読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

待っているだけじゃ人も仕事も来るわけないです。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日も一日とてもいい天気でしたね。我が家では今年の田植えがスタートしたようです。親父があちこちから頼まれた田んぼの世話を引き受けているので、早生の品種から順番に6月中頃まで田植えが続きます。

 

人脈の達人のセミナーに参加してきました。

 

今日はそんな家内行事をほったらかして午後から大阪までセミナーを受講してきました。1ヵ月ほど前にご縁がありお会いしてfacebookでも繋がったイラストレーターのやのともこさんからの紹介して頂いた「人脈のプロ「内田雅章」に学ぶ成功する人間関係構築術」というセミナーです。
会社を経営するって人脈がないと出来ない事で、経営者は無意識にやってる事も多いんですが、しっかりと人脈を作る事を意識していないと目の前をチャンスが通り過ぎても気付かない事も多いんです。
地方の零細企業やからそんなに大きな人脈はいらないし自分には関係ないって言う方もたまにいらっしゃるんですが、直接仕事になるものだけが人脈じゃないと思います。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170528224013j:plain

自分から動かないと自分を取り巻く環境は動かない。

 

親父から会社を引き継いだ直後は会社や現場を離れられないからという理由で勉強会やセミナーはあまり参加出来ていませんでした。でもそんな事では自分も自分の周りも何も変わりません。確かに仕事の段取りをするのは大変やし、場合によってはお金もそれなりにかかってしまうけどそれでも行きたいって思う熱量を持つとまず自分の意識が変わります。1回行っただけでその熱量を維持し続けるのはとても難しいんですが自分が楽しいって思う勉強会やセミナーやと定期的に行きたいって思うんですよね。
それで下がりかけた熱量がまた戻ってきます。もちろん、本業が第一でちゃんと仕事の段取りをつけられるのが前提ですが。

 

仕事に対する熱が楽しみに繋がると思います。

 

大学を出て就職してから家業に戻ってしばらくの間は正直な所イマイチ仕事に熱を持てていなかったと思います。日々の仕事をこなすのに精いっぱいやって事もあったけど、本当に好きなのかどうかが自分でも分かってなかったからやと思います。
最近は苦労して就職してもすぐに辞めてしまって若い人がなかなか仕事を続けられないって言われていますが、何に対しても熱を持てないって事が一番の理由じゃないかな?
一概には言えませんが、私が学生の頃は熱を持って一生懸命するのがオシャレじゃないって風潮が強かったように思います。今は少しマシになってるようで学生さんと話していても何かに打ち込んで楽しそうにしている人が多いので安心ですね。
私も負けずにいろんな事に熱を持ってどんどん楽しんで行こうと思います。

江戸時代の食生活は今よりも贅沢かもしれません。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日はあちこちの小学校で運動会やったみたいですね。小学校が近いので通りかかると賑やかでした。
天気はいいけど思ってたより暑くならなくてとてもいい気候で運動会日和でしたね。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170527203855j:plain

 

ドラマ「みをつくし料理帖」が面白い!!

 

NHKで今月から始まったドラマ「みをつくし料理帖」がとても面白くて毎週観ています。原作は高田郁さんの「みをつくし料理帖」シリーズで全10巻ですが、もちろん全て読んでいます。
江戸時代の食文化の話をメインに大坂から江戸に出てきた主人公澪が蕎麦屋「つる家」でたくさんの人に助けられながら新しい料理を考えて江戸でも評判の店にしていくというあらすじですが、料理の描写がとても美味しそうで、夜中に読んでると何か食べたくなるシリーズでした。
過去に他の局でもドラマ化はされているんですが、個人的には今回のNHKの映像化が一番好きです。

 

現代から考えると不便やけどだからこその工夫がすごいんです。

 

江戸時代が舞台なので冷蔵庫はもちろん、ガスコンロなどもなくて料理は現代では考えられないくらい手間のかかるものやけど、その不便さを逆手にとった料理などがたくさん出てくるんです。多分、味そのものは今の料理の方がはるかに上で作中に出てくる料理をそのまま再現したらそんなに感動するほど美味しいって思えないんじゃないかと思います。今では当たり前になっている調理技術や衛生管理などもまだ浸透していない時代の話なので、読みながら先が読める部分もあるんですが、今に続く技術がこの頃に確率したんかもって考えるのも楽しいですね。

 

旬のものを空腹の時に食べるのが一番美味しい。

 

空腹が最高の調味料というのはよく言われる事ですが、食材の旬を知って一番美味しい時期に食べるのも大事な事ですよね。
今では旬に関係なくほとんどの食材が年中手に入るので旬のものを食べるのってちょっとした贅沢です。
江戸時代には旬のもの以外の食材が手に入らないからいかにその食材を飽きられないように調理するかって工夫してるのが印象的でした。
いつでもどこでもそれなりの質のものが食べられる現代の食生活はとても有難いです。

熱中症により注意が必要な季節になってきました。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
近所の田んぼにも水が入り出したのでそろそろ田植えが始まりそうです。家の裏の田んぼが分譲されてしまったので蛙の声が少し遠ざかってしまったのでちょっと寂しいです。

 

雨が上がって気温も上がってきました。

 

少し前から5月とは思えない気温が続いていますね。雨が降った昨日はちょっとマシやったけど、今日はまた晴天で仕事日和やったので瓦揚げしてても汗だくになりました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170526211814j:plain


毎年の事なんですが、だいたいGWを過ぎるあたりから本格的に日焼けするようになってきて、梅雨入り前の今の時期が一番熱中症になりやすい季節です。
朝夕が少し涼しいので現場に行く時にはそんなに水分が必要になるとは考えずに出てしまって熱中症になる人が多いみたいです。

 

屋根工事業は熱中症と隣合わせの仕事です。

 

10年ほど前には今ほど熱中症に注意って言われてなかったように思います。最近は毎年のようにテレビの天気予報で最高気温が何度で熱中症の危険度が発表されて「不要不急の外出は控えてください」ってメディアが言ってますが、普段から炎天下で仕事をしている身としては仕事せなあかんのに外出控えろって言われてもなぁって気分になります。
瓦の仕事って直射日光で暑いだけじゃないんですよねぇ。瓦は日光を反射するので下からの照り返しもかなり強烈なんです。
上と下から赤外線でコンガリって料理みたいな言い回しやけど、実際はそんなに生易しいものではなく、夏場は毎日のように熱中症一歩手前の状態まで追い込まれています。

 

水分だけじゃ足りないんです。

 

よく水分補給って言いますが、熱中症(一歩手前)の対処としては水分だけでは足りません。症状が出てしまうと仕事どころではなくなるので、そうならないように昔は塩や岩塩をなめている職人さんも多かったみたいです。
今は現場管理がしっかりし始めたので夏場であれば30分~45分程度に1回は水分補給のための小休憩を入れるように指導しています。症状が出てしまうとスポーツドリンク程度では焼け石に水で効果がないので熱中症の症状を出さないようにするのが第一ですね。
夏場の酷暑の中で仕事をするために梅雨前から体を慣らして行ってる瓦職人でも悲鳴を上げてしまう季節なので、皆さんもくれぐれも熱中症には注意してください。

来月、後輩の学生に進路の話をします。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
雨で少し暑さはマシやったけど湿度が高くてムシムシしてましたね。これだけ湿度が上がって来ると梅雨も間近やなぁって感じます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170525215224j:plain

自分が就職活動してた時の事を思い出しました。

 

5月も中頃になると新入社員がいろいろ「やらかした」話とかがネットのニュースになってたりするのを見るようになります。
「最近の若者は」って言うのは私が学生の頃でも言われてましたが、自分がそのセリフを言う側になるのが思ってたよりも早い気がします。
私が就職活動をしていた頃は今よりもずっと就職難のやって言われていた時代ですが、それでも大学にきていた求人はよく考えると大手企業ばっかりやったように思います。
景気が悪いから中小企業が求人を控えていたって事もあるのかもしれませんが、学生の側も大手にばっかり目が行ってたのは今とそう変わりないかもしれません。

 

後輩たちに向けてセミナーをやる事になりました。

 

私は今、明石高専建築会という明石高専の卒業生で構成されるOB・OG会で執行役員をさせてもらっています。その活動の一環として現役学生の進路について卒業生が自分の経験を話すという「進路相談セミナー」を6月10日(土)に開催します。
建築会の活動でたまに現役学生と話す機会があるんですが、今の現役学生って当時の私と違ってめちゃくちゃ優秀なので、大手の企業さんに目が行ってしまうのは当然やと思うのでそれ以外にも「仕事」はあるんやって意識してもらいたいなぁ。

 

日本のものづくりは中小企業が支えています。

 

最近やと「プレミアムフライデー」なんて制度が始まったりしてますが、あれを導入出来るのって一部の大手企業だけやと思うんです。メディアの報道を見てると日本の社会を動かしてるのは大手企業やってイメージがとても強いですが、日本の大手企業に勤める人って仕事をしてる人全体の3割程度なんです。しかも中小企業の定義が製造業の場合で300人以下という普通に考えたら十分大手やろって規模の会社で、企業の数で言うと大手企業は全企業数の0.3%という状態です。
日本のものづくりは中小企業が支えているんです。でも圧倒的に人が足りていないのも中小企業です。人を育てるノウハウとか経験とかが足りてないのが原因なんですが、ここらでなんとかしないと10年後に本当に困った事になりそうです。

知られていないけど面白いスポットってたくさんありますね。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
めちゃくちゃ久し振りに雨が降りました。ちょっと好天が続き過ぎていて畑の作物は水不足になりかけてたようなのでちょうどいいお湿りといえばそうなんですが、仕事的にはもう1日か2日ほど待って欲しかったです。

 

ものづくり大学校には体験館があります。

 

今日は今月2度目のものづくり体験学習でした。兵庫県立ものづくり大学校の中にあるものづくり体験館という所で県内の中学生にいろいろな職種の職人さんがものづくりを教えるという企画です。たくさんの「ひょうごの匠」が集結して未来の職人候補たちにものづくりの楽しさを教えています。
そのものづくり体験館ですが、兵庫が誇る多彩なものづくりを展示するスペースがあります。そこにミニチュアですが「鉄人28号」があるんです。
鉄人28号と言えば神戸の長田に2009年に設置された実物大モニュメントがあるんですが、実はまだ1度も近くで見た事がありません。観光スポットは地元民は行かないって証明してしまっています。モニュメントがある長田区って遊びに行くには少し不便なんですよねぇ。特に何か施設があったりする訳でもないし。なのでリアルな鉄人28号が見れるのはちょっと貴重です。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170524215921j:plain

長期の休みなどには体験講座もあります。

 

夏休みや冬休み、春休みなどには体験講座でいろんなものづくりを体験する事が出来ます。それを宿題として提出出来たりもするので結構人気の講座になっているようです。
基本的には講師陣はある程度現役を離れた職人さん達なんですが瓦葺き体験は全員現役で仕事をしているので流石に長期休みの体験講座には講師を派遣出来ていません。
瓦葺きの場合には他にも体験は出来てもその成果物は持って帰れる物ではないという問題があって今後の課題になっています。

 

地元でも知られていないスポットです。

 

このものづくり体験館、実は姫路市民にもあまり知られていません。中学生向けの体験学習をやっている関係で行った事ある人は知ってるけどものづくり大学校という施設がある事を知ってる人は居ても、そこで何をしているのかを知ってる人が少ないんですよね。体験館の1階はモノづくり展示スペースになっていて実物大の船のスクリューが展示されていたり、建物の屋根の部分の構造が分かるように建物が切り取られて展示されてたりしていてゆっくり見て回ると面白いんですが・・・。しかも展示スペースだけなら無料で見れるんです。
もったいないですよねぇ。連日大人気で長蛇の列ってなるのも困るのかもしれませんが。

人間が安全に生活するためには自然にも手入れが必要です。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
梅雨前の今の時期は瓦業界は繁忙期です。梅雨までに工事をして欲しいって依頼が多いからなんですが、正直なところ今の時期に梅雨までになんとか・・・って依頼があっても対応出来ません。なんとかしたいって気持ちはあるけど先約の工事があると全く動けなくなります。心配事がある場合には早目の依頼をお願いします。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170523200847j:plain

雨の降り方が変わってきているので要注意です。

 

近畿圏も例年であればもうすぐ梅雨入りのはずですが、ここ1週間ほど晴天が続いていて仕事が捗るので有り難いです。
ここ数年は雨の降り方がちょっと変わってきていますね。しとしと降る雨が少なくなって、短い期間での豪雨が多くなっている気がします。土砂崩れや鉄砲水のような災害も全国で起こっていて雨が続くと自分の住んでる地域は大丈夫かと心配になります。
昔は弱い雨がもっと長い時間かけて降っていたような気がしますが、段々と集中豪雨が増えてきて当たり前になっている気がします。

 

山の手入れや田んぼの減少が災害の要因になる事もあります。

 

少し前までは山は自然の植生で保水力があったし、植林された所にはもっと人の手が入っていて管理されていたけど最近では山は放置されているところが多いように思います。
どこを見ても杉ばっかりで、しかも間伐されてなくて倒れた木はそのままになってたり土砂崩れの後も人家や道路に影響のない所ではそのままやったり。そんな状態で集中豪雨があったら災害になりますよね。
そういう意味では田んぼの減少も水害の要因です。田んぼは作物が植わってる時以外でも降った雨を一時的に蓄える保水力があって、豪雨の時でも川の増水を緩やかにしていたんですが近年は開発が進んでしまった事で雨が降ったらすぐに川の水位が上昇してしまうようになっているんです。

 

便利なのもいいけど程ほどに不便な方が人間らしいって思います。

 

私が住んでるのは姫路でもそこそこ田舎でそこそこ便利な所なんですが、これ以上便利にならなくてもいいなぁって思います。近くに山があって田んぼもあるけど駅も徒歩圏内にあるし、これからの時期は蛍も見れるし星も綺麗やし。便利になると少しずつそういうのがなくなっていくような気がするんです。
遊びに行って少し滞在する所としては都会はいいけど毎日生活するのはほどほどの田舎がいいです。

ヘリテージマネージャー養成講習会の申し込み締め切りが迫っています。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
いい天気が続いていますね。天気良過ぎて玉ねぎが育ち過ぎたようです。母と嫁さんが収穫に行ってきたらしいんですがすごい量になっています。今年は玉ねぎが豊作です。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170522223206j:plain

第14期ヘリテージマネージャー養成講習会が開催されます。

 

今年の7月から第14期ヘリテージマネージャー養成講習会が始まります。このブログでも何度か紹介していますが、ヘリテージマネージャーとは歴史的建造物の保存と利活用のための人材育成に関する講習を受講した人の事です。
これまでに13期で約400人が受講していて、私も4年前に第11期として受講しています。
定員は30人で現在は2年に1回の講習なんですが今年定員に達しないと次の講習会は3年後になってしまいます。
歴史的建造物の保存と活用にはどうしてもマンパワーが必要なのでたくさんの方に受講して欲しいなぁって思います。

 

建築関係以外の人でも受講できるようになりました。

 

元々は建築士さん向けの講習やったので受講資格も「建築士」の資格を持っている事でした。しかし私が受講した11期からは建築士の受検資格を持っていれば受講できる事になりました。私は建築士の資格を持っていないので要件が緩和されたおかげで受講出来たんです。
そして今年からは建築士の受検資格どころか建築関係以外の方でも受講できるようになりました。
コーディネーターコースと言って不動産や観光など歴史的な建築物を実際に活用する立場の人にも受講してもらって建築以外の視点も取り入れるというのが目的です。

 

いろいろな立場の人といろいろな話が出来ます。

 

このヘリテージマネージャー、講習会が終わると兵庫県内の各地区に分かれて活動するようになるんです。私は姫路在住ですが、ちょっとしたご縁があって東・北播磨地区に所属しています。
この地域の連絡会に参加していると年齢も仕事も立場もバラバラで本当にいろんな人といろんな話をする機会が多くなります。
公務員もいれば大工さんもいる。瓦屋も(県内で3人だけ)いれば設計士もいるし、もちろん学校の先生もいらっしゃいます。
年齢も下は大学生~上は定年退職された方まで幅広いんですが、活動そのものは強制される事はなくて、出来る事を出来る範囲でみんなが少しずつ頑張るという組織です。
身近にあるのに知らなかった情報とかも結構入って来るようになるので、興味ある方は是非受講してみてください。
締め切りは5月27日の土曜日までです。