姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

急いでいても運転は焦ったら危険です。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
先週とは打って変わってめちゃくちゃ暖かかったですね。運転しながら汗かきました。大寒は過ぎたけど、まだまだこれから寒くなる季節なんですよね。寒暖差が大きいしインフルエンザも流行りだしたので体調管理に気を付けなきゃです。

 

急いでいるからこそ慎重な運転が求められます。

 

朝から現場に向かう車中でまだ免許を持っていない職人さんと話しながら信号待ちしていると、目の前で2台の車がこちらの進路上に止まって口論を始めました。バイパスの降り口で側道から出てきた車と本線から出てきた車が進路を譲る譲らないで接触しそうになったのが原因のようなんですが、交差点の真ん中に車を停めての口論やったので信号が変わった時にどうしようか一瞬悩みました。両者とも急いでいたようですぐにそれぞれ別の方向に走り去って行ったんですが、先日ニュースになった煽り運転による事故以来、同じような場面に遭遇する事が増えました。
朝の通勤時間で急いでいるのも分かるし、後ろに車が並んでいたらスムーズに進みたいから行けそうな車間があったら入っていきたい気持ちも分かるんですが、急いでいるからこそ焦ったら余計に危ないですね。

 

免許を取得した頃の事が懐かしいです。

 

新入り君は免許の取得もまだやし教習にも行ってないので、その光景を見ながら「あんな風な運転は絶対にしたらあかんで。」って話ながら運転する時の注意点などを話してたんですが、自分が免許を取り立ての頃の事を思い出しました。
私が免許を取ってからもうかれこれ22年ほど経ちますが、免許取って初めて高速に乗った時の事は未だに覚えています。親父の仕事の手伝いで台風みたいな風雨の中を2トンダンプで走ったんです。隣に親父が乗ってはいたものの、めちゃくちゃ怖かったんですよねぇ。
風で車体が横にズラされそうになるし、雨で視界悪いし。親父は隣でさっさと寝てしまうし、まだ道はよく分からへんし。とにかく運転が嫌いになりそうな体験でした。
今では車を運転しない日はほとんどないってくらいやし、基本的に運転するのも好きなんですが。

 

教習の時の試験が減ってるそうです。

 

そんな朝の話から教習所時代の話をしていたら、私と嫁さんとで教習所での試験回数が大きく違っている事が分かりました。今の教習時間とは違うというのは知っていたんですが、まさか4つしか年齢が違わない嫁さんとも違ってるとは思いませんでした。
私が免許を取った時は4段階あって、それぞれに実技の見極めと学科試験があってそれに仮免の実技と学科、教習所の卒業試験(実技)と免許取得の為の学科試験で実技も学科も6回ずつあったんです。それが今は2回ずつしかないとの事。法改正で2段階になっていたのは知っていましたが、私が免許を取ってから4年ほどで変わっていたとは思いませんでした。中型二輪(現在は普通二輪)と大型二輪の教習にも行ってたので合計で3回教習所に通ったんですが、最後に行ってからでも20年は経っている事にちょっとびっくりです。
ちなみに写真は昔持っていたモンキー。サーカスの熊って言われた一枚です。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180118214031j:plain

 

雨の日に職人さんの仕事をどうするかが課題です。

こんにちは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
屋根の工事をしている職業柄、天気予報は休みの日でもチェックしてしまいます。工事中の現場は雨漏りの心配がないように対策しているものの、想定外の大雨とか突風の可能性も頭に入れておかないといけないというのもあるけど、ほとんど癖みたいになってると言った方がいいかもしれません。
なので家族もテレビやネットで天気予報を確認するよりも先に私に確認してきます。
たまにバタバタしてて情報の更新が遅れていると「なんで知らんの?」って言われる事もあるし、最近はほんの数時間で予報が大きく変わる事もあるので油断できません。

 

雨の日は職人さんは休みです。

 

昔から瓦の業界は雨が降ると仕事は休みでした。瓦を葺く時に土を使っていたので雨が降るとその土が流れてしまうし、瓦を汚してしまうという事情もあったし、何より屋根の上で雨の中作業をするのが危険やからです。
最近ではかなり滑りにくい材料や足袋、作業靴なども出てきていますが、雨が降ると現場作業が基本休みになるのは今も変わっていません。そんな事情もあって雨が多い梅雨や台風の時期には職人さんの給料が激減していました。それを補うために瓦職人の日当は高く設定されていたんですが、バブル崩壊の後の景気の落ち込みとデフレの影響でそれがどんどん安くなりました。元請さんの感覚からすると法外に高い日当やと思われたんでしょうね。
そして瓦の仕事も技術の発達と共に効率化が進んで1件の工事にかかる日数も大幅に短縮され、それと並行して軽量の屋根材のブームが来て瓦が減って今日に至ります。それでも長年の業界の慣習はそう簡単には変わらないので、相変わらず職人さんは雨になると休みです。

 

雨の日に休むと土日が仕事になります。

 

当然の事ながら雨の日に休まざるを得ないと工程にも影響が出ます。それでも天気が相手やと誰に文句を言っても仕方ないので、雨の日の仕事をどこかで取り戻さなければならなくなります。そこに充てられるのが土曜日や祝日なんですね。場合によっては日曜も仕事になったりします。
最近では近隣に迷惑をかけないように日曜日は作業は中止にしている工務店も多くなってきましたが、私が瓦の仕事をするようになった頃は日曜日に仕事するのも当たり前で職人さん達もそれで給料がたくさんもらえるならその方がいいという考え方の人が多かったように思います。
問題は業界全体が未だにその頃の感覚のままでいる事にあります。今では給料が多いよりも休日が多い方がいいって考えている人が多いのに、決まった休みがなく天気次第の休日というのではなかなか入職者が集まらないのも当然なんじゃないかなぁ。

 

働き方というか仕事の進め方も変えていかないとです。

 

働き方改革をしようって政府が言ってますが、各会社それぞれがいくら頑張っても元請さんやお客さんの要望を聞いているとどうしても職人さんに休み返上で頑張ってもらわないといけなくなったりします。会社側と労働者側の問題だけでなくそれぞれの業界全体の仕事の進め方をもっとしっかり考えていかないといくら改革しても絵に描いた餅になってしまうんじゃないかなんて事を廃瓦を処分場に持って行く車中で運転しながら考えてしまいました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180117215036j:image

どれだけ備えていても足りないような気がしてきます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
寒い寒いと言ってたのに昨日あたりから急にあったかくなりました。明日は雨の予報が出てるので湿度が高くなってるからか今日はびっくりするくらい暖かかったですね。
来週にはまた寒くなるようなので油断できないんですが。

 

23年前は高校生でした。

 

毎年この時期になると必ず震災の話が出てきます。風化させないためにも必要な事やけど震災の話ばかりになるのは、それはそれで敬遠されてしまいそうな気がするので何事もほどほどがいいなぁって思います。
私が高校生の頃は関西では地震が起こらないという、今ではなんでそれを信じてたのかっていう話がまことしやかに言われていました。実際、かなり長い期間関西では大きな地震が起きていなかったので地震の記憶が薄れていたのかもしれません。
西日本全体でも地震がかなり少ない時期やったんですね。実は姫路の近くにも断層帯が通っていて、昔からここが震源になると大きな被害が出るって話もあるんですが、1000年以上も地震が起こっていないと忘れてしまうんですね。

 

学生時代の論文は地震関連のものばかりでした。

 

阪神淡路の震災が起こった時は明石高専に通っていた時期で、先生や学生もたくさん被災しました。JRも西明石より東は完全に止まってしまっていたので震災発生から1週間は学校休みになったし、授業再開してからもとてもではないけど普段通りには戻りませんでした。
そんな高専時代の卒業論文は構造、設計に関わらず震災関連のテーマが多く選ばれていました。指導する先生にしても論文を書く学生にしても印象が強すぎてそれ以外のテーマは選びようがなかったんですね。
先日当時の卒論の梗概を見つけて懐かしく思いながら見返してみると8割りくらいが震災関連の論文でした。

 

地震に限らず災害に備える続ける事は難しいです。

 

阪神淡路大震災以降、地震だけでなく台風や大雨も含めて災害が頻発しています。その全てに備えるのは一時的には出来るかもしれませんが、備え続ける事は難しいです。
それでも備えておかないといざと言う時に動けません。水や食料を備蓄するのも大事な事やけど備蓄したままやと本当に必要な時にそれらが使えるかどうか分からないので1年毎に備蓄しているものを消費して新しいものを備蓄し直す「ローリングストック」の基準の日として震災の日を設定している人も多いかもしれませんね。
ルミナリエのように忘れられないように伝えるためのイベントも大事やけど、やっぱり震災当日は特別な日って感じます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180116213747j:plain

今年の目標と去年の反省をやらないといけないのでパンクしそうです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
年明けの仕事が始動して1週間が経ちました。やっと平常運転になった気がします。いきなりの冷え込みで体が動かしにくいので職人さんが怪我しないかが心配でした。

 

月初の業務に加えて年初の業務も重なると大変です。

 

毎月の月始めにはいろいろと書類仕事が溜まります。特に現場が忙しいとその後の処理が大変です。前月の仕事の状況を整理しながら当月の予定をリストアップして資金繰りを考えたり、銀行さんに提出する書類を書いたり、毎月の数字を分析して整理したりするんですが、年始にはそれに加えて1年単位の同じ作業をしなければなりません。
10月に来た台風の工事もある程度落ち着いてきたとは言ってもまだ完全には終わってないので、職人さんが仕事に入ってる現場の段取りをしながら修理の現場に自分で行ったり、次に入ってもらう職人さんの段取りをしたりで毎日のように車で西へ東へと走っていると気が付いたら1週間が終わってしまってます。
年始の1週間がまさにそんな感じで、書類関係のデスクワークをやらないとって思いながら昼間は現場に手を取られて、夜は新年会やら勉強会が入ってて気が付いたら今日でした。
流石にそろそろやっておかないといけない事が山積みになったのでこんな時間まで仕事してます。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180115223318j:image

 

基本的には書類仕事は朝と夜です。

 

自分が現場で職人仕事をしている時は当然ですが、そうじゃない時でも書類仕事は基本的に朝か夜にやってます。日中は現場調査の依頼があったり、職人さんからのヘルプや材料の引き取り、配達などがあってゆっくり机に向かう時間が取れない事が多いからです。それでも基本的には19時くらいには仕事を終えて事務所も戸締りするんですが、月に1度くらいのペースで残業したりもします。
もっと効率よく仕事をしていればこんな時間までやらなくてもいいはずなんですが、要領が悪いのかもしれません。
それでも現場監督をやってた時代には今くらいの時間に帰れたらかなり早い方やったので今はとても恵まれてるなぁって感じます。職人さんが仕事するのは太陽が出ている間だけなので緊急事態が発生する事がないんですよね。

 

デスクワークばかりしてると外に出たくなります。

 

ずっと現場仕事ばっかりしてるとデスクワークが溜まっていくのがストレスになるんですが、逆にデスクワークばっかりしているとたまには外に出て体を動かしたくなります。デスクワークに集中出来る環境になってるって事は現場が上手く回っていて大きな問題も起きてないって事なので一番目指さないといけないのは外に出る時間を減らす事なんですが、一日デスクワークしていると用事もないのに外に出たくなります。
明日も現場の段取りで走り回る予定ですが、それが済むと少しだけ時間が出来るので今期の計画とかを腰を据えてしっかりと練っていくつもりです。
あ、その前に年末の在庫の棚卸しが残ってるのでそれを済ませないと決算出来ないや。

 

火遊びはダメやけど火の面倒を見るのは楽しいです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
冷え込みがキツい日が続いていますね。家の中でエアコンを付けているとトイレなどで廊下に出た時の寒さにちょっとびっくりします。ヒートショックってこういう時に起こるんやなぁって実感しました。

 

「とんど」が開催されました。

 

今日は地元の自治会主催で「とんど」が行われました。この「とんど」全国的にこの呼び名で通じるのかと調べてみたら正式には「左義長」というそうです。小正月に行われる火祭りで門松やしめ飾りなどで迎えた歳神をそれらを焼く事によってお送りするという祭事で地域によって「とんど焼き」「とんど」「どんど」「どんど焼き」「どんどん焼き」「さいと焼き」などいろいろな呼び方があるようです。
最近では田んぼが減ってしまった事もあって藁の確保が難しかったり、火を点けられるほど広い場所がなくなってしまってる事もあって少しずつ開催される場所も減ってきてるみたいですが、私の地元では場所は何回も変わってますが、子供の頃からずっと続いている行事なのでこのままこれからも続いていって欲しい行事ですね。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180114222159j:image

 

 

ちゃんと消防に連絡していても驚く人もいるかも。

 

とんどは竹で骨組みを組んで藁を積んで作るんですが、うちの地元ではだいたい5mくらいの高さになるので、そこに火を点けると火柱も上がるし煙もかなり凄い勢いで出ます。町内の他の自治会で消防に連絡を忘れていて通行人に通報されて消防車が出動したって話を聞いた事があるけど、事情を知らない人が通りかかってあの煙を見るとそりゃびっくりして通報してしまうなって納得してしまうくらいの火勢です。
いつもはとんどに火をつけてある程度時間が経った頃にのんびりと家の正月飾りを持って行ってるんですが、今年からは消防団として点火前から参加しました。自治会の人からの依頼で点火前にドローンによる空撮もやったんですが、ドローンを用意すると珍しいからか子供も大人も関係なく群がってきたのでちょっと焦りました。点火してしまうと気流の関係で上手く飛ばせないので撮影は点火前の少しの時間だけでした。

 

普段は火遊びしたら怒られるけど今日は大丈夫のようです。

 

火がある程度回って、竹の骨組みが弱って倒れてしまうと我々消防団が燃え残らないように藁を広げたり集めたりして火をコントロールします。これが見た目よりも重労働で3mくらい離れていても火傷するかって思うくらい熱くてあまり長時間続けての作業が出来ません。それでも2時間ほどで燃え尽きるようにするんですが、少し火が弱って近付けるようになった所には子供たちが近寄ってきて火遊びをするんです。
普段は火遊びしてると怒られるんですが、今日はたくさんの大人が見てる事もあってよっぽどの事がない限り怒られないので喜んで火遊びしていました。
近付けないくらいの勢いの時は若干の恐怖もあってしっかり作業するけど、もう少しで燃え尽きるってくらいになってくると燃え残りがないように面倒見るのがちょっと楽しかったです。

新しいものを見るとついつい試してみたくなります。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
全国的に冷え込んで豪雪地域では雪もかなり降ってるみたいですね。センター試験初日に雪で交通機関が遅れるってニュース、毎年のように聞いている気がします。
雪がない時期の方が長いとは言え、毎年のようにマヒしてるのに雪に対する備えが薄過ぎるような気がします。

 

置くだけで充電出来るって素晴らしいです。

 

先日、スマートフォンを機種変更してExperiaからiPhoneXに変えたんですが、早速置くだけで充電できるというQi(チー)という規格の充電器を買ってきました。iPhoneXにした理由の半分くらいはこの置くだけ充電に対応しているという部分やったので、うきうきと電気屋さんに行って探しました。
今まで使っていたスマホって卓上ホルダーはセットに付いていたけど落とした時に傷が付かないようにカバーを付けると卓上ホルダーでは充電出来なくなってたんですよね。
それで充電の時には端子に充電器を直接繋がなければならなかったんですが、回数が増えると接触が悪くなってくるし、充電中に電話がかかってきた時に慌てて出ようとしてコードを引っ張ってしまったりしていてかなり不便でした。
それがこの充電器は上に置くだけでいいんです。カバーが付いていても問題なく充電してくれます。直接端子に繋ぐよりは充電に時間がかかるけど、付けたり外したりの回数が劇的に減るので物凄く充電が楽になりました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180113210317j:image

 

昔から新しいモノには興味津々でした。

 

自覚するようになったのはこの10年くらいなんですが、どうやら私は新しいもの好きのようです。昔から母には「あんたは新しいもの好きやなぁ。おじいちゃんにそっくりや。」って言われてたんですが、自分ではそんなつもりはありませんでした。
新しいから気になるんじゃなくて、面白そう!って思っただけのつもりやったんですよね。
でも家電製品以外の事も踏まえて考えるとコンビニで新商品が出てるのを見かけた時などは見事に引っ掛かるんです。新フレーバーとか新味なんかは覿面ですね。
もっとも新しいものなら何でもってわけではないんですが。

 

思っていたよりも古くからある技術でした。

 

このワイヤレス充電ってつい最近出来た技術のように思っていましたが調べてみると意外と古くからある技術のようです。ただ、これまでは統一の規格がなくて独自開発の機器にしか対応していなかったので世に出てきていませんでした。
それがスマートフォンに使える低出力のモノを規格を統一して一般家庭で当たり前に使えるようになったのがここ2年ほどの事のようです。
それでもスマホ側で対応している機種も少なかった事もあって知名度が低かったのがiPhoneが対応した為に一気に知名度が上がったというのが真相のようです。
でも一度使ってみると、このワイヤレス充電ってめっちゃ便利なので機器さえ普及してしまったら充電が必要ないろいろな機器が規格に対応していくんじゃないかなぁ。

自分の家の空撮写真を見る事が出来る時代になりました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日も冷え込みが凄かったですね。朝イチの倉庫の温度計が0度になっていました。姫路の明け方の最低気温はマイナス5度にまでなっていたようです。これから2月半ばくらいまでが一番冷える時期なので冷えからの体調不良には気を付けたいですね。

 

ドローンの試験飛行で空撮しました。

 

昨日からドローンを実際に飛ばす試験飛行で操縦訓練をしているんですが今日はそのまま空中からの写真の撮影をしてみました。所謂「空撮」ってやつですね。GoogleMapで衛星からの写真を見れるのが当たり前になってきたので、空から見た自分の家の写真を見る事もそれほど珍しい事ではなくなってきたかもしれませんが、ドローンによる空撮は撮った瞬間の写真なんですよね。だから屋根の点検にも使えます。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180112174214j:plain


ただし当然の事ながら弱点もいくつかあります。まず風が強い時にはドローンを飛行させる事自体が出来ません。空中は地上よりも風がきついのでそんなに風が吹いていないように思えても意外と流されていきます。次に暗くなるとダメです。障害物を目視出来ないので安全面で問題ありです。そして障害物が多い所も難しいです。電線などが入り組んでいる場所では飛ばす事が出来ません。

 

道具に善悪はなく使い方に善悪があります。

 

ドローンが実用化されるようになってから特に言われている事ですが、はっきり言って悪用しようと思えばどこまでも悪用出来ます。でもそれってどんな道具にも言える事ですよね。車でもそうですし、我々が使う梯子や荷揚げ機もそうです。使い方と使う人のモラル次第です。
それでも道具自体に悪い印象が付いてしまうとそれを使っている人も「悪い人」になってしまいます。だからドローンを使う人はその自覚を持って胸を張って堂々とドローンで仕事をしていると言えるようにしないといけません。
私たち瓦工事店はリフォームの現場ではお客さんが住まわれた状態のまま仕事をする事も多くあります。その時にお客さんが家の屋根に登って大丈夫かな?って不安になるような言動をしていたらその業者だけでなく全ての瓦工事店が同じように見られてしまいます。従業員にもいつも言ってる事なんですが、挨拶や清掃など当たり前の事をしっかりやってこそ安心して工事を任せてもらえるんです。

 

これから調査の為に飛ぶドローンが増えていきます。

 

恐らくこれから数年で屋根だけでなく、あらゆる工事現場でドローンによる調査が行われるようになると思います。その時に悪い事を考えてる人が工事業者や調査会社を隠れ蓑に出来ないような対策を導入期である今から考えておかないといけない気がします。
実際に使ってみると本当にいろいろな事に使える可能性を感じる事が出来るので、その可能性を追求して役立てるようにしていきたいですね。