姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

屋根の上は暑いっていうけど実際、何度になってる??

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
まんが日本昔ばなしで語り手をされていた常田富士夫さんが亡くなられたというニュースに驚きました。もう81歳になられていたんですね。アニメのまんが日本昔ばなしが終了してからすっかりお声を耳にする機会がなくなってた事もあって、久し振りに名前を見たのが訃報やったのが残念です。
子供の頃によく見ていたアニメの声優さんも一人また一人と鬼籍に入られて行く事に年齢を感じてしまいます。


大雨の後、暑い日が続き過ぎです。

 

夏は暑いモノとはいうけど、梅雨明けしてから連日暑過ぎですよね。毎日現場で仕事してる職人さんも夕方にはフラフラになって帰ってきています。私も現場調査で走り回っているんですが、屋根に上がって汗だくになって車のエアコンで冷やして・・・というのを繰り返す生活になってしまっています。
毎日のように熱中症で何人搬送されたってニュースを目にしていて、亡くなられた方もたくさん出ているようでテレビでも注意を呼び掛けていますが、我々の仕事は暑いからといって休んでいると仕事出来る日がなくなってしまうので、夏場は効率を度外視して休憩しながら作業するようにしています。

 

天気予報の最高気温って低いですよね。

 

よく天気予報で見る「最高気温」ってどこで測ってるかご存知ですか?あれって芝生の上で1.5mの高さにある百葉箱の中で観測された気温なんですよね。つまり日射の影響を受けないようにしてある温度なんです。
その中で観測された温度が今日の姫路の場合で35.1度やったわけですが実際に外出した時に35.1度で済む場所の方が少ないですよね。
直射日光が当たると体感温度はもっと上がるし、地面や建物からの照り返しも直射日光と同じくらい暑いです。もちろん瓦も。
今日は現場で作業していたので上からも下からも赤外線を浴びてコンガリと焼かれている気分でした。

 

屋根の上って何度??

 

今日は朝から現場で作業の予定が確定していたので、一度屋根の上の温度を測ってやろうと思って温度計を持って行ったんです。よく屋根の上は暑いって言われるけど、作業している私たちも実際に何度くらいになっているのか実際はよく知らなかったので。
結果は驚きの51.2度でした。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180719184408j:image

これ、瓦の表面温度じゃないです。気温です。瓦の表面温度はもっと高いんじゃないかな。そして体感気温は直射日光と瓦からの照り返しで更に上がっています。
そりゃどれだけ気を付けていても熱中症なりますよね。朝事務所を出発してから帰ってくるまでに5リットルの水分を補給して塩をそのまま舐めたけどそれでも軽い頭痛は残ってます。
瓦屋さんは命がけって言われる事があるけど、それは大抵高所での作業をするからって意味ですが、夏場のこの暑さの中で仕事するのも命がけです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180719184419j:image

メガソーラー、あちこちに出来てるけどホンマに大丈夫かな?

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
コンビニの飲み物の棚に炭酸水の種類が増えてきましたね。特に強炭酸が流行ってるみたいでメーカー違いでたくさん出てるので炭酸好きとしては嬉しい限りです。家にはソーダストリームあるので自分で炭酸作れるけど毎日これだけ暑いと持って出るお茶だけではとてもじゃないけど水分足りないので塩舐めて炭酸水飲んでます。

 

太陽光発電システムの取り付けは出来るだけやりたくない。

 

当社は太陽光発電パネルの設置工事が出来ます。でも出来るのとそれをメインにやるのとは違います。私の考え方としては「お客さんから求められた時に出来ませんと答えてしまって、瓦の事や屋根の事をあまり知らない業者さんが設置工事をして後でお客さんが困るくらいなら当社が責任を持って設置する。」というものです。
但し「お客さんがどうしても設置したいというのであれば」という前提です。基本的には屋根の上にパネルを設置する事には反対しています。倉庫ならともかく居住空間の屋根の上にモノを設置するのは雨漏りの原因になりやすいからです。
だから出来るだけ太陽光発電システムを住宅に設置する工事はやりたくありません。

 

太陽光発電の問題が少しずつ顕在化してきました。

 

これまでも大きな台風や強風が吹いた時に屋根の太陽光パネルが飛んで他所の家を壊したという話を数は多くないものの、聞いていました。瓦と一体型のパネルも最近は増えてきたのでそういう心配をしなくてもいい物件も増えているんやとは思うんですが、それでも和瓦の屋根に設置する時には瓦とパネルの間に空間があるので、強風が吹いた時には風の強さ次第ではどうなるか分かりません。
最近では地面に設置する「メガソーラー」もかなり増えてきましたが、先日の大雨で山の斜面に設置したパネルごと斜面が崩落したニュースを見ました。
山の木を伐採して土を露出させてパネルを設置するって普通に考えたら崩落して当然やと思うのは私だけでしょうか??いくらパネルの下はコンクリートで補強して基礎をしていると言っても山の上から流れてくる水や山の内部で溜め込まれるはずの水分が木が伐採されてむき出しになった地面から表面に出て斜面が崩れやすくなるのって少し考えれば分かる事です。
 あ、写真は崩落したとことは別の場所です。ここも周囲に民家はないけど雨の量が増えるとどうなるか分からないですよね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180718182337j:image

 

崩落しても発電は続いてしまうので余計に危ないです。

 

ニュースになったのは残念ながら姫路市なんですよね。しかもここ、崩落してもパネルが発電を続けているので触るに触れない状態なんだとか。太陽光パネルそのものにはスイッチも何もついてなくて、設置する前の状態でも光が当たると発電するけど設置前で電線を繋いでいないから安全なんですよね。
一度設置してしまって電線を繋ぐと発電した電気は当然電線を通ります。それが容量の大きいメガソーラーやとシャレにならない電力になってしまいます。
知らずに触ると大事故に繋がりかねないんです。
製品としては発電する時には二酸化炭素も出さないし大気汚染もないけど、製造の段階ではかなり二酸化炭素を排出しているという話も聞いた事があるし、廃棄物として処理しなければならなくなった時には処分するのも難しいという話もあります。
メガソーラーとか家庭用の太陽光発電とかホンマに大丈夫かな??

空き家の問題はまだまだ軽く見られているようです。

こんにちは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
先日ネットで見つけてつい買ってしまったものがあります。Bluetoothでスマホと連携するキーボードです。折り畳み式で薄くて小さいので持ち運びにも便利なんです。ブログを毎日書くようになってもうすぐ丸2年、会社や自宅で書く分にはパソコンなので問題ないんですが、旅行した時や電車の中など出先の場合はスマホで書くのが少し大変やったんです。これで少しは書きやすくなるかな?

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180717173747j:image

 

持ち主が地元に居ない空き物件がかなり多いみたいです。

 

先日から相談を受けている姫路の隣の隣の市のとある商店街の物件なんですが、一軒の建物を隣とシェアしている店舗なんです。その隣は長い時間空き店舗になっていて、屋根も建物もボロボロになっていて、相談のあった物件はきちんとメンテナンスしてあるんです。
相談を受けたのは先日の大雨の前やったんですが、その時点で雨漏りがかなりひどい状態でした。そして雨漏りの原因はどうやらとなりの樋が詰って溢れた水が逆流した事のようなんです。
そこで持ち主の方が管理している不動産屋さんに連絡を入れると不動産屋さんは「鍵を預かっているだけやから持ち主に言ってくれ」と取り合ってくれず、県外に住んでいるらしい持ち主は連絡をしても完全に無視。たまりかねた施主さんが市役所に連絡を入れたら、「当事者同士で話して解決してください。」という対応やったそうです。ちなみに空き家対策課やったそうです。

 

空き家対策課はあっても職員さんは専門家ではないようです。

 

空き家になってから期間が長い物件については放置しておくと危険な物件に関しては行政代執行が出来るように法整備がされました。所謂「空き家法」です。実際にどれくらい適用されているのか詳しくは知らないんですが、まだまだ適用実績が少なくて役所側は前例がないからと動いてくれないようですね。
私が相談を受けている物件でも雨漏りが照明器具の部分に集中していて場合によっては漏電の可能性もあるんですが、それを伝えても役所は木で鼻を括ったような対応やったそうです。
空き家対策課も作ったはいいけど、本当に空き家の専門家と言える人が配属されているのかは疑問ですね。「何か問題が起こった時は持ち主の方に弁償してもらう事になっています。」と仰ったそうです。

 

古い商店街やからこそ対策は急務です。

 

建物は古くても使っていたらそれほど傷みません。逆に使っていなかったら新しくてもすぐに傷みます。古くて歴史のある商店街やからこそ、空き家対策をしっかりやって盛り上げていかないと余計に寂れてしまってますます空き家が増えてしまいます。
何の為の空き家対策課なのか、何故空き家対策が必要なのかを社会全体がしっかり考えるようにしないで何でも「役所が動いてくれない」と言ってるだけでは何も変わりません。空き家問題は他人事ではなく自分の身に降りかかる問題やって事をそろそろ認識しないとです。

猛暑の中、初めて地引網を体験してきました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
世間では3連休なんですね。当社は土曜も今日も仕事をしています。先々週の雨のおかげで仕事の進捗が遅れに遅れてしまっているのでなんとか挽回しないとなんです。

地引網初体験してきました。

 

兵庫県日本海と瀬戸内海の両方に面している珍しい立地です。その中でも姫路は瀬戸内海に面していて漁港も多く、海の幸も豊富なんです。最近では特に魚介類をブランド化する動きもあるんですが、今日はそんな播磨灘で「地引網」を体験してきました。
場所は「道の駅みつ」です。ここは姫路の西のたつの市の海沿いにあって、2010年にオープンした比較的新しい道の駅で、施設から直接浜に出る事が出来るんです。
そしてある程度の人数を集めると地引網体験が出来るし、BBQサイトも施設の中にあって前獲れの魚介類をつかったBBQも楽しめます。
今回は一八会の家族サービス計画「ふれあい一八会」の企画で地引網が実現しました。
子供を含めて50名を超える参加者ですが、ほぼ全員が地引網初体験のようで大人も一緒になってワイワイと賑やかです。

 

暑くて暑くて溶けそうでした。

 

それにしてもこの週末は暑かったですよね。今日は特に暑く感じました。毎日現場に出てて、一日中ではないにしても外で仕事をしている身としては普通よりは暑さに強いつもりですがそんな私でも暑さに負けそうでした。それでも子供たちは海に入ったり浜辺を走ったりと元気です。
地引網は少し浜から離れた場所に船が網を設置して、それを浜辺から引き揚げる漁法です。釣りをしたのは小学生の時に少しだけやったので、今の時期にどんな魚がいるのか全く見当もつかなかったんですが、実際に引き上げてみると鯛やメバル、コノシロなどの他にワタリガニやタコなんかも入っていて結構たくさん獲れました。

 

テレビの取材も来ていたので放映が楽しみです。

 

そして今日は偶然にも道の駅にテレビの取材が来ていたようで、地引網の様子を撮影する事になったんです。MBSで土曜日の朝から昼にかけてやっている「せやねん」という番組で、今回の様子が7月28日の土曜日に放映される事になりました。
子供たちがメインになるとは思うんですが、どんな編集になっているのか楽しみです。
他のメンバーと家族は地引網後に道の駅でBBQでしたが、私は仕事があるので分け前の魚を頂いて帰ってきました。
私自身は魚を捌いた事がないので、嫁さんや母に負担をかけてしまう事になったんですが、獲れたての魚を貰えるのも嬉しいですね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180716182141j:image

統計の通りになるとは限らないけど、衝撃です。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
朝から暑くてエアコン効かせてたら若干体調崩しました。寝不足とエアコンの冷風のダブルパンチはキツいです。
午後からゆっくり昼寝して寝不足も解消したのでかなり回復してきましたが明日も暑そうなので注意しないとです。

 

「未来の年表2」を読んでいます。

 

少子高齢化がこれからの生活にどんな影響を及ぼすのか、統計上の数値をそのまま将来に当てはめてみたらどうなるかという事が前作の「未来の年表」に書いてあって、かなり衝撃を受けました。
今すぐに対策をしてもその成果が出るまでにかなり時間かかるのでこれからどんどん影響が出てくるという内容で、空き家に関しての話も出ていたので前にもブログにしました。

omotekawara.hatenablog.com

その続編というかより穿った内容になっているのが「未来の年表2」です。まだ読了してないんですが、最初から衝撃の内容のオンパレードです。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180715220409j:image

 

即効性がなくても変えていかないと将来に希望が持てなくなりそうです。

 

少子高齢化の問題って、なんとなく重要な問題ではあっても誰か1人が頑張ったからといっても何かが目に見えて変わるわけではないって思ってしまいがちです。でも少しずつでも変わっていかなければ統計通りの未来になってしまうんですよね。
統計によると今のままでは20年後くらいには日常生活が立ち行かなくなるかもしれないってレベルで高齢化が進行していきます。
例の1つとして挙げられているのが公共交通機関が今の質と量を維持出来なくなるという事です。運行する側の高齢化や人員不足に加えて利用者が動きの早い若者だけではなくなるので乗降時間が今よりも長くなる事が原因となるそうです。
言われてみれば確かに・・・と納得してしまう内容でした。

 

統計はあくまでも過去の数字で先の事は分からない。

 

もちろん、統計は過去の数字の積み重ねであって、将来を予測するための材料の1つでしかないので、その通りになるとは限らないです。先に何が起こるのかは誰にも分らないし、今から少しずついろいろな事が変わっていくと当然統計の先の数字も変化していくので、囚われ過ぎないようにして自分たちにできる事を頑張っていかないとですね。

技術が進歩しても自然には勝てません。

こんにちは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
ますます暑さが増していますね。現場調査で少し屋根に上がるだけで汗だくになって、その後移動の車の中はエアコンを効かせているので汗で濡れた服が冷えてかなり気持ち悪いです。夏の体調不良はこういうのが原因になりやすいのでそろそろ普段の仕事では着替えを持ち歩くようにしないといけないかもしれません。

 

宅地造成してあると本当に大丈夫??

 

先週の大雨で岡山から広島にかけて甚大な被害が出ています。復旧作業が急ピッチで進められていますが、この暑さで作業員の方も熱中症になったりで大変な状態のようですね。ボランティアの方も続々と現地入りしているとの報道を見ましたが、自分に何が出来るのかよくよく考えて行動しないと逆に現地の方に迷惑をかける事になるので、気を付けないといけません。
最近雨の降り方が変わったという話はこのブログでもちょいちょい取り上げているんですが、大雨が降る度にどこかで土砂災害が起きているような印象を受けます。川が氾濫したり山が崩れたりしてそれに住宅地が巻き込まれているんですよね。
もともと日本列島は海で囲まれているうえに中心に山地があって住める範囲がかなり狭いんです。それを埋め立てたり造成したりして宅地を増やしてきたんですが、この「宅地造成」が本当に安全なのか疑問です。

 

古い集落はその形成に歴史があります。

 

もともと地震が多く、高温多湿で雨も多い日本なので河川の整備が出来ていない頃はあちこちで河川の氾濫があったと記録されていますし、地震津波の被害があった事も古い神社などには石碑などで記録として残されているようです。
昔の人はそういった自然災害の経験から比較的安全に住める場所を探して出来上がったのが今は「古い」と言われる地方の村です。神社やお寺も災害の起点となった場所に立てられる事が多かった為か地図上でそれらを繋ぐと断層の線にかなり近い線が出来るという話も聞いた事があります。
実際、阪神淡路の震災の後に家の仕事を手伝って屋根にブルーシートを掛けて回った時に屋根の上から町並みを見てみるとブルーシートを掛けた家が綺麗に線になっていた事をよく覚えています。

 

自然の力は制御出来るものじゃないんです。

 

宅地の造成では住宅を建てる部分の地盤改良して基礎をするけどそれ以外の場所には基礎なんてありませんよね??しかも比較的浅い部分しか改良しないのでもっと深い所から根こそぎズレてしまったらどうにも出来ません。同じように河川の護岸整備も流れが変わらないように固めているだけで大水が来たら受け止め切れるものではありません。
そもそも自然の力を制御出来ると思うのが間違いです。
住宅にしてもホンの数年から十数年住まずに手入れもしなければ緑に飲み込まれてしまうんです。これから空き家が増えて行くと今度はそういう家が原因の災害も起こるかもしれません。そして新しい家やから古い家よりも安全とも言い切れないんです。そろそろ価値観の見直しが必要じゃないですかねぇ??

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180714165519j:image

 

仕事でもプライベートでも予定を立てるのは大変です。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
夕方、西に向かって車を運転していたらとても綺麗な夕焼けに出くわしました。信号待ちで車が停まったので思わず写真を撮ってしまうくらい見事な夕焼けでした。写真やと実物の綺麗さが伝わりにくいのがもどかしいです。
明日も晴れて暑くなりそうですね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180713211652j:image

 

大勢集まる会議では日程の調整がとても難しいです。

 

月に3回~4回くらい10人前後が集まる会議に出席します。大抵はあらかじめ毎月第〇水曜日という風に事前に予定が決まっていて、自分の仕事の都合を合わせて出席する形ですが、定例の会議以外で臨時に決めなければいけない事がある場合に日程の調整をするのがとても大変です。
人が2人以上集まったらその人数だけ意見も予定もあるわけで、その中から出来る事なら全員出席出来る日に会議をしたいと考えてしまうからなんですが、日程を決める時に予定を聞いていくとほぼ100%全員出席出来る日はありません。同じ会社の中でも予定を合わせるのは難しいのに、こういう会議はみんな所属が違うし年代も住んでる場所も違うから、予定が合わないのは当然ですよね。
そういう時は一番出席者が多い日に決定する事になります。

 

普段の仕事でもスケジュールの調整は難しいです。

 

普段仕事をしていてもお客さんの予定とこちらの予定が合わず、仕事の話を頂いたのに現場調査に行くのが2週間後とかになってしまう事もよくあります。しかも屋根仕事の場合には天気にまで左右されるので、せっかく予定が合って日程が決まったのに当日雨が降ってスケジュールの調整からやり直しになるという事もよくあります。
それが他の業者さんまで絡んできたらもう収集がつきません。元請さんはお客さんの所に出向くのは1回で済ませたいのにあちらを立てればこちらが立たずと言った状況になってしまいます。
当社が元請になる場合もあるので、そういう時には無理に1回で済まそうとせずに大人しく2回、場合によっては3回に分けるようにしています。

 

プライベートの予定を合わせるのも難しい。

 

私の場合、基本的に休日と言えるのは日曜日だけなんです。そうすると友人達と予定を合わせようとすると私が入ったが為に選択肢が狭まってしまう事になって申し訳ない気分になる事があります。
そのせいか、自分がいなければすんなり決まりそうな時にはすっぱり諦める癖がついてしまいました。自分が主導で予定を決める時は自分の予定を優先してスケジュールを組むんですが・・・。その代わり、主導する場合には全員のスケジュールを調整して日程を組まなければいけないので、ちょっとストレス溜まりますね。
最近はスケジュールの脳内管理が難しくなってきたので手帳が手放せなくなってしまいました。それだけ予定が詰って来たという事なのか、老化で覚えていられなくなったのか、微妙なとこですね。