姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

人前で話をするのは難しいので慣れが必要です。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
10年ほど前までは瓦の業界は年明けの1月から3月は閑散期でした。そのせいか瓦組合の関係のイベントはほぼこの3ヶ月に集中していて、災害などで忙しい時期でも毎年の恒例行事は変わらず開催されます。あれこれと色々な団体で役が当たるようになると出席しないといけない行事も増えるのでちょっと大変です。

 

大勢の人の前で話をするのは苦手です。

 

昨日もブログに書いた地元の公民館での「郷土歴史講座」が今日の午前中に開催されました。今月は私が瓦の話をする事になっていて、昨日から必死で最後の準備をしていたんですが、なんとか間に合わせる事が出来ました。
事前に何人くらい集まるとかどんな人が来るかとかを一切リサーチしていなかったのでぶっつけ本番もいい所やったんですが、蓋を開けてみると30人くらい集まっていてびっくりです。
私はもともとアガリ症で人前で話をするのが苦手です。すぐにどもってしまって頭が真っ白になってしまうので若い頃はそういう場面からは極力逃げ回っていました。
それでも会社の代表になって立場的にも逃げられない事が多くなってきて、段々と人前に出る事が増えてきたんです。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190119170417j:image

人前で話すのは場慣れが必要です。

 

人前で話すのって苦手な人は逃げ回るからずっと苦手なままなんですね。私自身、まだまだ苦手意識は抜けないけれどここ数年は年に何回かそういう機会を頂いていて、少しずつやけど場慣れしてきたかもって自分でも思います。
それでも話をする事が決まったら準備してても不安になるし、やっぱり苦手やなぁって意識はいつまでも抜けません。
終わってみたら意外と出来たなぁって思う事はあるんですが、どれだけ準備してもなかなか自分の思いをきちんと伝えきるって事が出来ないですね。

 

誰に向かって話をするか決めると楽です。

 

今回は人数もどれくらいの年代の方が聞きに来られるかも把握出来ていなかったので、どんな話をしたらいいのか最後まで悩みました。結局、確実に来ると分かっている人に向けて話をするつもりで内容を組み立てて、後はその時の雰囲気で話す内容を変えていくことにしたんですが、結果的にそれが一番良かったように思います。
ブログでも誰に向けて発信するか意識しておくのが大事ですが、直接人前で話をする時でも全員に向けて話をするつもりでやるよりは特定の人に目がけて話す事が大事なんですね。2時間の持ち時間やったんですが、休憩と質疑応答まで入れて1時間50分くらいで終了となりました。個人的にはなんとか及第点かなって思うけど、今後同じような機会があったらまたチャレンジしてみたいと思います。

瓦の産地に住んでいる人でも瓦の事はあまり知らないんです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
ここ最近、ちょっとあったかい日が続いていますね。車を運転してるとあまりの陽気に眠くなってくるくらいです。車から降りたら意外と気温低くて寒いって思うんですがすぐに慣れてしまって作業してたら上着が邪魔になるくらいです。
もっとも日が暮れると急激に冷えてくるので体調管理が難しいんですが。相変わらずインフルエンザが猛威を振るっているのでご注意ください。

 

瓦の産地は全国にあるんです。

 

一般的に瓦の産地というと「淡路」「三州」「石州」の三大産地を思い浮かべる人は多いと思います。一番多いのは三大産地のうちの1つだけ思い浮かぶか、全く思い浮かばないかのどちらかではあると思うんですが。兵庫県、愛知県、島根県は三大産地がある県なので比較的回答率は高いかもしれませんね。
そしてその3つの県で瓦の窯元が集まっているところ以外でも瓦は作られています。兵庫県の場合は淡路が一番大きな産地ですが、他に明石市にも産地が集まっていたし姫路にも窯元が集まっている地域がありました。
残念ながら明石の窯元はすべて廃業してしまったし、姫路でも稼働している窯元はほんのわずかです。

 

産地に住んでいても瓦の事を知らない人は多いです。

 

私が住んでいる地域もそこそこ大きな産地として有名でした。でも今では窯どころか瓦に関わる仕事をしているのは当社だけになってしまいました。この地域が瓦の産地やったって事を知ってる人はまだそれなりにいるみたいですが、知らない人もかなり増えてきたようです。
毎年小学生に鯱瓦つくり体験を教えてるんですが、なんで鯱瓦を作るのかよく分からんって言われた事もあるんですよねぇ。

 

地域の郷土歴史講座で話する事になりました。

 

半年くらい前に地元の公民館で「郷土歴史講座」という講座のシリーズをやるのでその中で瓦の話をして欲しいという依頼がありました。正直な話、私よりも父に来る話じゃないのかな?って思ったんですが、せっかくの機会なのでお受けする事にしたんですが、その講座が明日に迫っています。まだ資料を作っている途中なんですが、いろいろ話したい事があるのになかなかまとまらなくて焦っています。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190118215730j:image
上手に話せるとは思ってないのでそこは開き直って少しでも聞いてくれる人が楽しめる内容に出来たらとは思ってるんですが2時間という持ち時間をどう使うか本番まで悩んでみます。

雨が回っていても家の中に入ってこないと気付かない事が多いです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
昨日は弟の誕生日でした。平成2年生まれで29歳になりました。私が小学生の時に生まれて小さい時はずっと面倒を見てたのですっかりオッサンになってしまった弟を見ると昔は可愛かったのになぁって思ってしまいます。歩き出すのも話し出すのも遅く、体も弱くて生まれたばかりの頃は20歳まで生きてられるかどうかって言われた事もあったのが信じられないくらいです。

 

雨漏りは家の中で起こらないと気付かれません。

 

私たち瓦工事店に雨漏りの修理の依頼があるのは家の中に雨漏りの跡を発見したとかポタポタと音がするとか実際に雨漏りの水滴が落ちてきた時です。でも屋根や壁から雨が入るのは家の中だけとは限りません。軒先やケラバなど外部でも雨漏りはするし居住空間じゃない部分でも雨漏りはします。
私が移動してる時に屋根を見て、あの家雨入ってるなぁって思う家って意外と多いんですが何度通っても全然修理された気配がないと突撃したくなるんです。

 

瓦が屋根に残っていても下地はダメになってるかもしれません。

 

屋根の構造は太い「垂木」と言われる部材の上に「野地板」が敷き詰められていて、その上に下葺き材の「ルーフィング」を施工した後で瓦の施工になります。最近の下葺き材は防水性が高くなってるんですが、20年くらい前になると下葺き材の防水性は当てに出来ません。つまり瓦部分が原因で雨漏りした場合、野地板と垂木が一番ダメージを受けてしまうんです。垂木は太い木材なので多少は長持ちするんですが、野地板は厚くても10mm程度しかないので繰り返し雨にさらされるとあっという間に腐ってしまいます。それでも垂木が支えになって瓦が落ちずに残っている事もあるので油断出来ません。下手をすると屋根に上がったら瓦ごと踏み抜く事になったりもします。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190117221905j:image

 

屋根の形状が真四角じゃないと雨漏りしやすいんです。

 

今回修理した現場もそういう現場でした。現場調査に行った時は屋根に上がらず場所だけ聞いて下から確認したんですが、いざ屋根に上がってみると瓦が屋根に残っているのが不思議なくらいの痛み方です。
残ってる瓦を落とさないように慎重に撤去して野地板の残骸を掃除して垂木が無事な事が確認できたのでコンパネを使って野地板を張り直した後に瓦を葺き直しました。
原因は屋根形状が真四角ではなく軒先とケラバが直角になってなかった為に瓦の納まりが悪くなっていた事です。半端になっている瓦の角度を調整してやる事で入り勝手になっている水が入らないようになるのでその調整をして念のためにコーキングをして納めました。
次はここまでなる前に気付いて欲しいですね。

AIが普及すればするほど職人仕事の価値が上がります。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
昼間はめちゃくちゃ暖かったのに日が暮れると一気に冷え込んできました。今日から2~3日ほどは冬型の気候で冷え込むとの予報です。インフルエンザも流行してるし、体調管理には気を付けないとですね。
事務所では主にエアコンで暖房してるんですが、個人的には石油ストーブの暖かいのが好きです。水入れて薬缶を置いておくと乾燥も防げるし。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190116214824j:image

 

AIの普及は大事やけど頼ってはいけない。

 

経営に関する勉強会などに行ってよく聞くのが生産性の向上とかAIの活用とかです。まぁ、これから伸びてくるのは確かな分野やし、確かに今以上に人財不足が確定している将来に向けてAIの活用なんかは必須ではあると思います。
でも依存してしまうと待っているのは生物としての退化やと思うんですよね。なんでもAIに任せてしまうと人間が自分で判断する事がなくなるし、何より楽しみも感動もなくなってしまいます。

 

人間の手でつくるモノの価値が少しずつ見直されています。

 

私が学生の頃にパソコンが普及しだしてから20年で何でもデジタル化されてきました。ネット環境の普及と相まってアナログの価値が物凄く下がってしまった時期もあります。でも最近は少しずつアナログの良さが見直されてきたように思います。
建築の世界では常に最新技術が更新されて採用されているんですが、それを支えるのは現場で仕事をしている職人の手仕事やったりします。
職人の手仕事が科学的に分析されて、経験則でしかなかった良さがデータとして評価されるようになった事が1つの要因ですね。

 

手に入りにくいものは価値が上がる。

 

職人の手仕事の価値が上がり始めているもう1つの理由はその希少性が上がってるからなんです。職人の世界って一人前と認められるまでの期間が長いのに入職者は物凄く少ないんですよね。今ほど仕事が多様化していない時代は代々職人をしているという人以外でも職人になっていたんですが、サラリーマンや公務員が人気の職業になるにつれて入職者が減ってしまいました。それでも修行中の人が少しずつ一人前になっていたのでこれまでは職人不足になる事はなかったんです。それが高齢化によって引退する職人さんが増えた事によって減り始めました。
人間の心理として手に入りにくいものほど欲しくなりますよね。AIが仕事をするようになると人間の手仕事が減るから余計に希少価値が出てくるんじゃないかと思います。

5年振りに会う友人でも時間を感じないのはSNSのおかげです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
年が明けてから姫路ではインフルエンザが猛威を振るっています。幸い当社では罹患した人はいませんが、知人友人関係でもボチボチと罹患した報告が上がってきました。小さいお子さんや高齢者の方と一緒に住んでいる方は要注意ですね。
私は結婚してすぐのちょうど今頃にインフルエンザに罹ったりました。嫁さんが資格試験の直前やったのに嫁さんにも感染してしまって、2人して引き籠った事があります。幸い試験当日までに治って、無事資格も取得出来たようでホッとした事を覚えています。

 

とても久し振りに会う友人が訪ねてきてくれました。

 

共通の友人を介して知り合った友人が会社に訪ねてきてくれました。初めて会ったのはもうかれこれ6~7年くらい前やったと思います。知り合った当時はまだ銀行員として働きながら自分が好きなスーツの勉強をしているところやったんですが、その後退職して昨年、自分のサルトを大阪の中津で開業したそうです。

www.facebook.com


スーツを作る職人としての一面の他にスーツを仕立てる事の楽しさを伝える為に講演をして「仕事着」としてのスーツではなく「お洒落着」としてのスーツを普及しようと日々頑張ってます。
私自身、体型的にスーツは仕立てないと合わないので相談に乗ってもらったりと尊敬している友人なんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190115174711j:image

 

 

5年振りって感じがしませんでした。

 

お互いの近況はfacebookを通じて知っているものの、直接顔を合わせて会うのは5年振りくらいになります。姫路に来る用事があるとの事で顔を出してくれたんです。
普通5年振りに会うとなると最初はちょっとぎくしゃくしてしまうんですよね。しかも実は知り合ってから顔を合わせた回数はそれほど多くないんです。それでも自然に当たり前に話が出来てfacebookでアップしている事以外の事までいろいろと話込んでしまいました。

 

SNSが普及したからこそ繋がった友人です。

 

SNSが普及する前ってある程度定期的に会わないとなかなか友人と呼べなかったり、少しずつ連絡を取らなくなってフェードアウトしてしまう事が多かったんですが、今はどれだけ時間的、距離的に離れていても簡単に繋がれるんですよね。
facebookに登録した直後は「どこに行った」とか「何をした」とかをアップする意味が分からなくて1年くらい放置してたんですが、自分が会社の代表になり、自分の名前で商売をするようになるとこんなに有り難いものはありません。もちろん商売を抜きにしても友人達との繋がりが続くようになったので楽しみが増えました。
まだまだ活用と言えるほど使えてないけど、少しずつ使いこなしていかないとですね。

新年謎始めは脱出失敗に終わりました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は成人式ですね。facebookでいろいろな方のお子さんが成人式の報告をされていました。ちょっとびっくりするくらいです。それだけ自分も年齢を重ねたって事なんですよねぇ。私は成人式は会場まで行ったものの式典にも参加せずに外で久し振りに会う友人達とひたすら喋ってました。当日は雨が降ってたのと、親父のコートを借りて着ていたら「マフィアみたいや」って言われたのをよく覚えています。少しはコートが似合うようになってたらええんやけどなぁ。

 

今年最初の謎解きに行ってきました。

 

去年は新年からリアル脱出ゲームで脱出成功して気分良く1年がスタートしたんですが今年は「ある牢獄からの脱出2」で脱出失敗でのスタートとなりました。このゲームは10人制で、数年前に参加して脱出失敗した「ある牢獄からの脱出」の続編という位置付けです。でも前作を知らなくても問題なく楽しめる内容なんですよねぇ。
今回は嫁さんと友人2人の計4人で申し込んで、別の団体さんとの混成チームで挑んだんですが、全く時間が足りませんでした。
脱出成功したチームは30分ちょっとで全部の謎を解いたらしいですが、ちょっと信じられないスピードです。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190114191125j:image

 

鉄格子の中に入って囚人気分を味わいます。

 

リアル脱出ゲームのPVでも一番インパクトがあるのがこの「ある牢獄からの脱出」かもしれません。会場のセットが本当の牢獄みたいなんです。囚人気分を味わえるんですが、内容に関してはネタバレしちゃダメなのでこれ以上は秘密です。
大阪の日本橋にある「アジトオブスクラップ」という建物の中でやってるんですが、ビル1棟の中にいろいろな脱出ゲームが用意されていて、どれも個室に閉じ込められて、謎を解いてその部屋から脱出するという形式のゲームになっています。

 

数ある脱出ゲームの中でも屈指の難易度です。

 

リアル脱出ゲームに参加するようになって5年以上経ちますが、本当にたくさんのゲームがあります。どれもこれも脱出成功率は2割程度で3割を超えるとかなり難易度は低く感じるんです。今回参加した「ある牢獄からの脱出」はその中でも屈指の難易度なんです。
そして脱出に失敗しても再度同じゲームに参加する事は出来ないのがまた悔しいんですよね。まぁ、ゲームの性質上、答えを知って参加すると面白くないんですが。
そして悔しいから別のゲームに参加して脱出成功を目指すという無限ループに陥るんです。でも脱出成功出来た時は本当に嬉しくて、ついついまた参加しようって思ってしまいます。ちょっとちゅう毒性があるかも。
次はいつ行けるか分からないけど、次に備えて脳みそを柔らかくほぐしておかないとです。

消防団はとんど祭りの火の管理もやってます。

こんばんは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。

テレビやラジオで今年は麻辣(マーラー)が流行ると言ってたのを何気なく聞いていたんですが、ラーメン屋さんに入った時に流行の足音を聞いた気がしました。

そのラーメン屋さんはピリ辛のラーメンをビリカという商品名で出してるんですが、そこに「シビビリカ」が加わったんです。一緒に行った人が注文してたんですが、目の前を丼が通った時の匂いだけで山椒がめちゃくちゃ効いてて辛いのが分かるくらい強烈な匂いでした。

山椒は嫌いではないし、辛いのも程々であればいいんですが、強すぎるのはちょっと苦手です。

 

とんど祭り(左義長)が今年も開催されました。

 

今日は地元のとんど祭りでした。去年は嬉しそうにドローン飛ばしてみたりしましたが、今年は大人しく点火される様子を見てました。

昨日、少し雨が降ったので湿ってないか心配やったけど、数日前から乾燥注意報が出るくらい乾燥してたせいか、今年はかなり順調に火が回ってきれいに焼けてました。

火勢が強すぎて5m程離れていても肌を刺すような熱気が伝わってきます。みんな振舞いの善哉を食べながら「今年はよく燃えるなぁ」って口々に言ってました。

 

消防団も消防車と一緒に待機です。

 

私の住んでいる地域はまだまだ田んぼもたくさんあって、開けた土地があるのでよっぽど風が強くない限りは大きな問題にはならないんですが、それでもかなり大きな火を扱うので消防団は消防車を待機させて万が一に備えます。

消防車と言っても軽トラタイプの一番小さいやつですが。それでもホースもポンプも使える状態にはしてあって、初期消火はばっちり出来ます。

まぁ、待機と言いながら他の人と一緒になって善哉食べながらとんどが焼けていくのを見てるだけなんですが。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190113230907j:image

 

ある程度燃えてからが消防の仕事です。

 

「とんど」は竹の骨組みを組んで、そこに藁を巻いて作ってありますが、ある程度火が回ると竹を組んでいる縄が燃えて崩れます。

消防の仕事は崩れてしばらくしてから始まるんです。藁って固まってると意外と中まで火が通らなくて外側だけ燃えて火が小さくなってしまうので、それを適度にかき混ぜてちゃんと全部燃えてしまうように管理するんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190113230835j:image

火が小さくなってると言っても近付けるのはせいぜい2mくらいで、それでもかなり熱くて長くは居られないんですよね。

消防団の法被を着ていると体は比較的暑さに耐えられるんですが、剥き出しになってる顔だけはどうにも防御のしようがありません。

燃え尽きるまでは熱気と煙と戦いながら火の管理をしないとなんです。前日までにしっかり雨が降ったりするとなかなか燃えなくて拘束時間が長くなるんですが、今年はかなり早く解放してもらえました。

毎年この調子で燃えてくれるといいのになぁ。