姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

当たり前やと思ってた事を疑ってみませんか?

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
私が住んでいる地域はかなり田んぼが多く、うちでも稲刈りが始まって1ヵ月近くになりますが、周辺でも稲刈りがピークを迎えつつあります。稲刈り直後の田んぼでは鳥が餌を求めて鳩やら鷺やら烏やら鳶やらが集まっててこの時ばかりはケンカもせずにせっせとごはんを食べています。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170925212924j:plain

 

少子高齢化が本気でヤバイ?

 

先日本屋さんで見つけて購入した本の1冊に「未来の年表」があります。この本は現在の少子高齢化がどれだけ深刻な問題なのかという事がかなり分かりやすく解説してあるんですが、読めば読むほど今の状態がよろしくないのに即効性のある解決手段がないという事に焦りを覚えてしまいます。
東京の23区内でも消滅する可能性のあるところがあったりしていて都会でも油断出来ない状況だとの事です。
建築業界でも職人のなり手が減っているのは実感として感じている事ですが正直な話そこまで深刻に考えていませんでした。

 

空き家の問題も待ったなしです。

 

少子高齢化と共に空き家の問題も論じられていました。今現在でも空き家は800万戸あると言われています。そのうち6割ほどがマンションなどの集合住宅で残りの4割が一戸建てなんですよね。それだけ住宅が余ってるのにまだ年間100万戸近くの新築住宅が建てられているんです。
住宅業界はこれまで新築に支えられていた部分が確かにあるかもですが、毎年100万戸以上増えている状態を誰も不思議に思わなかったのかな?って事が気になります。私はこの業界に入った時に疑問に思いました。増え続けてる割りに取り壊される住宅って少ないなぁって。
それが最近になって立派な家やのに空き家になっていて傷む一方の家の修繕仕事が増えてきました。それでもまだ新築が増え続けてるんですよね。

 

家は使われないと傷むのが早いです。

 

空き家が問題になるのは放置されると傷むのがとても早くて景観が悪くなる事と倒壊する可能性が高くなる事が理由です。家って使われないとびっくりするくらい傷むのが早いんですよね。
特に屋根は空き家になったら数ヶ月で草が生えてきたり瓦がズレたりします。空気の流れがなくなって湿気が逃げなくなるのが原因じゃないかと思うんですが、そうなると雨漏りにも繋がるし使われていなければ雨漏りにも気付かないので木材が腐っている事にも気付かず対処が遅れてしまいます。
行政が取り壊しや修繕を代執行出来るようになってますがまだまだ個人の資産を勝手に触る事には抵抗があるのか事例そのものは少ないんですよね。
人口の問題と一緒に空き家の問題も解決していかないとです。

食べる量で年齢を感じる事が増えてます。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
涼しいなぁって思ってたらびっくりするくらいの陽気になって出掛ける時に着る服で悩んでしまいます。
今日は結局半そでのポロシャツにしましたが、そろそろ薄手の上着も用意しておかないとですね。

 

無性に肉が食べたい!って思う事がたまにあります。

 

贅沢な話なんですが、最近、よくお魚を頂いてたんです。母家と分けても消費しきれない分量になってたりで家での食事が魚に偏ってた事もあって無性に肉が食べたくなってました。
魚も嫌いじゃないんですよ?10代の頃はあまり好んで食べてなかったんですが、20代半ばくらいからは美味しいって思うようになって30歳過ぎる頃には肉と魚で迷う事もあるくらいには魚料理も好きなんです。でもなんか肉が食べたかったんです。
そこで嫁さんに誘われて神戸まで足を伸ばしてきました。神戸のモザイクにある「サバス ブラジリアーノ」さん。初めてのシュラスコ体験です。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170924225041j:plain

 

自分で思ってたよりも食べられる量が少なかったんです。

 

テレビなどで紹介されてるシュラスコって1枚切ってもらって食べて、次が来たらまた切ってもらってという風にちょっとまどろっこしい印象がありました。あのペースやったらいくらでも食べられるような気がしてたんです。
それがいざ食べてみると1枚1枚が意外と腹に溜まってきます。美味しくて最初についついがっついてしまったのも原因かもしれませんが、開始30分ほどでこれ以上は美味しく食べられないと感じてストップしてしまいました。
残りの時間は少しだけ口直しにデザート替わりのフルーツを食べたりしながら他のお客さんの所で肉が切られてるのを眺めていました。

 

BBQでも用意する肉の量が半減してたなぁ。

 

そういえば30歳くらいの時にやったBBQでは10人で2kgくらい用意しても足りなかった肉が同じ調子で用意すると余ってました。それだけ食べられる量が減ってるんですよねぇ。
今では量よりも質って事で1人につき1枚だけめっちゃいい肉を用意して残りは安い肉にして、野菜とか他のモノをいかに美味しく食べるかを考えるようになってます。
食べ放題っていうのも罠で空腹で行くからスタートダッシュで食べ過ぎてしまうんですよね。いつまで経っても20代の頃の感覚でいたらダメって事ですね。
年齢相応に美味しいモノを美味しく頂く食べ方にシフトしていきたいと思います。

最近声を出して笑った事ありますか??

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
さっき事務所のブレーカーがいきなり落ちて焦りました。私はノートパソコンを使っているので停電でもバッテリに切り替わるので問題ないんですが、デスクトップのパソコンはいきなり停電するとデータに異常が出ないか心配になります。バックアップは事務員さんが細目にとってくれているけどパソコン自体が壊れると困ります。

 

大人になると大笑いする事って減りますね。

 

子供の頃は友達同士でしょうもない事を言って大笑いしたり漫画やテレビで大笑いする事がしょっちゅうありました。それが大人になるにつれて減っていたような気がします。
減ったと言っても私自身は結構笑う方やという自覚はあるし友人にもよく笑う人が多いので気持ちが落ち込んでる時にはとても救われています。夫婦の会話でも笑ってる事が多いですね。それが観劇に行くようになってからは泣いて笑ってと忙しいので30歳を過ぎてからの方が感情を出す事が増えてます。20代の頃が一番笑ってなかったかもしれません。
考えてみると仕事をするのが一番しんどかった時期が一番笑えてませんでした。

 

何も考えずに大笑いするって気持ちいいです。

 

小説やビジネス書も読みますが、それ以上に漫画もよく読んでいます。この年齢になって漫画読んでると眉を顰められることもあるんですが、好きなものはやめられませんね。
それでも読む漫画のジャンルはかなり変わってきていて、子供の頃によく読んでいた「ギャグ漫画」はほとんど読まなくなってしまいました。絵が合わなかったり内容が合わなかったりする事が増えてきたんですが、そんな今でも大好きなギャグ漫画が1作あります。
聖☆おにいさん」という漫画です。釈迦とキリストが現世にバカンスに来て騒動を巻き起こすという、一歩間違えたら宗教家に怒られそうな内容なんですが、これが面白いんです。年甲斐もなく声に出して大笑いしてしまうので電車の中とかでは読めませんが。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170923185258j:plain

宗教の話は難しい?

 

私自身は多分仏教徒です。お世話になっているお寺があるし子供の頃はお寺の日曜学校でお経を習ったりもしてました。でも神道の方にもお世話になってます。初詣やその他神社へのお参りなどなど。クリスマスなどの元は宗教的な意味を持っていた行事は単なるイベントという感じです。このあたりは一般的な日本人ですね。
こんな風に宗教に寛容な日本やからこそ世に出た作品ですが読んでるとつい大笑いしてしまいます。仏教徒やのに釈迦の弟子の名前を知らなくて、何故かキリストの弟子の名前に聞き覚えがあったりするんですが、釈迦やキリストを「人間」として扱っている事が面白さに繋がってるんじゃないかなぁって感じました。

後回しにして時機を逃さないようにしないとね。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
天気予報にない雨に降られて現場調査で少し怖い思いをしてきました。雨が降ると釉薬の瓦は大変滑りやすいので気を付けないとです。

 

お誘いがあるという事はチャンスが巡ってきているという事。

 

8月の後半からスタートした「知的資産経営レポート作成セミナー」が昨日で最終回を迎えました。これまでも経営革新計画や小規模事業者持続化補助金などの申請で自社の見直しをしっかりやってきたつもりでしたが、財務的な面が多くて現場での仕事や営業などの面での見直しが不十分やったんやなと新しい気付きになりました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170922190741j:plain


レポートは但陽信用金庫の担当さんがサポートについてくれて私が作成したものですが、これを土台にして従業員全員で報告書という形にしていくのが最終目標です。
こういうセミナーや勉強会というのは情報を得ようとしない限りは耳に入って来ないので縁のないもになってしまいます。逆に少しでも勉強しようと思っているとそういう情報がいろんな所からもたらされて1つ終わると次のものと言う風に繋がります。人脈や縁が繋がっていてやろうと思っているからこそお誘いがあるんですよね。

 

後回しにするとチャンスは逃げていきます。

 

我々のような現場仕事ではどうしても現場優先で仕事が回るので、お誘いがあってもついつい「また今度」とか「次の機会に」って言ってしまいがちです。
でもこういうご縁はその「次」がいつになるか分かりません。なので面白そうって思ったものはよっぽど予定が合わない限りは出来るだけ参加するようにしています。
そこで繋がったご縁が少しずつ広がっていくのも実感出来るし、自分がやる事によって知り合いにも興味を持ってもらえたら嬉しいので。
もっともやり過ぎると自分の本来の仕事を見失ってしまう事にもなりかねないので、その辺りのバランスと見極めが大事になりますが。

 

宿題はギリギリになってから慌てるタイプです。

 

後回しにしない方がいいなんてカッコつけてますが、私は宿題とか課題は期限ギリギリになってから慌てるタイプなんです。ついつい後回しにしてしまってエラい目にあってちゃんとやろうって思うのにしばらくするとまた後回しにしてしまいます。覚悟が足らんのでしょうね。
このブログも始めてしばらく経った時にちょっとずつ更新出来なくなった事がありました。ちゃんと自分でやるって決めて周囲に公言して逃げ道をなくしてやっと毎日出来るようになったんですが、Facebookにリンクさせていてコメント頂いてるのに返信を後回しにしてしまってました。
今日一気に返信したんですが、数ヶ月単位で返信が滞っていた事に自分でもびっくりです。後回し、良くないですね。

人前で自分の経験を話すというのはとてもいい振り返りになります。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
9月もあっという間に後半になりました。年々時間が経つのが早くなっていってる気がします。それだけ充実してるって事かなぁ?

 

経営革新セミナーで事例発表を行いました。

 

先日、姫路の北部の神河町というところで開催された経営革新セミナーで事例発表させていただきました。
お世話になっている中小企業診断士の荒木さんからのお誘いで何故経営革新計画の承認を受けようと思ったのかという話から、申請書類を作る時の事や承認をもらって変わった事などを荒木さんとの対談形式でお話させていただきました。
これが自分一人で発表してたらきっとグダグダになってたと思います。適格に話を振ってもらえたおかげで感じた事とか思った事をしっかり話す事が出来ました。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170921190221j:plain

 

人前で話すには慣れが必要です。

 

セミナーの参加者は10名ほどでそれほど人数が多くなかった事もしっかり話せた要因の1つですね。これがいきなり30名とかやと絶対にアガリまくってます。人前できちんと話せるようになるにはそれだけの場数と慣れが必要です。
まだまだそんな境地には立ててませんが、それでも10年前と比べるとかなり場慣れはしてきたんじゃないかな。
今回は荒木さんのセミナーの中の一部としてやったので特に事前準備する事もなかったので始まるまではどんな話をすればいいのかって不安はあったものの、進行とか時間とかを気にしなくても良かったのでかなり気楽でした。

 

自分の経験の振り返りって大事ですね。

 

いろいろなセミナーや勉強会に出てても振り返りがないとなかなか身につきません。やろうと思っていてもなかなか実行できないのも振り返りが足りないからやと思います。
でもこの振り返りって自分一人ではなかなか出来ないものなんですよねぇ。客観的に聞いてくれる人がいて、いろいろな質問を受けるのはとても大事やと感じました。
来月はもう少し大勢の前で瓦の話をするお話を頂いています。最近少しずつこういう機会が増えてきました。以前なら苦手やからって逃げてたような話ですが、少しだけ面白いって思えるようになったのは場慣れしてきたからかな??
慣れ過ぎて余裕かまして失敗しないようにしっかりと準備しておかないとです。

プロでも直せるものと直せないものがあります。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今回の台風の仕事への影響は通過した後の初動は遅かったのにじわじわと問い合わせが増えてきています。毎日現場調査に行ってるのに1日の終わりには朝と同じだけ未調査の物件が残っていて仕事したのか微妙な気分になります。

 

メンテナンスしてないと手遅れになります。

 

台風に関係なくここ数年で劇的に増えた事例があります。これまでずっとメンテナンスせずに放置してボロボロになった状態でリフォームせずに雨漏りの修理だけして欲しいという事例です。
そういう屋根は現場に到着して見上げた瞬間に「あ、これはアカンわ。」って思ってしまうんです。それでも屋根に上がって状態を確認しないとお客さんも納得されないので上がるんですが、こういう状態の屋根って瓦の下の木部が腐ってないのかはっきりと分からないのでめちゃくちゃ怖いんですよね。
瓦の強度も無いに等しい状態になってるので一歩一歩ゆっくり足元を確認しながらの移動になるので時間もかかります。

 

簡単に止まる雨漏りと止められない雨漏りの違い。

 

瓦の強度が十分にあって、1枚だけ割れてたりとか谷の金属部分に穴が開いてるといった状態は雨漏りを止めるのはそれほど難しくありません。悪くなった部分を取り換えれば済むんです。
難しいのは表面上は全く不具合がないのに雨が漏る事例。解体しないと見えない場所にある原因を推測してその部分を解体しないといけません。それでも原因を特定出来たら修理は可能です。
お手上げなのは悪いところがあり過ぎて葺き替えしないといけないような状態やのに「応急修理で雨漏りを止めて」と言われた時です。「私が生きてる間だけ保たしてくれたらいいから」と言われても難しいですよねぇ。全部葺き替えする予算はないからって言われても触れば触るほど修理する箇所が増えてしまうんです。

 

中途半端に古い瓦が一番難しい。

 

50年とか60年以上前の瓦は比較的強度が残っています。20年前以降の瓦も大丈夫です。一番問題なのは40年から50年くらい前の高度成長期に建てられた住宅の瓦ですね。
焼きが甘くて凍て易い上に鉄釘や亜鉛釘を使って施工されているので釘が錆びて瓦が割れる原因になっています。釘割れが出ている屋根では当時丁寧な仕事をしている方が割れてる枚数が多いので被害が拡大してしまいます。釘で留めつける枚数を減らしている手抜き工事の方が長持ちするのは皮肉としか言えませんね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170920232802j:plain


瓦に凍害が出始めたらその屋根は寿命やと思ってもらった方がいいです。5年だけ保たせてっていう依頼が一番大変なんですよ~。

普段入れない所に入れるってトクベツ感あります。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
台風後の点検の依頼が徐々に増えてきました。昨日が祝日やった事もあって、お客さんからの連絡が今日になったようです。九州と四国に上陸してからの明石上陸やったので姫路では降水量は多かったものの風はそれほどでもなかったので瓦の被害は予想よりも少なかったみたい。

 

閉園後の遊園地に入れるのってちょっと嬉しいです。

 

このブログでも度々紹介しているリアル脱出ゲームですが、たまに普段はなかなか入れない所でのイベントが企画されてたりします。私が今まで参加したのは閉園後の遊園地、大阪ドームのグラウンド、神戸ほっともっとフィールド神戸のグラウンド、閉館後のデパートなどがあります。その中でも閉園後の遊園地は一番よく開催されていてこれまでに3回行きました。
普段は入れない時間帯であったり、入れない場所に入れるというだけでちょっと得した気分になれるのが不思議ですよね。

 

難易度はかなり高めです。

 

こういう特殊な場所での謎解きは全体的に難易度が高めになっています。謎の難しさもあるんですが、落ち着いて考える場所がなかったり、照明が暗くて問題文を読む場所を探すのが大変やったり探索の範囲が広すぎて移動に時間がかかったり、参加者が多過ぎて解答場所で渋滞が起きたりするのが原因です。
特に遊園地では照明と人の多さが、球場では広さが難易度を上げてるように思います。
脱出失敗したらめちゃくちゃ悔しいんですが、解説を聞くと「なるほど~」って思ってしまって、次こそは脱出成功してやる!って気分になってどんどん深みにはまってしまうんですよねぇ。

 

閉園後の遊園地はアトラクションには乗れません。

 

当然ながら閉園後の遊園地ではアトラクションには乗れないんですが、演出も兼ねて観覧者やメリーゴーランドなどの電飾に光が灯されていてとても綺麗なんです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170919211100j:plain


その分他の場所が余計に暗く感じて入っちゃいけない感が増すんですが。前回参加した時で1000人を超える人が参加してたそうなので閉園後で閑散としているって印象はなくて、むしろ人がいる場所が限られているので昼間よりも人が多いように感じてしまうくらいです。閉園後にアトラクションに電気を入れたりする事を考えるとそれなりの人数が参加しないと成り立たないのは分かるけど、雰囲気を出すならもう少し人が少なくてもいいかなぁって思ったりもしますが、普段入れない場所に「トクベツ」に入れるっていうのが付加価値になって毎回大人気になってます。頭だけでなく体力も使うので終わった後は心地よい疲労感に包まれるのでオススメですよ。