姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

組織のトップとして日々自分の仕事と責任について考えてしまいます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
暑い日が続いてますね。朝はちょっと曇っていてホンマに暑くなるんか疑問やったけど蓋を開けてみたら快晴でめちゃくちゃ暑くなりました。
昨日ドローンを飛ばした「テクニカル・ワーク」さんでの一コマ。掲載許可を頂きました。ドローンで空撮する時には皆さんとりあえずスマホでその様子を撮影されますね。上から撮るとばっちり分かります。(笑)

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180526180624j:plain

 

体育会系の悪い所が全部出てしまった問題です。

 

ここ最近ずっとテレビでも新聞でも取り上げられている「日大アメフト部悪質タックル問題」ですが、起こるべくして起こった問題やと感じています。今の学生の部活動の環境は私たちの頃と比べて格段に良くなっている事は年に1度の「トライやるウィーク」で中学生から話を聞いて知っています。私が中学生の頃は真夏でも水分補給なんて絶対にさせてもらえなかったし、今なら確実に体罰と訴えられるような事も多々ありました。先生だけでなく生徒間でもあったんです。
そういう古い体育会系の性質は強豪と言われるようなところほど根深く残っているし勝てている間はほとんど問題は表面化しません。
今回の問題はその後の対応も含めて体育会系の悪い部分が全部出てしまった結果ですね。

 

まずトップが責任を取る事がスタートです。

 

何が悪いって対戦相手の関西学院大学の学生が怪我した後の対応が最悪でした。誰が悪いとかそういうのはとにかく後回しで最初から監督が謝罪していればここまで問題が拡散する事はなかったんですよね。
それを後回しにして内部の責任問題を論じてしまった事で相手から信頼されなくなってしまいました。
企業の問題でも同じで、何か不祥事が起こった時に一も二もなくトップが謝罪した企業は見事に立ち直っています。それが出来なかった企業は信頼の回復に手間と労力を割かれてしまって業績が悪化している事がほとんどです。

 

一企業のトップとして日ごろの仕事を考える。

 

当社は零細も零細で吹けば飛ぶような会社ですが、それでも一応は企業として日々仕事をしています。修理やリフォームの仕事ではお客さんが住んでいらっしゃる状態で工事させて頂くのでどれだけ気を付けていても問題が起きる時には起きてしまいます。
自分が現場に居なくて職人さんがきちんと仕事をしていても雨漏りしてしまう事もありますし、想定外の雨の場合もありますが、そういう事を最初に口にしてしまうとお客さんに信頼されなくなってしまうのでまず謝罪して、その後に対応について話をするように心がけています。
所帯が大きくなればなるほどトップは頭を下げたくなくなるのかもしれませんね。

ドローンで空撮するのはまだまだ珍しいから飛ばすと注目の的になります。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は暑かったですね。久し振りに半日ほど屋根の上で作業しましたが汗だくになりました。そろそろ本気で熱中症対策が必要です。明日、明後日は今日よりも更に気温が上がる予報が出ているのでちょっと憂鬱です。

 

ドローンの存在自体は珍しくなくなっても実機を見る事はまだまだ少ない?

 

当社が姫路の片田舎やから余計にそう感じるのかもしれませんが、ドローンってテレビなどでよく撮影に使われていて、存在そのものは珍しいものではなくなってきたし、言葉としてもそれなりに広まってきてはいてもドローンが実際に飛ぶところを見た事がある人ってまだまだ少ないんじゃないかと感じます。
私自身、自分が飛ばすようになるまで他でドローンを飛ばしている姿を見たのはちゃんと業務として使っている知り合いが飛ばしているのを見せてもらった1回きりですし、今でもトイドローンという小さいものはともかく航空局の許可がいるようなドローンは飛ばしているところを見た事がありません。

 

ドローンを飛ばす為の準備をするだけで注目の的です。

 

今日は工場の雨漏りの点検でした。点検するためにドローンを使っていいですか?ってお客さんに聞くとお客さんはドローンが飛ぶところを見たいって事で、工場に居た人が全員集まってきて飛行準備でプロペラを取りつけている時から興味津々と言った感じで手元を覗き込んでいました。
実際に飛ばす段になると周辺で工事をしている人や信号待ちで停車しているトラックの運ちゃんまで空を見上げてドローンの行方を追っているんです。
離着陸の瞬間などは近くにいる人はみんなスマホ構えて写真を撮っていて注目度の高さがよく分かる瞬間でした。
まだまだドローンを事業に使っている人が少なくて趣味や遊びの域を出ていないという事なのでこれからどんどん飛ばして屋根工事にはドローンが必要やって事をアピールして行かないとですね。

 

ドローンを飛ばすだけでは点検にならない事の方が多いです。

 

ドローンを導入して屋根に上がる事が少なくなるのではってよく言われるんですが、我々の仕事の場合は雨漏りや屋根の点検は目視だけでなく瓦の下の確認もします。だからドローンで空撮するだけでは点検としては5割くらいなんですよね。
基本的にはドローンで空撮した写真を見てもらって、どの辺りに不具合があるのかを施主さんに説明した上で屋根に上がって自分の眼で確認するというのが基本作業になります。
台風や地震のような緊急事態の場合には現場の被害状況の把握の為にドローンを飛ばすだけで屋根にあがらない事もあるかもしれませんが。
もっとドローンのカメラが多機能かして瓦の裏を確認しなくても雨漏りの場所が特定出来るようになれば点検や見積もりの段階で屋根に上がらなくてもよくなるかもしれません。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180525180444j:plain

情報発信には内向きと外向きがありますが、瓦業界はほとんど内向きです。

こんにちは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
現場調査の為にあちこち車で走り回っているんですが、今日は警察の方をよく見かけました。事故の後の検分やったり取り締まりやったりパトロールやったり。不思議なものでよく見かける時は本当に続け様に見かけるんですが、見ない時はどれだけ走り回っていても見かける事はありません。時間帯もいろいろなのでタイミングだけのものやとは思うんですが。あちこちで事故の話も聞くので運転には気を付けなきゃです。

 

瓦に関しての情報発信は少ないようです。

 

先日、瓦のポータルサイト「やねいろは」を運営されている岡山県の白神商事さんが来社されました。当社も「やねいろは」に掲載させていただく事になったのでその取材と説明に来られていたんですが、その時に瓦業界の情報発信についての話になりました。
最近はインターネットで本当にいろいろな情報が発信されていますが、瓦に関しての情報発信はとても遅れているようです。
業界団体に居るといろいろな情報が組合から流れてきてるし、業界新聞などでも情報を目にするんですが、これって全部業界の内側に向けた情報なんですよね。一般の人に向けた商品情報とか工法の説明とかを専門用語を使わずに分かりやすく発信しているところがほとんどありません

 

専門用語を専門用語だと認識する事がまず第一です。

 

屋根とか瓦についての専門用語は産地とか地域によって同じ部材でも違う呼び名がついていたりしていて、業界にいる人でも混乱するくらいなので、業界の外の方にはかなり難しいです。でも職人さんだけじゃなく工事店の社長や番頭さん、営業さんに至るまで自分が使っている言葉が専門用語だと認識出来ていない事が多いんです。
周囲にいるのはみんな業界関係者で、家業にしている人も多いので家族の会話でも専門用語が通じてしまうというのが原因やと思われるんですが、自分が使っている言葉の何が専門用語なのかを認識する事が外向けの情報発信の第一歩です。

 

新入社員など業界に馴染んでいない新人さんと話をするといい勉強になります。

 

今の時期はいろんな会社で新入社員が溢れていてまだまだ業界に馴染んでいない人がたくさんいます。そういう人と話をして自分と話していてどんな言葉が通じないのかを確認するのはとてもいい勉強になります。
白神商事さんもこの春から2名の新人を迎えたそうで、取材の間いろいろお話させて頂いたんですが、こちらもとてもいい勉強になりました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180524180419j:image
この記事がどんな風に掲載されるのか今から楽しみです。

「よく分からないから行かない」と「よく分からないけど行ってみよう」の違い。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
暑い日が続くと雨降りで少し気温が低い日は楽ですね。まだ湿度もそこまで高くないからでしょうけど。これから梅雨にかけて湿度があがっていくと不快指数も上がってくるのでいかに凌ぐかが問題です。
屋根の上でエアコンかけられたらいいのになぁ。

 

全瓦連の総会後のシンポジウムに参加してきました。

 

昨日は大阪まで全瓦連の総会・全国大会に顔を出してきました。出席ではありません。あくまでも顔出しです。というのも総会の後に面白そうなシンポジウムをやりますよって案内があったので、話だけ聞きたいなぁって思ったんです。日本の瓦だけじゃなく世界の瓦についての話も聞けて、業界に居てもまだまだ知らない事だらけで未熟やなぁって事を実感したシンポジウムでした。
日本では1400年前に伝来した瓦やけど、世界で一番古い瓦は4500年くらい前のギリシャで葺かれていたらしいです。日本の瓦の起源もあまり知られていないのに世界の瓦の起源なんて知られてるはずないですよねぇ。
考古学者ってスゴイです。

 

「行けばきっと誰かが居る」って思えるようになりました。

 

3年くらい前まではこういう全国的な集まりは自分には関係ないと思っていました。役にも当たっていなかったし、瓦業界の知り合いも少なくて自分が行っても知らない人ばかりやから楽しくないって思っていたんです。
それが2年前に淡路島で開催された「瓦サミット」を契機に全国の同業者との交流が始まって、それと同時くらいで青年部の副部長を拝命した事もあり全国的な集まりに出席する機会が増えたんです。青年部の副部長をやるだけやったら多分ここまで知り合いは増えていませんでした。
「瓦サミット」で知り合ってFacebookで交流するようになった事で全国的な集まりに出ても「きっと誰か知り合いがいる」って思えるようになった事で無謀にも偉いさんばっかり集まる全国の集まりに顔を出そうという気になったんです。

 

繋がりが繋がりを作るんですね。

 

シンポジウムでは「DroneRoofer」の株式会社CLUEさんや瓦施工業者のポータルサイト「やねいろは」の白神商事さんがブース出展されていて、開始を待っている時間でいろいろ話をさせて頂きました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180523175210j:image
知り合いが知り合いを繋がりが繋がりを作っていくという事が実感出来た瞬間です。
その後の懇親会でも青年部で顔馴染みになった他府県の仲間とお酒を飲みながらいろいろ話をしたり、Facebookでしか面識がなかった方とお話させて頂いたりととてもいい刺激になりました。
同業者の集まりは愚痴ばかりになるって話もよく聞きますが、そんな人ばかりではなくパワフルに前を向いている方もたくさんいて話していて楽しかったです。

お客さんのリピートのスパンが長いからこそ繋がりが大事です。

こんにちは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
めちゃくちゃいい天気です。仕事してたらどんどん日焼けしてしまいますが、ここ10年ほどは現場に居ても半袖にならなくなりました。日焼けでの体力の消耗がひどいんですよね。20代の頃はまだ日焼けしても夜遊びに行く元気あったんですが30代に突入すると夏場を過ごした後の秋口に体力が回復しなくなったんです。それで日中は暑くても長袖着るようになったんですが、それで日焼けの怖さを思い知りました。今は首から上と手首から先だけ日焼けしてて半袖になるとカッコ悪いんですよね。
さて、今から組合主催のシンポジウムで新大阪まで行ってきます。スーツが暑いっす。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180522140141j:image

お客さんからいろいろな情報が回ってきます。

 

先日、とあるお客さんから1本の電話がありました。そのお客さんは7~8年ほど前に葺き替えをさせて頂いたお客さんで、その後も3~4年に1回くらい葺き替えしていない部分で雨漏りがあると声を掛けてくださるんですが、今回は仕事の依頼の電話ではありませんでした。
なんでもそのお客さんの出身が姫路市の北部の方で、その実家にうちの名前で屋根の見積もりに行ったものがいるみたいなんです。その地域で工務店をやっている取引先があって、その取引先に雨漏りの相談をしたら派遣してくれたとの事なんですが、当社にはその工務店からは何の連絡もありません。
でも現場となったお客さんは間違いなく当社の名前を聞いていて、電話をしてきてくださったお客さんにその話が行って、うちに「よろしくお願いします」との連絡があったんです。

 

当社の名前に信用がある証拠?

 

当社からは誰も伺っていない事を伝えたんですが、うちとしてはちょっと不気味な話です。誰かがうちの名前を騙ったのか、それとも工務店が勝手にうちの名前を出したのか。その工務店とは付き合いが長く、今も関係が切れているわけでもないんですが、ここ数ヶ月くらいは修理や葺き替えの見積もりの話は途絶えていました。
こんな風に会社の名前が出てお客さんからよろしくお願いしますって連絡があるというのはきちんとお客さんとの関係が築けていて、それなりに信用があるって事かな?って社内では話しているんですが、問題はうちに何の連絡もない事なんですよね。
もし万が一不具合が発生した時に大きな問題になりそうです。

 

地域に根付いていてもちょっとした事で信用を失います。

 

現場に見積もりに行った職人は当社の今の状態をある程度知っていたみたいなんですが、普通に会社を構えていたら下請けでもないのに他社の名前で仕事を請けるなんて事は絶対にしません。個人でやってる職人さんに工務店が声を掛けて、その工務店が勝手にうちの名前を使っているという可能性が一番高いかな?って思うんですが、いろいろ伝聞のままなのでどう解決するか悩んでいます。

建築物も人と同じように「働ける」ように整備していかないと無駄になります。

こんにちは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
最近新聞などで消防団に関するニュースをよく聞くようになりました。私自身も昨年から地元の消防団に入ったんですが、仕事の関係もあるので出れたり出れなかったりしています。基本的に消防団の活動って「活動しました」って報道される事はなくて、何か不祥事があった時だけ取り上げられるので、消防団の事をよく知らない人がニュース見たら全国の消防団が悪い事ばっかりしているみたいに勘違いされそうです。
実際にはボランティアで休日返上で頑張ってる人が多いのに。警察官や自衛官も同じですよね。人助けとかいい事しても当たり前と考えられてしまいます。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180521181005j:image

建築物も稼働させないと勿体ないです。

 

車や電動工具など動力を得て動くものは稼働させないと劣化するので持っているだけではもったいないって思う人はかなり多いと思います。でも建築物は何故かただ「在る」だけで良いと考えられがちでその建物を誰かが使っているかどうかという事はあまり気にされません。最近でこそ住宅に空き家が増えてきて使われていない住宅は勿体ないって少し思ってもらえるようになりましたが、非住宅で建物の周辺にある程度のスペースがあって多少傷んでも周囲に被害が出ない環境であれば誰も見向きもしない状態になっています。

 

建物を働かせるという感覚が必要です。

 

健康で働く事が出来るのに働かない「人」に対してはなんとか働かせようとする人は多いと思います。でも建物に関しては「働かせる」という意識が薄いです。建築の専門家でないと触ってはいけない領分のように思われている部分も多いけど、それ以上に建築物が個人の「資産」として考えられていて、他人がどうこう言えないんですよね。
個人所有の建物は全く使っていなくて税金でお金がかかるだけの状態であってもなかなか他の人に使ってもらって家賃を得るという考え方になっていない人がかなり多いです。

 

「家賃」として収益を生むという事は建物が働いているという事です。

 

働いている建物というのがイメージしにくいかもしれませんが、他の人に貸す事によって「家賃」という形で収益を得る事が出来るという事はその建物は「働いている」って事です。家賃で収益をあげられなくてもその建物でイベントが開催されたりしていたらその場所でお金が動きますよね?それも働いているって事になると思います。
文化財として保存されている建物の中には「働いていない」建物がとても多いように思います。外観とか形だけ残るように「保存」しても働かずに人の出入りもなかったらいくら名建築でもどんどん劣化していって保存が難しくなります。
空き家対策も含めてもっと建物を働かせる方法を考えないとです。

「鰆祭り」で旬の魚をたっぷり堪能してきました。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
我が家では田植えが始まりました。田んぼの数が多いので全部同じ品種にするわけにはいかなくて、早生から晩稲まで何種類か植えるみたいです。
今日のが一番早い早生で稲刈りは8月末くらいなので新米は9月頭くらいには食べられそうです。

 

「鰆祭り」に行ってきました。

 

このブログでも何度か話題にしている「姫路とれとれ市場」に今日も行ってきました。「鰆祭り」が目当てです。午前中に所用があったので到着が昼前になってしまったんですが、ちょうど料理実演&試食の整理券の配布時間前に行けたので食堂で海鮮丼を堪能したうえで最前列で実演を見る事が出来ました。
鰆って切り身とか料理されたものは何回も食べてるんですが、捌く前の「魚」の状態を見た事がなかったのでその大きさにびっくりしました。1尾が5kgとか6kgも有るので流石に1尾まるまるを買うわけにはいかないので刺身として売られている分を買ってきました。

 

鯖も美味しそうに泳いでいます。

 

鯖というと寒い時期の魚のように思えるんですが、とれとれ市場の中の水槽を見るとまるまるとした鯖が美味しそうに泳いでいるんです。職員の人に聞くと今年は2月くらいの冷え込んだ時にかなりの数の鯖が死んでしまって、辛うじて生き残った鯖を徳島まで移動させて飼育したそうです。
そのおかげで例年ならGW頃には終わってしまっていた鯖が今頃まで残ったらしいんです。もうそろそろ終わりが近いらしいですが。
あんまりまるまると美味しそうに泳いでいたのでついつい1尾刺身にしてもらいました。鯖の刺身なんて漁港の近くでしか食べられない贅沢です。

 

晩御飯がめちゃくちゃ贅沢な事になります。

 

今日のイベントでは買い物した金額に応じてガラポンに挑戦出来たんです。食事した分と鰆と鯖を買った分で3回挑戦出来たんですが嫁さんが挑戦した1回目でいきなり7等当選しました。2回目が参加賞の海苔で私が挑戦した3回目が9等の干しエビ(300円相当)でした。
びっくりしたのは7等です。なんと「鯛の活け造り」なんです。それも事前に捌いて準備してあるものではなく引き換えのチケットを持って行ってから捌く正真正銘の「活け造り」です。
もともと晩御飯を少し豪華にするつもりで鰆や鯖を刺身にしてもらったんですが更に鯛のお造りまで追加されました。晩御飯がめちゃくちゃ豪華になりますが、流石に2人では多過ぎるので母家や田植えを手伝って頂いた近所の人にもお裾分けしました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20180520190747j:image