読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫路で瓦の文化を守る四代目表瓦社長のブログ

姫路生まれ育ったの瓦屋根工事店の四代目社長が住宅屋根のお悩みを解決します。

ケアを忘れると一日中辛かったです。毎日酷使する目をメンテナンス。

こんばんは。


姫路の瓦工事店、表瓦の表(おもて)です。
先日、百貨店の寝具売り場で疲労度チェックと言うものをやって
みました。前日にお酒飲んでた事もあって、睡眠時間が若干短か
ったこともありあまり良い結果ではないやろうなぁって思ってた
んですが、予想よりももっと悪い結果でした。
どうやら交感神経優位になり過ぎているようです。活動度もかな
り落ちていて疲労度合は54歳程度と出ました。流石にちょっと
ショックでした。

 

趣味でも仕事でも目は毎日酷使しています。

 

どんな仕事でも趣味でも間違いなく目は酷使していると思います。
私の場合は仕事やと現場では埃や瓦を切った時の粉などが目に入
ってくる事もあるし、現場までの移動は車なので目を休める暇は
ありません。趣味でも本を読んだり観劇したりバイクに乗ったり
とこれまた目が休まる時間は意識しないと作れません。
特にこれからの季節は太陽光が強くなってくるので、埃など年中
あるものの他に汗や瓦の照り返しなどでダメージはかなり大きく
なってきます。10年以上瓦の仕事をしているので、慣れてると
言えば慣れてるんですが、なんか年々ダメージが大きくなってき
ているような気がします。

 

春は花粉や黄砂でもダメージがあります。

 

暫定花粉症になってから今の時期には目薬が欠かせなくなってき
ました。そして家の冷蔵庫には目を直接洗う「アルガード」が常
備されています。帰ってきてすぐによく冷えたアルガードで目を
洗うのがめちゃくちゃ気持ちいいんです。
花粉や黄砂、瓦の切り粉が目に入った状態で強い太陽光に当たる
と眩しくて目が開けてられなくなったりもするので、目薬の消費
もかなり多くなってます。
でも今日はいよいよ回復しなくなってました。瓦切る時間がそこ
そこ長かった事が1つの要因かもですが、昨日の脱出ゲームでも
ちょっと暗い所で文章読んだりしてたのでその影響もあるかもし
れません。片目だけ二重瞼になって戻らなくなってました。

 

冷やすのもいいけど温めるのも気持ちいいんです。

 

そこで今日はヒミツ兵器を使いました。Panasonicの目
元エステ「アイリフレ」です。元々は嫁さんへの誕生日プレゼン
トとして買ったんですが、どうにも目の調子が悪い時には貸して
もらってアイケアしてます。
これ、めっちゃいいんですよ。蒸気で瞼とか目の周りを温めてく
れるので乾燥してる時でもしっとりしてくるんです。ついついう
っかり寝てしまいそうになるくらいです。

f:id:cbr1100xx-superblackbird-01:20170327215025j:plain


使い捨てやと「蒸気でHOTアイマスク」もいいですね。色んな
香りがついてるので寝る時に装着して布団に入る事もあります。
アイリフレもHOTアイマスクも自分が装備してる姿を見る事な
いんですが、写真に撮ってみるとちょっと笑えますね。着ける時
に「デュワ!!」って言ってしまうのは形のせいかな?変身は出
来ひんけど。