読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

大好きな作家さんの本が読めなくなるのは寂しいです。内田康夫さん休筆。

こんばんは。


姫路の瓦工事店の表(おもて)です。
久し振りの雨で少しゆっくり出来ました。明日は朝から瓦揚げ
なので一日休養が取れたのは嬉しいです。

 

年々好きな作家さんが減ってる気がします。

 

今日はちょっとショックなニュースを見つけてしまいました。
作家の内田康夫氏が休筆宣言されたそうです。記事で年齢を知
ってびっくりしたんですが、もう82歳になられてたんですね。
考えてみたら私が中学生の頃から読んでたのでその頃からでも
25年は経ってるんですね。
2015年に脳梗塞で倒れられてたってのも知らなかったので
最近あまり新刊を見ないなぁって思ってました。
亡くなられたわけではないけど年齢から言ってももう執筆再開
は厳しそうですよね。未完の作品の続きは公募で出版されると
の事です。

headlines.yahoo.co.jp

 

好きな作家さんの新作が読めなくなるのが本当に残念です。

 

3年ほど前にも大好きな作家さんが急逝されたのを見てびっく
りしたのを思い出しました。香月日輪さんっていう作家さんで
す。児童文学でよく書かれていた方やけど作中の料理の描写と
かが本当に美味しそうでした。
たくさんのシリーズが未完のままやったので続きが気になって
気になって。でももう新作は読めないんですよねぇ。
学生時代に読んでた作家さんがかなり長い事執筆されてなくて
心配してたら最近新作を出されてて即買いした事もあります。
読んでて面白いって思った本があると別の本も読んでみて、そ
れが気に入るとそこから一気にその作家さんの本を揃えてしま
います。

 

映像化してると読みやすくなりますね。

 

内田さんの本はよく2時間ドラマになっていて、そっちも好き
でした。浅見光彦シリーズは特によく読んだしよく観てました。
浅見さんのイメージに一番近いなぁって私が思うのは榎木孝明
さんなので原作読んでる時のイメージはもちろん榎木さんで、
他の登場人物もドラマでキャスティングされてる人のイメージ
になっています。
映像化すると本って一気に読みやすくなると思うのは私だけで
しょうか??本の中の言葉が実写や絵としてイメージ出来るの
で脳内変換の手間が一段階省けるからなんじゃないかって思い
ます。
本読むのが苦手な人が読めるようになりたいって相談を受けた
時には私はドラマやアニメになってる作品を勧めています。
知ってる作品の方が脳内変換しやすくて読書が楽しいって思っ
てもらえると思うからなんですよねぇ。
私と同年代の人やと「機動戦士ガンダム」なんかが一番食いつ
きがいいです。(笑)