっと大人やと思ってたんですよね。
でもきっと今20歳の人からは年齢なりに見られてるんやと思います。きっと20年後に同じように思うんでしょうね。
何が違うかって考えてみたんですが、自分でも当時とはっきり違うって分かるのが言葉遣いですね。家の中やプライベートで話してる言葉は20歳の頃とそれほど変わってないと思うけど、仕事など「外」での言葉遣いが違います。
もちろん、人によって立場も違うし求められる言葉遣いも違ってくるとは思うんです。

 

語彙の数がとても少ない事が気になる。

 

最近入社した若い子もそうなんですが、学生さんと話をしてて感じるのが語彙の少なさですね。話してる感じとして成績だけじゃなく頭も良いのがはっきり分かるんですよね。
それやのになんか話をしてると言葉が出てきてないんです。話してる内容からこういう事が言いたいのかな?って推理して言葉を足すと「それそれ!」って。
活字離れが進んでるって話をよく聞くけど、紙媒体の本を読まないだけで電子書籍などでは読んでるんじゃないかな?って思ってたんですが、実際に活字離れが深刻なレベルになってるんですね。

 

言葉は全ての下地やと思います。

 

勉強にするにしても仕事をするにしても遊ぶにしても「言葉」って基本の基本で下地になるものやと思っています。英語が出来る方がいいって風潮がありますが、頭の中で物事を考える言語が英語やったらいいんですが、日本で生まれ育ったら基本的には日本語ですよね?日本語の下地があってそれを英語で表現出来るならそれが一番やけど、日本語の語彙が少ないままやと結局話す言葉は薄っぺらいままになってしまうと思います。
電車に乗ってもみんなスマホを見てる光景を目にするとちょっと怖いって思うんですが、それが当たり前になるのがもっと怖いです。SNSでの発信をやるようになってスマホを見る時間が多くなってけど、スマホを見るのが癖にならないように気を付けないとなぁ。

瓦の寿命は目で見て分かるもの??

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
お盆休みも終わって今日から通常営業です。とは言うものの3日休むとなかなか体が仕事モードについてきません。夏の暑さを甘くみたらダメですね。

 

瓦ってどんな状態になったら寿命が来たって言うか考えてみた。

 

私たち工事業者が瓦屋根を点検してお客さんに葺き替えを勧める時に「寿命です」って言葉を使う事があります。
この「瓦の寿命」ってどんな状態の事を指してどう説明するか考えてみました。
お客さんにしてみれば「寿命です」の一言で修理で済むと思っていたものが葺き替えになってしまうんやから専門用語でなんとなく分かった気にさせるんじゃなく全く瓦の事を知らない人にも分かるようにしないといけないなって先日現場調査に行った時に思ったんです。

 

「瓦」そのものの寿命と「瓦屋根」の寿命の違い。

 

一口に「寿命」といっても瓦そのものがダメになってる場合と瓦は大丈夫でも屋根全体としてみたらダメになってる場合があります。
古い瓦は土葺きといって瓦の下に土が置いてあって、その土の接着力を使って瓦を固定してある事が多いんです。この場合、土の接着力がなくなって上に葺いてある瓦がズレてしまったり、土ごと屋根の軒先の方にズレてしまったりした状態になると「寿命」であると言えますね。
土と瓦の重量が軒先にかかってしまって軒先が下がってしまったり、瓦がズレて樋でかろうじて引っ掛かってる状態になっていたりしていて屋根の上の方、棟の近辺は瓦の重なりがなくなってしまって隙間ができたりしてしまいます。
この状態になると点検に上がった時に踏んだ瓦がズレて抜け落ちたりする事もあって、とても危険なんです。

 

瓦そのものの寿命は見た目で分かります。

 

瓦そのものに寿命が来ている場合にはもっと分かりやすいです。基本的に屋根の上に施工された後の瓦というのは外部から力が掛からない限り割れる事はありません。たまに台風で飛ばされたものが当たったり、ボールが飛んできて割れたり、鳥が咥えていたものを落として割ったりする事もありますが、極まれです。
そんな瓦が割れる原因の1つが「凍て」です。古い瓦の場合焼きが甘くなってしまう事があります。その場合、瓦は水を吸うようになってしまう事があります。この瓦に吸われた水分が冬場に瓦の内部で凍結してしまうと起こる現象でせんべいの様に瓦が層になって剥がれてしまいます。現在は窯の温度や火の回り方などをコンピューターで制御しているので凍てが入る事はほとんどありません。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170816212526j:plain


もう1つが土を使わない空葺き(引っ掛け桟葺き)で瓦を留めつけている釘が鉄釘や亜鉛釘を使っている場合に起こる「引き割り」です。鉄釘や亜鉛釘というのは時間が経つと錆びてしまうんですが、錆びた釘は膨張します。そして釘穴よりも釘が大きくなってしまった時に起こる現象です。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170816212600j:plain


どちらも屋根にたくさん使われている瓦の数枚だけに起こる現象ではなく、1か所見つけたら近い将来全面に同じ症状が出ると考えた方がいいです。
どちらも屋根に上がったら比較的すぐに分かるので定期的な点検を忘れないようにして頂きたいですね。

食べ放題で自分が思ってるほど食べられなくなってました。

こんばんは。


滋賀県から帰ってきました。姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
3連休ってあっという間に終わりますね。明日からまた気合入れて仕事に励みます。

 

滋賀県の名所を巡ってみました。

 

嫁さんの実家に帰省して2泊したわけですが、今日は朝イチで長浜を出発してバウムクーヘンで有名なCLUB HARIEの守山玻璃絵館に行ってみました。目的はカフェのペーストリーブッフェ(スィーツバイキング)です。到着したのが9時過ぎやったんですが、それで予約出来たのが14時45分という人気っぷりです。
5時間くらい時間が出来てしまったので足を伸ばして近江八幡のかわらミュージアムへ。実は行った事なかったんです。
近江八幡ヴォーリズが拠点としていた都市で彼が創設した近江兄弟社もあり町並みは「伝建地区」に指定されるくらい歴史的な町並みがしっかり残っていてまち歩きしても楽しいところです。
滋賀県って何気ないところに歴史を感じさせるものが残っていていくらうろうろしても飽きないですね。

 

かわらミュージアムは「なるほど」がいっぱいでした。

 

かわらミュージアムの展示内容そのものは瓦の仕事をしている者としては知っていて当たり前の内容がほとんどやったんですが、瓦の事をあまり知らない人向けにPRするという風に見ると「なるほど!」って納得出来るやり方があちこちに取り入れられていました。
こういうミュージアムって奇抜なデザインで周囲の景観の事が考えられてなかったりする事が多いので、近江八幡の町並みやお堀などの風景にしっかり馴染んでいて風景を一緒に作っている事が何よりもいいなぁって思います。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170815221944j:plain


焼き立てのバウムクーヘンはめちゃくちゃ旨かった。

 

そんなこんなで時間を調整して再度守山へ戻り、いよいよブッフェ開始です。90分入れ替え制で1人2160円(税込み)で飲み物も焼き菓子も生菓子も焼き立てのバウムクーヘンも食べ放題です。
ここでしっかり食べるって決めて昼食抜きにしてたのでめっちゃ空腹になってて、開始と同時についついペースも考えずにケーキやバウムクーヘンをがっついたら30分くらいで満腹に。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170815221908j:plain


甘いモノだけじゃなく、キッシュやパイ生地のピザなど塩気のあるものもあり、甘いのとしょっぱいのとを交互に食べてたんですが、自分で思っていたほどたくさん食べられなかったのがちょっとショックでした。
それでも焼き立てのバウムクーヘンの美味しさは別格で3回ほどお替りして堪能出来たので満足です。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170815221843j:plain