姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

見えない所でも手を抜かないから面白い。

こんばんは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
めちゃくちゃ寒いですね。普段は現場で仕事してたら暑くなって防寒着脱ぐ事が多いんですが、今日は全く脱ぐ気になりませんでした。
明後日くらいまで寒波が居座るそうなので体調管理にはくれぐれも気をつけてください。

 

作品の中の建造物に焦点を当ててるのが面白い。

 

昔からアニメが好きでよく観てるんですが、放映中は楽しくても終わったら内容忘れてる作品とシリーズが終わってもついつい関連作品とかを探してしまう作品とがあります。
何が違うんかなぁ?って長いこと分からなかったんですが、先日、あべのハルカス美術館で開催されてiいる「ジブリの立体建造物展」に行ってみて謎が解けました。
スタジオジブリの展覧会というと映画とその原作について1作品のみでの開催は「魔女の宅急便展」や「借りぐらしのアリエッティ展」など今まで何度か行った事はあるんですが、ジブリアニメの中の建造物に焦点を当てているのが面白いところです。
しかも協力が竹中大工道具館なのでかなり本気で建築についての考察をしています。
日曜日のちょうど昼くらいにあべのハルカスに到着したんですが、昼時やからか並んでる人はそこまで多くなくて整理券も配布されていませんでした。それでも入場券を買うのに10分、中に入るのに30分ほどかかりましたが。
列が長くなると整理券の配布と共に入場制限がかかるようです。展望台とのセット券なんてのもあったけど今回は美術館のみで。
入場制限がかかるほどではなかったけど、中に入ってみるとやっぱりそれなりの人の多さでちょっと狭くなってる通路なんかは人口密度がエラい事になってました。

 

実物大のセットからジオラマの模型までとてもリアルに作ってあります。

 

入り口入ってすぐは実物大のセットが作ってありました。アニメを画面上で観てたらすぐに分かるのに実物大になったらどの作品のものなのか一瞬判別出来なくなります。
まぁ、有名な作品でも建物なんかは基本背景なのであまり記憶に残らないんですよね。アニメの1シーンが流れて来て初めて「あ、あのシーンのところか!」ってなります。
全部の作品を網羅してるわけでもないし、展示されてる作品の建物が全部ジオラマや模型になってるわけでもないんですがどれもかなり精巧に作ってあってセル画や原画も展示してあったんですが、そっちのけで模型ばかりみていました。
中でも圧巻やったのが「千と千尋の神隠し」の舞台になってる「油屋」のジオラマ模型です。大きさもさることながら作中では出てこない側の構造まで宮崎駿監督にインタビューして作り込んであって、そのままアニメの1シーンが始まりそうな雰囲気でした。

 


f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20171213002340j:image

 

見えない所まで作り込んであるから違和感がない。

 

アニメって放映が終わってからでも長く人気が続く作品は例外なくこういう「見えない部分」がしっかり作り込んであるんですよね。登場人物の設定がしっかりしてるだけじゃなくて、科学的な部分であったり地理的なものであったり。それがない作品って放映が終わると記憶から抜けてしまいます。そしてそういう設定があるから派生作品や裏設定の物語が更に作品になったりして、人気が長く続くんやと思います。
この「作り込む」って実際の仕事なんかでも同じ事が言えますね。下準備をしっかりした仕事は物凄く順調に進むし評判もいいけど、やっつけ仕事をやるといくら見た目が綺麗に出来ていてもどこかで不具合が出てしまいます。
効率化も大事やけど手を抜かないって事も大事です。

自然の素材を原料にしているから接していても安心です。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
現場に出てて夕方から会議や忘年会が入るとブログ書いてる時間が取れません。朝イチに書ければ一番いいんですが、考えがまとまりきらなくて中途半端になってしまうので一番時間が取りやすい夕方以降になってしまいます。
これも朝イチで書く習慣をつけてしまえば問題ないんでしょうね。

 

淡路島は私の職人としての原点なんです。

 

先日、高専時代の同級生が所属している建築士会の支部会の見学会のアテンドで淡路島へ行ってきました。午前中は現場を回って午後から合流で目的地は瓦大好きな先輩、道上大輔さんのいらっしゃる大栄窯業さんです。建築士の方に瓦の事を知ってもらうまたとない機会やったので同級生から声がかかった時はめっちゃ嬉しかったんです。
そして淡路島は私の職人としての原点でもあります。前職を辞めた後、家業に戻ってから1年間、週の半分を淡路島で過ごしました。瓦の職業訓練校があって、そこで師匠から技術だけじゃなく知識や心構えを教えられました。
今は自分が教える側になっていますが、師匠や先輩の域に到達するにはまだまだかかりそうです。

 

何回聞いても楽しくて飽きない「瓦の話」

 

道上先輩の瓦の話は何回聞いても楽しくて、「そうそう、そういう事が言いたいんです!」って思います。お客さんと話をしてる時に雑談で話す内容を系統立てて分かりやすく例示しながら話が進んでいるので時間が経つのを忘れて聞き入ってしまいます。
毎日の仕事でもっとどう伝えればいいのかって考えながら仕事をしないといけない立場やのに忙しさにかまけてついつい流れで仕事をしてしまうので、いざあらたまった場で瓦の話をするとなると取り留めのない話になってしまうんですね。
製造の側から見た業界の話と施工の場からみた業界の話ってリンクするところもあるし、違うところもある。それをちゃんと把握して両方の話を織り交ぜながら瓦の施工の話をするにはまだまだ経験が足りないです。

 

粘土の採掘場に行くと自分の悩みが吹っ飛びます。

 

熱のこもった先輩の話の後は工場見学、そして瓦の原料になる粘土の採掘場の見学です。工場は規模は違うけど昔うちにもあった設備がいっぱいなのでとても懐かしい気分になります。
製造の設備があったのは20年以上前の事やのに結構鮮明に覚えてる事に自分でもびっくりしました。
そして粘土採掘場は写真で見た事はあったけど現地を見たのは今回が初めてでした。想像以上に大規模でその中で極一部だけが瓦になる粘土層やって聞くとよくそんなところまで掘り返したなぁって感心してしまいます。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20171212000751j:plain


うちで製造してた頃は田んぼを掘り返して、その下の粘土を使っていたそうで、だいたい2~3mくらいの深さまで掘ってたらしいです。淡路島では山を切り崩しているので大自然の中にある素材を使ってるんやって事がとてもよく分かって、採掘場の風景を見ていると小さい事で悩んでたなぁって気持ちが吹っ切れました。

感動は記録よりも記憶に残したい。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
人の集まるところではあちこちでクリスマスに関連したイベントが開催されていますね。ここ10年ほどはイベントで集まる人の数が尋常じゃない事になってて行くのにちょっと覚悟がいるようになってしまったけど行ってみると楽しいんですよね。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20171210214225j:plain

 

人間の眼はカメラよりも高性能です。

 

デジカメが普及してきて気軽に写真が撮れるようになって、それが携帯やスマホに移行して、今やデジカメを持たない人も増えてきました。昔はカメラを持ってるだけでも凄いって言われてたのに変われば変わるものです。
私はスマホでも写真撮りますが、コンパクトデジカメもデジタル一眼レフも持っていて、シーンによって使い分けをしています
自分の眼で見て感動した風景や場面なんかを撮るんですが、撮った写真を後から見ると「あれ??」って思う事がよくあります。
感動した事を思い出す呼び水としてはいいんですが、写真を撮った時の記憶と照合しようとするとどうしても写真の方が何段か落ちた感じがしてしまうんです。
それだけ人間の眼の性能がいいって事なんですが、写真に撮るとそこそこ性能がいいレンズを使っても小さくしか撮れないものを人間の眼がくっきりはっきりと見る事が出来るんですよね。

 

インスタ映え」もいいけど自分の眼で見るの忘れてませんか?

 

夜景やクリスマスのイルミネーションを見に行くと凄い混雑してる中でいたる所から頭上に掲げたスマホで写真を撮ってる姿を見かけます。自分もその中に含まれてるのは重々承知してますが、冷静になってその姿を見てると滑稽やなぁって思ってしまいます。みんな自分の眼で見て感動する事を忘れてひたすら写真を撮る事に夢中になってるんです。
それに気づいてからは私は写真を撮るのは最低限にして、自分の眼に焼き付けるようになりました。
インスタ映え」という言葉をあちこちで聞くようになったけどプロの写真家が撮った写真でもない限りは自分の眼で見たものの方がよっぽど感動を覚えるんやって事を忘れちゃいけないですよね。

 

気軽に撮れるようになったからこそマナーが必要です。

 

昔と違ってプリントしなくても撮った写真を確認して気にいらないものはすぐに削除出来るので、写真を撮るのも気軽になったけど、そのせいで時も場合も考えずに写真を撮る人がめちゃくちゃ増えてます。混雑してるのに立ち止まったら後ろから来る人の迷惑になるって分からないはずないのに、道のど真ん中で立ち止まって写真撮る人のいかに多い事か。
神戸で毎年恒例になっている「ルミナリエ神戸」に行ってきたんですが、物凄い数の人が居て混雑してて交通整理をしてる警備員が「立ち止まって撮影するのはやめてください」って言ってる真ん前で堂々と止まって写真撮ってる人も多かったです。
そして撮った写真を見るために俯いてスマホを確認なんてするもんやから更に混雑するんです。人がたくさん集まるイベントの時には必ず見かける風景になってきました。
便利になればなるほど使う人のマナーって大事になってきますよね。

毎日の楽しみが食べる事だけという生活は大変。

こんばんは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。

12月も2週目に入ると年明けの予定がぼちぼち決まってきます。

年末の仕事納めをいつにするのか、年始の初出をいつにするのかカレンダーと仕事の予定とにらめっこしながら決めないとです。

 

「金曜日はカレーの日

 

昔、カレールゥのCMで「日曜日はカレーの日」っていうキャッチフレーズがありました。ハウス食品のCMやったと思うんですが、大好きなカレーが毎週食べれるの?って喜んだのにカレーじゃなくてガッカリした記憶があります。

このフレーズ、元ネタは旧海軍のようです。艦船で長期の任務に就いて、三交代で勤務していると曜日感覚がなくなるので、毎週決まった曜日に同じメニューを出して曜日感覚を維持していたとの事で、その曜日が金曜日でメニューがカレーなんですね。

 

各艦船独自のレシピまであるそうです。

 

海上自衛隊では今でも金曜日はカレーの日だそうです。そしてそれぞれの艦船に専属の給養員(料理人)がいて、オリジナルのカレーのレシピがあって、隊内でカレーのコンテストまであるんだそうです。

なんでこんな事を知ってるかというと、元々自衛隊好きなのもありますが、先日、海上自衛隊阪神基地で護衛艦と潜水艦の見学会に参加する機会があったからなんです。

現役の自衛官カレーの日の真偽のほどを確かめたら間違いない事とコンテストの事を教えてもらいました。

見学会の後には実際に海上自衛隊カレーも(有料ですが)食べる事が出来てラッキーでした。

 


f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20171209194600j:image

 

航海中は食べる事が唯一の楽しみ。

 

航海に出てしまうと楽しみは食べる事だけになってしまうそうです。特に潜水艦勤務では太陽に当たる時間も極僅かな閉鎖空間の中でしかもめちゃくちゃ狭い艦内での生活なので、曜日感覚どころか時間の感覚さえなくなるくらい大変だそうです。

なので、美味しいご飯が食べられるかどうかがとても大事で、陸海空の自衛隊三隊の中でも海上自衛隊だけは料理の専門職を自前で育成するとの事でした。

機密もたくさんある艦船に一般の人を載せて何ヵ月も航海するわけにはいかないですもんねぇ。

いろいろ言われる事が多い自衛隊やけど、日々日本を守るために任務に就いている姿を見るともっと応援したくなります。

寒くなるといろいろなところが痛くなってきます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は一段と冷え込みましたね。県内でもあちこちで雪が降ったって話を聞いています。姫路はあまり雪が降らない所なのでちょっとの雪でも大騒ぎになるけど、雪深い地域ではまだまだこれからが本番なんですよね。
昨冬は雪による瓦の被害がかなり大きかったので今年は何もない事を祈りたいです。

 

気候によって体のあちこちに不調が出ます。

 

20代中頃から天気が悪くなると偏頭痛がするようになりました。元々偏頭痛は持ってたんですが、それまではあまり天気に関係なかったんですよね。そんなに頻度高くなかったし。それが天気が悪くなる前の日くらいに頭が重くなってたまに気分悪くなるくらいひどくなります。
気圧の変化を感じ取って三半規管が反応するのが原因やって話も聞くんですが、元々持っていた偏頭痛との区別がつかなくなって、対処が難しくなってます。
いろいろ調べてみたら天気が原因の場合には酔い止めで症状が緩和される事があるらしいんですよね。それで試してみたんですが、勝率は5割程度でした。
母も偏頭痛持ちで私よりもひどいんですが、症状が出る前に前兆があるようで前兆が出た時は薬飲んで対処してます。
私はそこまで酷くないので気合いで乗り切ってますが、散髪した後とか首筋が冷えるとちょっと頭痛が顔を出し始めます。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20171208185500j:plain

 

寒くなると腰と足首が痛くなります。

 

腰はもう職業病みたいなものですね。屋根の上で一日中かがんで仕事してたり、瓦を屋根の上に揚げたり降ろしたりの力仕事してたら腰への負担が大きいんです。ひどくなると接骨院に行って処置してもらったりもしますが、寒くなると腰痛がひどくなるのでこれからの時期はカイロが手放せなくなります。接骨院の先生には「このゴツい背筋がなかったらとっくにヘルニアになってるね」って言われた事も。
幸いな事にまだギックリ腰をやった事もないし、歩けないくらい酷くなった事はないので温めながらボチボチやっていくしかないですね。
足首は昔何もない所で足首ひねって靭帯を痛めた時の影響です。靭帯が切れたり捻挫みたいに酷くはなかったんですが靭帯が少し伸びてしまったらしくやらかした時はしばらく屋根の上での仕事が出来ませんでした。

 

まだ40歳?もう40歳??

 

6月が誕生日で40歳になった途端に特定検診の案内が来たりして若干凹んだりもしたんですが、満40歳って前厄なんですよねぇ。男の厄で一番キツイのが数え年で41歳から43歳までの厄だそうです。
体質が変わったり体力の衰えなどが重なって一気に出てくる年齢になるのがこのくらいの年齢って事なんですね。
まだ大きな病気はしたことないし大きな怪我もしたことないのでしっかりケアして予防に気を付けてこのまま年を重ねていきたいなぁって思ってるんですが、実は特定検診にも行けてない状態です。
40歳になったら人間ドックに行こうって決めてたのにそれもまだ行けてないし。仕事が忙しいって言い訳する前に行く時間を作るようにしないとですね。

似たような配色のものを買ってしまいます。

こんばんは。

姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。

忘年会のハイシーズンに突入しました。今日はこれからかわらぶき技能士会の忘年会です。今週は2件、来週は5件ほど忘年会の予定が入ってます。食べ過ぎ飲み過ぎに気を付けないとです。

 

衣替えすると自分の好みがよく分かります。

 

先日やっとの事で済ませた衣替えですが、タンスの中身とクローゼットの中身を入れ替える時についでに着るもの着ないもののチェックをしました。

まだ着れると思ってたのに改めて見るとかなりヨレてしまっているものやお気に入りやけど薄くなってしまったり虫食いになってるもの、変色してるものなど毎日着てる時には気づかなかった傷みを発見してあれこれ処分を決心した服が出てきました。

そうやって服の入れ替えをしてると自分の好みの傾向がよく分かりますね。色とか服の種類とか。買った時は何も考えずに選んでるのに見事に似たような配色と形です。

 

自分が何を買ったのか把握出来てませんでした。

 

そんな中でクローゼットの中から出てきた瞬間に「あれ?」って思ったパーカーがありました。

衣替えの前日に着て出掛けて、クローゼットではなくハンガーに掛けたはずのパーカーなんです。思わず「あれ?」って声に出してしまって嫁さんに不審がられました。

ハンガー掛けに確認に行くとそこにはちゃんと着ていったパーカーが。どうやら持ってるのを忘れて似たようなものを買ってしまってたようです。

去年の冬は衣替えの時に全部出さずに着るものを少しずつ入れ替えていったので持ってる事に気づかなかったんですね。全く同じではないけどここまで似たような配色を選んでしまうあたり、着るものがパターン化してる証拠ですね。

自分が買ったものを把握出来てないのが丸分かりで嫁さんに笑われました。

 


f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20171207182046j:image

 

着るものにも頓着しないとね。

 

学生の頃や就職したての頃は全く着るものに頓着してませんでした。買う時に悩むのはバイクのジャケットとか装備品くらいで、普段着る服は色も形も全く気にならなかったんですね。夏場は安売りのTシャツ、冬場はトレーナーの着まわしで済ましてた記憶があります。特に人前に出ることもなかったし、若い頃はそれでも良かったんですよね。

でも流石に40歳にもなって休みでもお客さんに会う事もあるし、人前に出ることも増えてくるとそんな訳にもいきません。

特に結婚してからは嫁さんにも見てもらって多少は気を付けるようになってたんですが、ちょっと油断してたようです。

在庫管理の甘さが仕事にも出ないようにちょっと気を引き締めないとですね。 

新しい手帳を買うとなんとなくウキウキしてきます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今朝はめちゃくちゃ寒かったですね。起きるのも辛かったし外に出るのも防寒装備してても嫌になるくらいでした。
昼間は太陽が出て体感温度が上がったので少し過ごし易かったのが救いですかね。これからどんどん冷えてくるので体調管理がますます大事になりそうです。

 

カレンダーも手帳もよりどりみどりです。

 

12月に入るとあちこちからカレンダーや手帳を頂きます。かなりの数になるので頂いたものは従業員さんや近所の人に譲ったりしてるんですが、それでも余ってしまいます。
今年の分で事務所内の壁掛けのカレンダーだけでも4つ、卓上カレンダーはそれぞれのデスクの上に装備してあって、スケジュール管理のホワイトボードまであるので事務所内のどこに居ても日付の確認には困りません。
カレンダーも毎年いろいろ趣向を凝らしたデザインのモノがあって、インテリア代わりに掲示したりもするんですが、意外と使い勝手がいいカレンダーが少なかったりするんですよね。日付が小さすぎて日にち確認出来なかったり、社名の部分が大き過ぎて(販促品なので当たり前ですが)使い難かったり。
なので申し訳ないとは思うんですが、厳選して事務所と母家と私の家とで使う分と従業員や近所の人に譲ったもの以外の余ったものは処分してしまいます。

 

手帳は「コレ!」って思うものになかなか出会えないです。

 

手帳も頂くものはポケットサイズのモノがほとんどで、私が使いたいサイズからすると小さ過ぎるんです。かと言って市販品で大きいサイズのモノを買うとスケジュールの部分が使い難かったりでどれも帯に短し襷に長しって状態です。
ほぼ日手帳」も使ってみましたが、持ち歩くには少し重いんです。
ってな訳で今年は手帳を持ち歩き用とデスク管理用に分けて使ってみました。同じスケジュールを両方に書き込むのは面倒ではあるけど、そのおかげで忘れる事が少なくなったし今の所はこのスタイルが合ってるような気がします。
ただ、やっぱり中身はもう少しカスタムが必要かなぁって感じました。
そんな時にクラウドファウンディングで見つけたのが「大人の時間割帳」です。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20171206192300j:plain

 

自分でカスタマイズ出来るのであれこれ試せそうです。

 

1年分で4冊に分かれているので3ヶ月で1冊の計算なんですが、中身は自分でカレンダーを作っていく方式なのでいろんな書き方を試せるし、持ち歩くのも1冊が薄いのでそんなに重くないのがいいですね。
なにより自分で書きこまないといけないという「手間」をかける事が自分専用って感じで気に入りました。
来年はいろんな役が当たってスケジュール管理が大変になりそうなので合わせてGoogleカレンダーも使う事にしました。今まで使おうとしてたのに入力が面倒になって放置って事を繰り返してたんですが、流石にそろそろ活用しないとスケジュールの脳内管理に限界が来そうなので。
そして今日、嫁さんが文具店さんのキャンペーンで当選してシステム手帳をもらったけど自分では使わないとの事でちょっと変わったシステム手帳をもらったので、コレを現場管理用の手帳として使ってみます。
手帳ってちゃんと使いこなせたらめっちゃスケジュール管理とか楽になるし、他にもいろいろいい事ありそうなので少しずつ活用法を広げていかないとです。