姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

甲子園でプレーする球児が少しずつゴツくなってますね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日はそこそこ雨が降る予報やったけど、なんとか16時くらいまでもちましたね。降り出したら短時間で一気に降ってきて車から建物に移動するだけでもびしょ濡れになってしまいました。
夕方からの雨で散歩に行くのが遅くなった新入りの柴犬、伊織が行儀よく待ってる後ろ姿が可愛かったです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190823215026j:image

 

夏の甲子園が終わりました。

 

昨日、夏の全国高校野球選手権大会の決勝戦でした。大阪府代表の履正社高校と石川県代表の星稜高校による熱戦でしたが、履正社高校が令和最初の優勝校となりました。
星稜高校のエースの奥川君は凄い投手やったけど、春のセンバツの雪辱を履正社が果たした格好ですね。
夏の甲子園が終わると夏が終わるなぁってちょっと寂しくなります。社会人になったら学生時代のような夏休みはないけど、8月の後半になるとなんとなく寂しくなるのはなんででしょうね??

 

高校生とは思えない体格になってます。

 

最近の高校野球を観ていると選手たちの体格がどんどんゴツくなってる事に気付きました。私も小学生の頃は少年野球をやっていたので野球は好きやし、中学生くらいまでは毎年甲子園に観戦に行ってたんですが、ゴツいなぁって思うような選手って一大会に2~3人程度やったんですよね。
それも大抵は大会屈指のスラッガーって呼ばれているような選手でした。それが今年の選手を見てると当時の大会屈指のスラッガーって言われてたレベルの体格の選手がチームに2~3人くらい居るんですよねぇ。
そういう選手でもプロに行くと更にゴツくなってて、甲子園に出てた当時の映像とかが出てくると「細っ!」ってびっくりするんですが。

 

レーニングも野球理論もどんどん進化しています。

 

高校野球で金属バットを使用する事に対しての懸念の記事を読んだりすると、確かに今の高校野球は守備側に不利やなぁって感じます。打者は筋トレでどんどんスイング早くなるけど守備側は打球の速度に反応するのにも限界があるんです。
科学の発展でトレーニング方法とか野球理論とかどんどん進化していて、それを実践出来る環境がある学校とない学校の差ってどんどん広がってしまいます。野球ってある程度点が入る展開にならないと面白くないんですが、あまり一方的な展開になるのも面白くないので、どこかでその環境の差を埋める仕組みが入らないと面白い試合が減ってしまうような気がします。
選手たちが心置きなくプレーできる仕組みをそろそろ整備する時期になってるのかもしれませんね。

汗を掻く事は大事な事なんです。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
先日、佐川美術館に行ってきました。電車の吊り広告で面白そうな展示をやっているのは何回も見かけてたんですが、これまで一回も行った事なかったんです。今回は「名刀は語る」展を目当てに行ってきました。美術館の周りが水に囲まれてて暑い中でもちょっと涼しい風が吹いてて中に入る前から楽しい感じです。特別展「名刀は語る」は国宝にもなっている太刀や三名槍にも名を連ねる蜻蛉切なども並んでいて見応え抜群でした。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190822214849j:image

 

暑い日が続いています。

 

お盆が過ぎて暑さも一段落したような感じもしますが、それでもまだまだ暑い日が続いています。一番暑い時期は過ぎたとは言っても昼間に外にいるとまだまだ汗だくになるし事務所でも家でもエアコンつけないと一息つけない状況ですね。
朝起きた時の気温が少しマシやと思って油断していると昼の休憩の頃には汗だくになってしまってそれが乾くと作業服が塩ふいてたりもします。お盆を過ぎて一回暑さが緩む時期がちょうど今くらいらしくて、これから9月の頭にかけてまた少し暑さが戻ってくるという話も聞いたので熱中症にも注意が必要です。

起きると汗だくになっています。

 

基本的に家では仕事から帰ってきたらエアコンをつけて寝る前に消すようにしています。寝る時にエアコン消して扇風機に切り替えるんですが、朝起きると流石に汗だくになっている事が多いです。
それでも夜中に暑くて目が覚める事がなくなりました。朝、汗だくで起きたとしてもちゃんと熟睡出来ててダルさもないんですよね。今の時期は起きたら朝食の前に残り湯使って朝風呂に入るのが習慣になっています。

 

汗を掻くから元気でいられるのかもしれません。

 

私が住んでいるところはほどほどに田舎なので、夜でも結構窓を開けっ放しにしていたりします。流石に1階の道に面している窓などはちゃんと戸締りしてますが、母家の2階は大雨が降るとかでない限りは窓はほぼ全開になっていますね。風がよく通るのでエアコンを使わなくてもそこそこ過ごせてしまうからか、弟は今年の夏も一度もエアコンを使わずに寝ているみたいです。
そうやって汗を掻いているからか、弟はいつも元気いっぱいです。暑くてバテたり熱中症になったりする事もなく自転車で通勤してる姿を見ると、しっかり汗を掻けるように体を作っていかないといけないなぁって感じますね。体調管理の為にも汗はしっかりかかないとですね。

「谷」に穴が空くと雨漏りに直結します。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
会社で使っているパソコンがそろそろ買い替え時になっています。もうかれこれ5年くらい使っているんですが、ハードの問題というよりはソフトの問題ですね。OSがWindows7でもうすぐサポートが終わってしまうからです。私が使っているノートパソコンは早くに10にしたので問題ないんですが、事務員さんが使っているデスクトップ2台が問題なんです。一気に全部入れ替えてしまうと使い勝手の問題とかもありそうなのでまず1台10搭載のパソコンに替えました。もう1台も近いうちに買い替えないといけないので大変です。OSの入れ替えも検討したけどスペック的にも買い替えた方が良さそうな感じなんですよね。しばらくはいろいろと手を取られそうです。

 

屋根には「谷」が出来る場合があります。

 

建物の屋根に勾配が付いている場合、面によって勾配の向きが変わっている事があります。出隅で勾配が変わる場合にはその接点は「棟」になるんですが、入隅で勾配が変わる部分の接点は「谷」と呼ばれています。
瓦以外の屋根材でも入隅で勾配が変わる場合には「谷」が存在するんですが、屋根面の水を集めて一気に流す形状になっています。10年ほど前まではこの「谷」の部分に使われているのは銅板でした。柔らかくて加工し易く鉄のような錆び方をしないのでかなり古くから屋根材としても使われていた材料です。

 

水が一点に集中して落ちる場所が薄くなります。

 

「谷」の部分に限らず、銅板で雨を受けるようになっている部分は雨垂れが集中するところが経年によってどんどん薄くなっていきます。技術が今ほど進歩していなかった時代は銅板も分厚かったのでそこそこ長持ちしたんですが、技術の進歩によって薄く出来るようになって、銅の純度が上がった事と雨の酸性度が上がった結果、銅板の部材に穴が空きやすくなってしまいました。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190821185921j:image

 

穴が空くと雨漏りします。

 

銅の部材というと銅板葺きの部分や銅の樋などもありますが、銅の谷板に穴が空くのが一番雨漏りしやすいです。勾配の向きが変わって入隅になるという事は屋根面で受けた雨水が集まってくるという事です。そこで流れる水の量はそれなりになってしまうんです。そんな場所に穴が空くと雨漏りの仕方も尋常ではなくなります。
昔のテレビで雨漏りする場所に洗面器や空き缶を置いて対処するって場面がありましたが、谷に穴が空くと空き缶程度ではどうにもならなくなります。洗面器でも一時しのぎにしかならないほどの雨漏りになってしまうんです。
雨漏りの調査に行って屋根の形状を見た時に谷があると真っ先に雨漏りの原因として疑うのが谷なんですよね。室内のどの場所からの雨漏りか確認するまでは断定はしませんが。もうそろそろ台風のシーズンです。去年みたいな風の台風も困るけど雨の台風も困るんですよねぇ。今年は少なくなりますように。

お客さんに会社に来てもらえるのは嬉しいですね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
「暑さ寒さも彼岸まで」って言いますが、お盆を過ぎて少しずつ暑さも緩んできているような気がします。もちろん、暑いのはまだまだ暑いんですが、夕方とか夜の空気が一番暑かった時期よりもかなりマシになっています。夕焼けの空もなんとなく秋の気配が混じってきているように感じます。

 

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190820214257j:image

 

来客が多い日と全く無い日の差がスゴイです。

 

今日は朝から2組くらい来客の予定がありました。普段は会社を出たり入ったりしていてなかなか「この時間には確実に会社に居ます」って時間がないんですが、来客の予定がある時は確実に会社に居るようにしています。
来客が重なる時って不思議なものでもともと予定していたお客さんの他にも急な来客が重なるんですよね。
多い時にはお客さんが来ない時間がないくらい重なるんですが、逆に全く来客がない日は1人も来ないんです。多い日と少ない日の差が凄すぎて戸惑うくらいです。

 

工事業の会社ってあまりお客さんが来る事ってないみたいです。

 

建築関係の工事業ってお客さんが直接会社に来る事が少ないって話を聞きます。特にうちのように小さい会社の場合は事務所に誰もいない事も多いし、電話での問い合わせから現地にこちらが訪問していく営業スタイルなので、お客さんに来て頂くことがあまりないんですよね。
特にひと昔前は屋根といえば瓦やったので何かを選んでもらう必要もないし工事完了後の支払いも集金に伺っていたのでお客さんとの接点はお客さんの家やったんです。
もちろん、工事を依頼に来る人だけではありません。保険屋さんやったり銀行さんやったりと会社運営に必要なお客さんも多いんですが、タイミングによっては会えない事もあるんですよねぇ。

 

お客さんに足を運んでもらいやすい会社がいいですね。

 

工事関係の会社ってなんとなく会社っていうよりは倉庫と事務所兼休憩所って感じでタバコの臭いが染みついてたりしてるイメージってありませんか?うちも昔の事務所はそんな感じやったんですが、今の事務所になってからは建物内を禁煙にして、倉庫も出来るだけ片付けるようにしています。
ただ電話がかかってくるのを待つよりは事務所も倉庫も綺麗にしてお客さんに足を運んでもらえるような会社にする方が仕事も依頼してもらいやすいと思うんですよね。
人の出入りが多いとそれだけ活気も出てくるし色んな人との出会いでエネルギーがもらえて、「よし!頑張ろう」ってなります。

筆記用具にも手入れは必要です。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
お盆休みが終わってやっと仕事が出来ると思ったら大気の状態が不安定になっているとかで朝から天気がコロコロ変わっています。雨で気温が上がり過ぎないのはいいけど湿度が高くても熱中症のリスクが上がるので困ります。
明日も天気が悪い予報が出てるのであれこれ段取りしておかないとです。

 

筆記用具は使い捨てが多いです。

 

よくノベルティとして会社名の入ったボールペンや三色ペンをもらいます。それこそボールペンはインクが出るなら一生分買わなくてもいいくらいの量が溜まってるんですが基本的にボールペンって使い捨てに近いですよね。
替え芯も売ってるので気に入ったものはインク芯を変えて使い続けていますが、正直なところノベルティとしてもらうようなボールペンはインクが出なくなったら捨ててしまいます。昔のノベルティはかなりチャチな作りのものが多かったんですが、最近のものはかなりしっかりしたモノが多くて捨てるのがもったいないくらいやけど不思議とインク使い切る前になくなったりインクが出なくなったりするんですよねぇ。

 

修理しようとしたら新しいものが買えてしまうものもあります。

 

以前、気に入っていたノック式ペンシル(シャープ製ではないので敢えて)が5年ほど使った段階で壊れてしまったんです。芯を出しても書こうとすると引っ込んでしまう状態になってしまったのでメーカーに送って修理しようとしたら、修理の見積もり金額が新品を買うよりも高くなってしまうけど本当に修理しますか?って返答でした。
文房具屋さんに行ったら同じものがまだ買えたので修理はせずに新品を購入する事にしました。まさか修理する方が高くなるとは思わなかったです。

 

万年筆は一生ものです。

 

筆記用具って比較的安価なものが多い中で万年筆は高級文房具の代名詞みたいになっています。シャーペンやボールペンって1000円も出すと高級なものって認識になるけど万年筆は1000円で買えるものなんてごく僅かなんですよね。先日文房具屋さんで400円くらいの万年筆を見つけてびっくりしましたが。
でも万年筆って安くても大事に使ったらいつまでも使えるんですよねぇ。カートリッジ式の方が手軽やけどコンバーター式にするとインクがなくなってもインクの補充が出来るのとインクの色をいろいろ変えられるのがいいんです。
ただ、そんな万年筆もちゃんと手入れしておかないと書けなくなってしまいます。使わない時間が長くなるとインクが固まってしまうのでたまにペン先を洗わないとなんです。手入れは面倒やけどそれがまた愛着に繋がるので大事に使いたいです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190819220041j:image

近所のお店って案外行かないものですね。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
今日は夏の甲子園の準々決勝です。第一試合から兵庫県代表の明石商業高校が登場しました。毎年、父と弟がお盆休みに甲子園に高校野球観戦に行っていて、今年も12日に行ってきたと聞いてたんですが、今年は初めて2回目の観戦に行ってました。日曜やし地元の代表校が出る日でもあるので満員で入れない可能性もあるかもっていいながら早朝の電車に乗ったみたいですが、意外と空いてたみたいで普通に入れたと言ってました。試合も熱戦の末明石商業が勝利してベスト4入りしたので良かったです。どこまで行けるのか楽しみです。

 

子供の頃からある喫茶店がリニューアルしました。

 

うちから自転車で10分くらいの国道沿いに1軒の喫茶店があります。地元の地名が店名になってる喫茶店で私が小学生の頃にはボチボチ味のある見た目になってたお店で私も子供の頃にソフトボール大会の後にチームメイトと1回行ったきりです。
店主が高齢になってきてそろそろ閉店か?って噂が看板の草臥れ具合から実しやかにささやかれていたんですが、最近になって息子さんが後を継いでランチなどの食事が出来るようにリニューアルしたって話を聞きました。

 

30年ぶりに行きました。

 

小学生の時に行った時は喫茶店らしい喫茶店って感じやったように思うけど、正直あまり覚えていません。
今日、甲子園に父と弟が行ってるので母と嫁さんと3人で昼ご飯を食べに行こうって話になった時に話題になったのでその喫茶店に行ってみる事にしたんです。
後を継いだ息子さんは和食の修行をして帰ってきたとの事でコーヒーなどのメニューの他にランチメニューでしっかりした定食を出していて、美味しいって評判を聞いてたからです。

 

建物も内装も昔のままでした。

 

建物の外装は通りかかる時に見てたので昔から全く変わってないのは知ってたんですが、店の中に入ると内装まで昔のままやったのでびっくりしました。パステル画のギャラリーとしてスペースを貸していたりとちょっとした違いはあるもののホンマに記憶にあるままやったんです。
それでも注文して出てきた定食は味も量も満足いくものでまた行きたいねぇって3人で店を後にしました。建物を建て替えたりする必要はないけど看板がかなり草臥れていたり外装もそろそろ手入れする時期にはなってるので、そういう部分を直したら地元の人に「あそこ開店してるの?」って言われなくても済むのになぁ。ちょっともったいないです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190818205738j:image

夏場は湿度が高くてコーヒーの粉が固まってしまいます。

こんばんは。
姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
つい最近、近所のスーパーに本屋さんがオープンしました。元々小さい本屋さんは入ってたんですが、スーパーの改装の時に別の本屋さんに変わったみたいです。このスーパーは車で10分ほどのところにあるんですが、私が学生時代にバイトしてたレンタルショップが入っていた店なんです。もうそのレンタルショップはなくなってますが、懐かしい場所やったし新しい本屋さんも気になったので行ってみました。前に入ってた本屋さんよりも品数も多いので嬉しいですね。結局買ったのは漫画2冊やったんですが。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20190817225224j:image

コーヒーメーカーの手入れが大変です。

 

私は毎朝、朝食でコーヒーを飲むんですが、ネスカフェのコーヒーメーカー「バリスタ」を使っています。インスタントコーヒーの粉と水で美味しいコーヒーが淹れられるのでとても便利なんです。
機械なので定期的に洗浄や手入れをしないといけないんですが、夏場はその頻度を冬場の倍くらいにしないといけません。湿度の関係でコーヒーの粉が固まってしまって機械が詰まってしまうんです。

 

夏場はコーヒーの消費が少ないんです。

 

そもそも夏場は冬場に比べてコーヒーの消費が少なめです。氷を入れてアイスコーヒーにする事もあるけど、暑い時期にはあまり熱い飲み物を飲まないし、熱中症予防の観点からも利尿作用のあるカフェインの摂り過ぎは良くないからです。そのせいでコーヒーの粉が減るのが遅くて機械にセットした粉が長い事残ってしまうんですよね。
冬場は2瓶分くらいまとめて入れてても問題ないのに夏場は1瓶でも固まってしまうんですよね。

 

口に入るものやから手入れはしっかりしないとです。

 

機械はどんなものでも手入れが大事やけど、飲み物とか食べ物を加工したりする機械は特に手入れをきちんとしておかないといけません。夏場は雑菌が繁殖しやすいし湿気が悪さをする事も多いので、冬場にやっている手入れだけでなく各部を殺菌するための手入れも必要になるんですよね。
しかもなかなか水分が乾かないので一度洗うと2日ほどは乾燥させておかないといけないんです。手入れ用に水のタンクとかコーヒーの粉のタンクなどの予備を用意しているので手入れする時でもコーヒーは飲めるんですが、使い始めた頃はついつい手入れを忘れて粉が固まってしまってエラい目にあいました。
飲むのが自分だけやったらお腹壊しても自業自得やけど嫁さんもたまに飲むのでちゃんと手入れしないとです。