姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

想いを形にするための理想と現実のギャップが大き過ぎます。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
ここ数日、現場で仕事をしてもらってる職人さんや同業者、問屋さんと顔を合わせて最初に出てくるのは「暑いなぁ」です。
もうちょっと加減して欲しいなぁ。

 

町並みを残したいって思うけど・・・。

 

私が住んでいる姫路やその近辺は比較的古くて大きい家が多くて町並みも綺麗に残っているところがあちこちにあります。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170721215210j:plain


それがここ数年で少しずつ減ってきてる感じがします。相次ぐ地震で瓦離れが進んだ事と老朽化した家のリフォームで瓦ではなくなったり、瓦を採用していても元は本葺きやったのが桟瓦葺きになったりといった事が要因です。
今日、現場調査に伺った現場も予算の問題で大屋根は桟瓦葺きにせざるを得なかったとの事です。それでもなんとか町並みを残したいとのお話でした。私自身も瓦の町並みを残したいって気持ちは同じなので、何とか協力したいって思いました。

 

職人を動かすには予算が必要です。

 

私個人としてはなんとか協力して町並みを残せるようにしたいと思います。でも経営者としての視点で考えると最低限の利益を頂かない事には仕事は出来ません。会社を運営していく上で当たり前の事ですよね。
会社を将来に渡って残していかないとこれまで当社で工事をさせて頂いた施主さんの家に何かあった時に対応出来なくてお客さんに迷惑をかける事にもなります。
自分の休日にコツコツと時間をかけてボランティアでやる分にはいいかもしれませんが、技能を持った職人を動かすにはお金がかかるのが当たり前です。
古い瓦を再利用するには新しい瓦を使うよりも予算がかかるのは先日もブログにした通りなんですが、町並みとしては古い瓦を使う方が断然いいんですよね。そこが悩みどころです。

omotekawara.hatenablog.com

 

技術の安売りは絶対にしてはならない。

 

工事業として仕事をしていく上で一番やっちゃいけないのが「技術の安売り」です。
経営者としての自分は会社の存続のためにって考えるけど職人としては自分が持つ技術を安売りするのは自分だけじゃなく業界全体を安売りしている気分になります。
一介の瓦好きとしては出来るだけ残したい。でも経営者として、職人として考えると安易に安い仕事は出来ないってジレンマに襲われました。
これからどうすれば予算を抑えながらちゃんとした仕事をする事が出来るかをあれこれ考えていこうと思います。

雑誌の取材というものを初めて受けました。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
朝から現場で瓦揚げしたら汗だくになってしまいました。
帰りの車のエアコンで冷えて気持ち悪かったです。

 

地元の地域雑誌から取材を受けました。

 

今日は主に播州地域で隔月で発行されている「まるはり」という雑誌の取材でした。先日もネタにした商工会議所の所報を見て当社に興味を持って頂いたとの事。
「まるはり」は地域のレストランやカフェなどの情報やお出かけ情報などの掲載は多くて、あまり工事店が出てるのは見た事がありません。
そんな所にうちのようなガチガチの工事店が出て行って大丈夫なのか?って疑問は今でも解けてませんが、写真もプロのカメラマンさんにいろいろ撮って頂けたし初体験は結構楽しかったです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170720222802j:plain

来月の25日の発売が楽しみです。

 

当然ですが紙面のレイアウトや文面が出来たら確認のために見せてもらえるんですが、それでも雑誌の中に自分がどんな風に出てくるのか今からドキドキしています。
取材してくださったディレクターさんが聞き上手で、取材前は何を話したらいいのか分からなくなってた私からあれこれ聞き出してくださったので、話題があっちこっち飛びまわりながらもなんとか話したい事についてはちゃんと話せたと思います。

 

自分が発信するのと他の人に発信してもらう事の違いがも楽しみ。

 

毎日ブログを書いてますが未だに自分の事を書くのは苦手です。それでも10ヶ月ちょっと毎日ブログを書いてると何を書いたらいいのか分からないって状態からは解消されてきました。
そんなブログもチェックしてもらえてて、取材の中でブログの内容についても話が出てきたのが嬉しかったです。以前は自分が書いた文章について言及されると穴を掘ってでも隠れたくなるくらい恥ずかしかったんですが、変われば変わるもんですね。
誰かに自分の事をガッツリ書いてもらう機会ってそんなに多くないので記事を読むのが怖いような楽しみなような複雑な気分でもあります。

基礎を疎かにすると後の影響が大きくなってしまいます。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
やっと梅雨明けしましたね。雨の降り方が夏の夕立みたいな降り方ばっかりやったのとここ数日の暑さが凄かったので梅雨感が薄かったけど、梅雨明けした途端に暑さがもう一段階上がって真夏になったので体を慣らすのに苦労しそうです。

 

瓦葺きの前の段階の仕事が要です。

 

屋根のリフォーム工事をする時に古い瓦を撤去した後の野地の状態があまりいい状態ではない事がとても多いんです。野地の不陸が大きい(業界用語で野地ムラが大きいといいます)のでそれを修正しないといけないんですが、この状態を解消する作業を無駄やと言われる事もよくあります。
「そこまで手を掛けなくてもいいのに」とか「そこそこにして早く瓦葺きをしてくれ」とか言われるんです。それも元請の大工さんから言われたりもします。
でもこの作業を疎かにすると葺きあがった後の仕上がりが物凄く悪くなるんです。もちろん手間はかかるし、やらない方が早く工事も終わるのは確かなんですが、瓦が葺きあがった状態で凹凸があまりにも大きいと雨漏りの原因にもなるので出来る限りは修正するようにしています。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170719222407j:plain

見えない仕事が肝要なのはどんな仕事でも同じです。

 

見えない所で手間を省くとその時は大丈夫でも後になって影響が出てくる事があります。それも後から出てくるものは少なからず大事になりやすい傾向があります。
建築関係の仕事以外でも同じ事は言えますね。料理でも見えない部分の仕事で味が大きく変わるって言いますし機械などでも見えない部分の整備が疎かになると故障の原因になります。

 

ちゃんとしてるのが「普通」なのか手を抜くのが「普通」なのか。

 

大量生産、大量消費の時代にはいかに効率よく仕事を進めるかばかりに目が向けられていました。それが見えない部分で手を抜いて効率を上げるという事に繋がったんやと思います。
効率ばかりを追い求めた弊害ですね。それが当たり前になってた時代が長く続いてしまったのが「そんな無駄な事」って言われる原因やと思います。
「手を抜く」ではなく「効率を上げる」って考えるといい事のように思えますしね。
効率よく仕事をする「普通」なのかちゃんと仕事をする「普通」なのか。私はちゃんと仕事をする方を選びます。

反応があると自信に繋がります。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日も暑かったですね。まだ梅雨明けしてないなんて信じられない天気です。雨の降り方も梅雨の降り方じゃなく夏の夕立のような降り方で雷もゴロゴロいってました。
屋根の上にいる時にゴロゴロ鳴られるのが一番怖いです。

 

PRしたものを見たって言ってもらえるのがとても嬉しいです。

 

少し前になりますが、姫路の商工会議所の所報の企業PRのコーナーに当社の事を載せてもらったんです。その時に「所報を見た」と言って問い合わせをして頂いたら先着5名様に瓦コースターをプレゼントという特典をつけました。
そしたら反応があったんです。「所報を見たんですが」って電話があった時はとても嬉しかったなぁ。
コースターをお渡しするのが遅くなってしまったけど、連絡ありがとうございました。このブログに写真を使う事も快諾してもらえました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170718213116j:plain


少し前まではこういうのに顔を出す事も考えてなかったし、大きくPRする事にも乗り気ではなかったので反応がある事がこんなに嬉しいとは思ってませんでした。

 

まずは知ってもらう事から始めないとです。

 

私の家は家業として瓦の仕事をしていたので、余計にそうなのかもしれませんが「瓦屋さん」って当たり前に知られていると思っていたんです。それこそ結婚するまでは瓦の業界の認知度が低いなんて考えもしませんでした。
ところが嫁さんと知り合ってお付き合いするようになった時に「瓦屋さんって職業があるって初めて知った」って言われたんです。衝撃でした。
でもよくよく考えてみると確かに知ってもらう為の努力ってしてないなぁって思い至りました。
看板もないし特に宣伝してるわけでもない。建築業の独特の受注形態に助けられてた部分が大きかったんですね。

 

いろいろやってみたけど反応があると自信になります。

 

会社の事をPRするに当たっては効果が出るまで我慢し切れずに途中で辞めてしまった事も多くあります。たった1回新聞広告を入れただけで効果なんてあるわけないのに。多くの同業者が同じ事をやってると思います。自分の会社は世間に認知されているっていう勘違いから1回の広告で効果がないと需要がないと思ってしまうんですね。実際には知られてないから広告にも目を留めてもらえてないだけ。
まずは知ってもらう事が第一段階なんですよね。
自分の会社の事だけじゃなく、瓦の事、屋根の事も知ってもらう為にこれからも頑張ります。

10年先の事を考えたら決断するのは今しかないんです。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
世間は海の日で休日モードのようですが建築現場はそんな事はお構いなしに動いています。週休2日制の浸透が一番遅れているのが建築業界って話も聞いた事がありますが、実際のところはどうなんでしょうね??

 

将来への投資やって考えられるかどうかです。

先日、インターネットでいろいろ調べものをしている時に見つけて思わず時間を忘れて読み込んでしまった記事があります。私が大好きな作家の有川浩さんが出版業界の事を憂いた記事で1年以上前の記事ですが、この状況って出版業界だけに言える事じゃないと思うんです。

gendai.ismedia.jp


新刊本を買う事が投資となって新人作家さんが出版出来る。どんな仕事でも新人の時は仕事なんてまともに出来ません。でも私たちも同じように新人で仕事が出来なくても給料をもらっていた時代があって、それがあるから今があると思うんです。


厳しい時代やからこそコストをかける所を考えないとです。

 

政府の見解では経済は順調に回復してるというような事を言ってるのも聞きますが、日常生活で実感として回復してるようには思えないと私は感じています。
地域によってはそんな事はないって方もいらっしゃるかもしれませんが、新聞やネットでの記事を読む限り回復してるという意見は政府筋のものばかりのようなきがします。
だからこそ書籍などの生活必需品ではないものにかけるコストが下がってるのかもしれません。
でも個人的には縮こまってばかりでは良くなる事は絶対にないと思うんです。無駄遣いするのは論外としてもちゃんとお金を使うべき所では使う意識を持っていないとどんどん気持ちが貧しくなる。
仕事でもなんとかお金を使わずに済まそうとすると上手くいかなくて結局最初に試算してたよりも余分に必要になる事もよくあります。

 

10年後の未来を考えると今から準備しないとです。

 

10年ひと昔ってよく言われてましたが、最近は3年ひと昔くらいの感覚になっていると思います。それくらい時間が経つのが早く感じるので、「10年後にこうなりたい」って考えている事があったらそれこそ今から準備しておかないとあっという間に10年経ってしまう気がします。
今でもかなり減ってしまってるので、10年後に本屋さんがなくなってる未来にならないように。また10年後に職人さんの平均年齢が10歳上がるような事がないように。
自分に何が出来るか考えていきます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170717202446j:plain

子供の頃に身近にあった風景を思い出しました。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
近畿地方の梅雨明けはまだですが、もう梅雨が明けて夏に入ったような天気になってますね。
今日も夕立があってびっくりしました。

 

和紙人形展の招待券を頂いたので行ってきました。

 

姫路にある兵庫県指定重要有形文化財「林田大庄屋旧三木邸」というところで開催されている「陽だまりの想い」という和紙人形展の招待券を頂いて夫婦で行ってきました。
昭和の日常の風景を和紙が材料の人形で作ってあってめっちゃほのぼのとした雰囲気が楽しかったです。私が子供の頃にはまだ残っていた風景がほとんどやったんですが、たまに話に聞いた事があっても実際に見た事がない風景もあって時間を忘れて見入ってしまいました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170716221401j:plain

旧三木邸の建物の雰囲気ともバッチリ合っていました。

 

会場となっている旧三木邸は17世紀の建物を平成10年から10年間かけて保存修理工事を行ったもので、可能な限り建築当初の状態を残してある建物です。エアコンなどの電気設備もなくところどころに扇風機が置いてあるだけやったけど、土壁に茅葺と瓦葺きの屋根で建物に入るとそれだけでヒンヤリした空気になっていて日本の昔の建物がいかに優れているのかを実感しました。
展示の内容との雰囲気もベストマッチしていてこういう家でこんな暮らしをしてたなぁって感じました。もちろん建物の規模は庄屋さんの家ほど大きくないんですが・・・。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170716221432j:plain

住んでるから残せない部分と住んでないと残せない部分があります。

 

人形展の風景の中でも印象的やったのが「たたみ干し」のシーンです。昔はどの家でもやってたはずなんですよね。それがだんだんと手入れが少なくてもいいものになっていき、今では新築では和室そのものがなくなってきています。
古い家でも畳は手入れが不要になっていて、傷んだら新しいものに入れ替えるという考えになっているんですね。
「モノ」の時代から「コト」の時代になってきてますが、まだまだ考え方としては「モノ」の考え方が根強く残ってるなぁって思いました。
こういう古民家は住んでるからこそ建物そのものが残せるけど、生活しているからこそ古いままでは残せない部分がある事がとても勿体ないって感じます。

めっちゃ不便やけどそれが楽しいのがキャンプの醍醐味です。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今工事している現場の近くを流れる川がキャンプ場の川遊びの場になっているみたいで現場に向かう途中でたくさんの親子連れが遊んでいました。もう夏休みがすぐそこなんですね。学生が身近にいないのでそんな感覚すっかり忘れてしまってます。

 
f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170715164040j:image

キャンプといえばテントとシュラフでした。

 

私が子供の頃はキャンプと言えばテントとシュラフを使って山の中でするものでした。本格的なキャンプを経験したのは中学1年の夏休みでした。地元の新聞で募集していた県の団体が主催のキャンプで高校生と大学生がリーダーとして小・中学生を連れて5泊6日の日程で親は参加しないものでした。
中学生くらいまでの頃って学校以外の友達ってほぼいないので県内のあちこちから来た参加者と友達になれたのが新鮮でした。まだ携帯どころかパソコンも普及していない頃なので男女問わず文通したりもしてたのが懐かしいです。

 

設備が整ってるとキャンプって気分になりません。

 

今のキャンプ場はコテージでもエアコン完備で水場も整備されていて快適は快適ですが、ホテルに泊まってるのと変わりない感じがしてて私は物足りない気がします。
でも山に分け入って平らで少し開けてる場所を探してテントの設営と石を積み上げた竈を作って・・・っていうキャンプは経験がある人がとても少ないみたいで、そういう事をしていたって話すとびっくりされます。
今では山火事の問題などもあるのでそういうキャンプはやらない方がいいかもですね。携帯用のガスコンロなどもかなり安くで売られているみたいやし。

 

最後にテント張ったのは10年以上前です。

 

バイクに一番乗ってた頃は1人でテントとシュラフを積んでうろうろしたこともあります。四国をぐるっと回って2週間ほどでお遍路した時もテントとシュラフを使いました。
考えてみると最後にテントを使ったのはその時かなぁ。河原にテントを張ったり山の中で張ったりしたのはいい思い出です。早朝がめちゃくちゃ寒くて、散歩してる人の足音とかにビビりながら寝てました。
またそういうのもやりたいなぁ。