読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

まだまだ発信が足りていないと実感しました。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
10年以上ぶりで明石駅近くの明石公園に行ってみました。ここ
は元は明石城があった場所で今では公園になっていて広い敷地の
中に球場や陸上競技場、テニスコート弓道場まであるんです。
でも今日はお花見してる人でめちゃくちゃ混雑してました。
写真撮りながらお弁当食べたり芝生で遊んだりしてる人がいる中
で、コスプレした人が撮影会してるのをかなりの数見かけてちょ
っとびっくりしました。

 

ヘリテージマネージャーの地区懇談会に出席しました。

 

明石に行ったのは午後からのヘリテージマネージャーの東北播磨
地区の地区懇談会に出席するためです。月に1回、地区連絡会は
やってるんですが、懇談会は年に1回開催されていて普段はあま
り出席出来ないメンバーにも顔を出して頂いての情報交換の場と
なりました。
普段の地区連絡会でやっている活動報告の他にH2O兵庫という
言わば親団体からの活動計画や活動報告などもあります。新メン
バーが入る時にはこの懇談会が顔合わせの場にもなってるんです
が、今年はありませんでした。来年には新メンバーが入るはずな
ので、今から楽しみです。

 

建築士の方と話していて分かったこと。

 

懇談会の後には懇親会でお酒も飲みながらあれこれ話をするんで
すが、景観や町並み・街つくりの事がメインの話題です。瓦関係
の話も当然出るんですが、建築士の方と話をしていたらやっぱり
まだ瓦業界からの情報の発信が全く足りていないって事がよく分
かりました。製品の情報、工法の情報、新商品の情報などなど、
いろいろ新しい事もありますよって話すと「知らん事ばっかりや」
との事。学生さんと話する時でも自分がよく分からない事よりも
テレビで発信されてる事の方が理解してもらいやすいらしいです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170409225739j:plain

少しずつ、一歩ずつ頑張っていくしかないですね。

 

私自身、まだまだちゃんと発信出来ているかというと疑問やけど
やらないよりはやった方が絶対にいいし、瓦の業界全体でも少し
ずつ発信しようって方向にはなっていってると感じてるのでこれ
からも少しずつ一歩ずつやっていこうと思います。
とりあえず、今日もいろんな話しながら瓦の話もしてたら産地の
見学とかもしてみたいって要望を聞く事が出来たので、これを一
つのきっかけとしてあれこれ働きかけをしていきたいなぁって思
います。